« ラデュレ 日本橋 | トップページ | ブラッスリー・オザミでタルタル »

2008年10月14日 (火)

ラトリエ 栗と茸

栗のスープをいただきにラトリエへ。

Latrie08101_2

ツナとカレー風味なつき出し。
おなじみブルーノ・パイヤールをいただきながら。

Latrie08102

ホセリートのハモン・イベリコ・デ・ベリョータ。

Latrie08103

次のお料理に合わせた白ワインはサンセール。

ワインはグラスで料理に合わせたものを1杯ずつ。
色々な組み合わせを楽しめるのもこの店の醍醐味。

Latrie08104

秋刀魚、茄子、ドライトマト、黒オリーブソース。
ここにもほんのりとカレーが…。

Latrie08105

今日はコレを食べに来た、栗のスープ。

栗とカリっと焼かれた角切りフォアグラが入り、セロリの葉が浮かんでいる。
栗の甘味が引き出されていて、期待以上の美味。
去年はフォアグラのフランが下にいたのだけど、それよりもフォアグラがなぜか(焼かれて濃さが増しているのに)主張しすぎず、ちゃんと脇役になっていて、好みの作りだった。

Latrie08106

栗のスープに合わせたのは、ヴェルデホ。

Latrie08107

続いて、ポルチーニのソテー。
酔っ払い用に濃い目の味付けでも香り満載。

Latrie08108

以前にもいただいたことがある椎茸。

Latrie08109

パイ、椎茸とハモンの詰め物。
ポルチーニと比べても負けない芳香と旨味。

Latrie081010

合わせた(ソムリエ様が)森を思わせるGuidalbertoがぴったり。サッサイアのテヌータ・サン・グイード。

Latrie081011

メインは豚の頬と舌の真空調理(だったような)、野菜とサマートリュフ。
ほんのりと生姜の風味も。

Latrie081012

オーストラリアのトルブレックのシラー。

Latrie081013

シラーが苦手な方にはカリフォルニアのカヴェルネ。

Latrie081014

しっとりとして、むちゃくちゃ柔らかく、本当に旨い。

Latrie081015

モンドールはまだなかったけど、熟成具合の良いチーズもいただく。

Latrie081016

口直し。
この辺りから飲みすぎで記憶がいまいち。

Latrie081017

秋のデザートで、洋ナシ、キャラメル、ナッツ、チョコレート。

Latrie081018

これは何度かいただいたベリーの形違い。

Latrie081019

食後酒までいただいて、最後の客になってしまった。

食べ飲み始める前は控え目にしようと思うのだけど、美味しく楽しくて、理性が吹き飛び、ここではいつも食べすぎで飲みすぎ。

« ラデュレ 日本橋 | トップページ | ブラッスリー・オザミでタルタル »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ