« すえとみ 三周年 | トップページ | トプカプ »

2008年10月 8日 (水)

リストランテ・フリック

平日ランチで初めての店に挑戦。

表参道、根津美術館近所のリストランテ・フリック。
コンビニで立ち読みした東京カレンダーに載っていた。
仕事合間にランチというとき、行く店が限られる表参道付近。あまり長い時間かからず、予約もできるが込みすぎず、場合によっては食後にお茶をしながらゆっくりと話もできて、もちろん料理が美味しい、そんな新しい店を開拓しなければなのです。

Frick08101

太陽の光が一杯にはいる明るい店内。
やはり女性客がほとんど。

パスタランチ的なものもあったけど、セコンドまでいただきたかったので、3,800円のコースにする。
セコンドのみ肉か魚かを選べる。

Frick08102

ひよこ豆の冷たいズッパ、ラルドコロンナータでおおった車海老を浮かべて。

豆はピューレ状。
車海老は焼かれていて、こおばしい。

Frick08103

焼いた自家製サルシッチャとたっぷりハーブのインサラータ。

食べ応えのある前菜だ。

Frick08104

かますと京小松菜のスパゲッティーニ、すだちをふって。

これ、すだちがあらかじめふられてやってくる。
だからか、その香りがとても弱い。
自分でふらせてくれたらよかったのに。

クラッティーニを思わせる和の食材を生かしたパスタ。

Frick08105

セコンドは魚にしました。

タイ系魚の炭火焼き。
皮目パリっ、中しっとり。

アンチョビソースと茸、茄子。

Frick08106

こちらは牛ロースの炭火焼き。
つけ合わせとソースは同じ。

牛肉にアンチョビソースって珍しいね。
違和感はない。

Frick08107

デザートは2人それぞれ違うものを出してくれた。

これはパートを揚げた(?)パリパリの食感の下になめらかな栗ムース、チョコレートソルベ。

Frick08108

ズッパイングレーゼの表面がカリっと焼かれ、下にキャラメルアイス。

どちらも美味。

がっつり本場イタリアンではなく、日本的にクリーンな和イタリアン。
これはこれで好き。
遠方はるばる食べに来るということはないけど、近所で働いているので、何かと使うことはありそう。

« すえとみ 三周年 | トップページ | トプカプ »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ