« 空港のワインバー | トップページ | すえとみ 三周年 »

2008年10月 6日 (月)

マサズ・キッチン

文琳の料理長が開いたという、恵比寿のマサズ・キッチンで夕食。

Masas08101

オープンキッチンで開けた店内。
奥に個室もある模様。

XO醤が旨い。
味が柔らかいので、そのままビールのつまみになる。

アラカルトもあり、上海蟹の料理が始まっていて、そちらにもひかれたのだけど、この日のコースのスープが上海蟹のものだというので、7,850円のコースにしてみる。

コースの料理内容はその日によって変わるとのこと。

Masas08102

前菜4種。

大根餅、ピータンに香味野菜を添えたもの、よだれ鶏、手前左は豚の煮こごりだったかな。

文琳でも食べたことのあるメニューたちだけど、こっちの方が美味しいのでは?
ご一緒した人々は文琳の前身を贔屓にしていて、その味を彷彿とさせると言っていた。
この時点ですでに、今後予約困難になりそうと感じさせる勢いがある料理。

Masas08103

小龍包。
脂がキツ過ぎないのに旨味爆発。

Masas08104

ぷりっぷり海老の春巻き。

Masas08105

上海蟹のスープ。
蟹の味が濃いのに、生臭くない。
相当量の蟹を使っているそう。
今まで、上海蟹はそのままは美味しいけど、料理に使うと価値がわからなくなるかもと思っていたが、認識を改めました。

Masas08106

フカヒレステーキ、XO醤ソース。

ステーキというだけあって、周りがカリっと焼かれている。
フカヒレに興味がない人もうっとりするに違いない。

Masas08107

牛肉と黄ピーマンの炒め。
肉、やわらかいなあ~。

Masas08108

上海蟹小龍包。
これまた、一口噛むと、すでに上海蟹。

Masas08109

山椒の辛味が強烈な坦々麺。

Masas081010

デザートはマンゴープリンと悩んで、結局は杏仁豆腐、杏仁アイス添え。

コストパフォーマンス高いです。
お安いと感じる満足度。
個人的にモダン系中華では最強。

上海蟹の麺もいただきたいし、すぐにでもまた行きましょう。

« 空港のワインバー | トップページ | すえとみ 三周年 »

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ