« コルテージア ランチ | トップページ | 青山バル »

2008年11月24日 (月)

ロオジエ 白トリュフ

Losier08111

クリスマスイルミネーションの灯ったロオジエでデュネ。

Losier08112

個室にて。
主催は常連のご夫妻。
この方々のお食事会に間違いはなく、今宵の宴に対する期待も高まる。
参加させていただく側としても安心。

Losier08113

これが出てくると、「ああ、ロオジエに来たんだな」と思う。

Losier08114

シャンパーニュはヴォーヴェルサンのブラン・ド・ブラン。

Losier08115

ここのパンも美味しくて、食べ過ぎないように注意しなくてはいけない。
手前左の青海苔のバケットが新鮮。
本当に、まんま青海苔。カリっとした部分は煎餅のようでもあり。

Losier08116

アミューズ・ブーシュはマグロのタルタルとアボカドクリーム。
こちらでいただくと滑らかさとコクがちゃんとフレンチ。

Losier08117

開けられた瞬間、ため息が出る…。
リコッタチーズと卵黄のラヴィオル、アルバ産白トリュフ添え。

この香り。白トリュフの質の良さ。
やはりこのような高級食材こそ、きちんと料理されていなくては真価を発揮できないのだなと。
あのミラノでいただいたコースはなかったことにしよう。

Losier08118

そして、やはり卵とトリュフの組み合わせは最強。
歯ごたえを残して茹でられたラビオリの中に半熟の卵がいる。
緑はルーコラ。他にルーコラのクリームもいるが、香りのやわらかい控えめなルーコラで、邪魔をせず、ひっそりと爽やかさをプラスする。

Losier08119

白トリュフに合わせられたのはシャトー・イヴォンヌのソーミュール・ブラン 2000。
強い黄色を裏切らない香りの濃さ。

Losier081110

的鯛のムニエル、秋野菜のフライ添え、ソース・トリュフ、リヴェーシュの香り。

きっちりと火が通っているのにしっとりな鯛、秋トリュフのソース。

Losier081111

蓮根と紫芋のチップスの下には甘くなく、酸味を効かせたあずきのピュレ。

Losier081112

お魚にはドメーヌ・ラモネの白、シャサーニュ・モンラッシュ・ブードリオット 2002。
溶かしたバターのようでもあり、はちみつのようでもあり…深い。

Losier081113

次のお肉に合わせるのは、ポムロール。
シャトー・セルタン・ド・メイの1990。

Losier081114

シャラン産鴨のロティとフォアグラグリエ、シャンピニオンのラヴィオルとかぼちゃのコンフィ。

Losier081115

今までいただいた鴨の中で最高と皆で感動に震える。
美味の神様が降りてきたと。

十分に熟していて、濃厚。鴨独特のクセも存分に味わえる。
ソースがまた秀逸。

これに、90年のポムロールがぴったり。
メンバーがブルゴーニュ好き多数だったため、そちらという考えもあったが、お任せしたところ、ボルドーが。
通常、鴨にブルゴーニュというのは自然だけれど、この料理にはボルドーというのに納得。

Losier081116

焼加減も完璧で、皮面はパリっと、中は均一にもっちりと。
血なまぐさくなく、美しい赤さ。

Losier081117

フォアグラは焼くことでサラリとし、脂が出過ぎない絶妙な具合。

かぼちゃ、シャンピニオンのラビオリ共に存在価値のある添え物。

Losier081118

チーズ来ました。

Losier081119

ああ、遅ればせながら、今年初めてのモンドール!
ここでいただけるなら、状態も間違いない。

Losier081120

ついつい欲張ってしまう。
「全部!」と言うのをかろうじて止まる。

Losier081121

はちみつ、いちぢく、あんず。

Losier081122

その上、シャンベルタンまで…。
ドメーヌ・ルイ・レミーの1985。
素晴らしいとしか言いようがないっす。

Losier081123

お口直しは下から、カシスのゼリー、シナモンクリーム、青りんごソルベ。

Losier081124

青りんごを皮のままかじっているようなソルベ。

Losier081125

プチフールたち。

Losier081126

でた!シャトー・ディケム。
1991。

誠実なソムリエ様は一言断りを入れて出してくださったのだけど、その部分というのは全く問題にならなかった。
イケムの舌にサラリと転がる上品な甘みは続くデザートと完全に調和。

Losier081127

りんごのヴァリエーション、フランボワーズのメレンゲ添え。

Losier081128

ファンキーな外見に反して、安定感ある味というのが好き。

Losier081129

もちろん、さらなるプチフールのシャリオ。

Losier081130

ソルベやフルーツも。

Losier081131

欲張って色々と頼んだら、これらをいただいた後に突然強烈な満腹感が。

Losier081132

エスプレッソをたっぷりをいただいても間に合わないほどに満腹。

いやはや、美味しいとついつい食べすぎる。

こちらのお食事会に参加させていただく毎に、自分の美味しい基準が上がってしまう。
料理、ワイン、どれを取っても感動的な品々。
写真を見返して唾液を噴出させつつ、心からの感謝を。

Losier081133

お誕生日と退院したばかりの方々にお持ち帰りのケーキを。
次の日、ご相伴にあずかったところ、甘みがやわらかで、しっとり。
素材の良さがあからさまなケーキだった。

本当に素晴らしいレストランです。

« コルテージア ランチ | トップページ | 青山バル »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ