« ロオジエ 白トリュフ | トップページ | 宮崎牛来る »

2008年11月26日 (水)

青山バル

表参道近辺で、ジャイロキネシス後に軽く(?)飲み喰いできる店を常に探している。

グラスでワインを数種類から選んで飲める店を。

で、ふと通りかかって、平日はラストオーダーが早いけど、試しに…と入ったのが青山バル。
ニッカのビルの地下。

Aoyamabar08111

泡と一緒にニシンのワイン漬け。
ちゃんとしています。

Aoyamabar08112

メニューに見つけると、なんとなく頼んでしまう、マッシュルームのハーブバター焼きとトリッパのトマト煮。

パンはランチに出すパンの端っこを集めて出しているという「はじパン」がお得でよい。

Aoyamabar08113

ズッキーニと山芋のチーズ焼き。

Aoyamabar08115

ピッツァはナポリタイプといいつつも、あっさり。

何かが凄く美味しいというのではないが、ちょっと気の利いた料理があって、使い勝手がよく、とにかく店の人々が親切で、気持ちがよい。
というわけで、すでに何度か行っている。

« ロオジエ 白トリュフ | トップページ | 宮崎牛来る »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ