« マサズ・キッチン | トップページ | リストランテ・フリック »

2008年10月 7日 (火)

すえとみ 三周年

月日が流れるのは早いもので、すえとみが三周年だそう。

Suetomi08091

ぐじ、菊の花を酸味の効いたジュレで。

この日のぐじがまったりと濃い味でジュレに負けない。

Suetomi08092

舞茸おこわ。

Suetomi08093

素揚げ銀杏、子入り鮎、鱧子、イクラとウニ、栗ピューレと海老を梨で巻き、酢味噌をのせたもの。

Suetomi08094

土瓶蒸しの中は鱧と松茸。

Suetomi08095

お刺身はヒラメとマグロ。

Suetomi08096

落ち小芋の揚げ出汁。

Suetomi08097

太刀魚の炭火焼。

Suetomi08098

包丁が細かく入ってやわらかな鮑、焼き茄子、上のは鮑肝はカボス(?)の香る出汁と。

器も鮑の貝のよう。

Suetomi08099

松茸と焼き穴子の土鍋ご飯。

Suetomi080910

蓮根餅が新バージョンで。
爽やかな黒蜜ダレと。

やはり素晴らしいお店です。
3年間、毎回、料理を口に入れるたびに顔がほころんだ。
美味しいことはわかって席に着くのに、それを上回る味だからこそ。

次回は11月のすっぽんか。

Suetomi080911

一杯やりにラトリエへ。

気が付けばデザートに舌鼓を打っていた。

Suetomi080912

甘いモノにペドロ・ヒメネスがよく合う。

« マサズ・キッチン | トップページ | リストランテ・フリック »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ