« 西麻布 グッドドール・アッキアーノ | トップページ | 藤巻激城 »

2008年12月19日 (金)

HOKU

一即夛に行きたいと思っていて、日にちが決まったのが直前で予約が取れなかった。
どこか初めての店でも行くかね…ということで、池尻の有機野菜レストランHOKU

Hoku08121

お通しはカリフラワーのムース、人参のソース。

美味しいけど、カリフラワーのムースって、あんまりカリフラワーを実感できないことが多いよね。
人参のソースは「人参丸かじり」な味。

アミューズにメニューから選べる前菜、メイン、デザートとお茶が付いて、3,900円のコースにする。

Hoku08122

前菜は有機野菜のコンソメジュレ寄せ、温かいバーニャカウダソースで。

野菜は歯ごたえも残してある。
アンチョビ入りのバーニャカウダソースがしっかりとした味付けなので、芋虫気分にはならず、料理として味わえる。

ボリュームもしっかり。

Hoku08123

こちらは原田さん、松木さん、浅野さんの有機野菜のココット焼き。

ここの料理はとにかく野菜の種類が多い!
で、その出汁のスープがまた旨い。

Hoku08124

これはコースとは別で追加に頼んだ、各地から取り寄せたHOKU風季節野菜の盛り合わせ(2,300円)。
細切れでカリカリに火が通ったニンニクの入ったソース。
周りはいろんな野菜のグリル、中央葉野菜の下は蒸し野菜。

ここまで野菜料理ばかりだけど、味付けも各種野菜それぞれの味も違うしで、飽きない。
量もたっぷりだから、1人だったらこの1皿に自家製パン(これまたシンプルながら美味しい)で満腹満足な食事となりそう。
これだけ多種の野菜を自分で揃えようと思ったら、金額的に恐ろしいことになるね。

Hoku08125

メインはいわい鶏のソテー、長野産天然茸のソース。

皮がパリっと焼かれた鶏。
根菜のカポナータが添えられていた。

Hoku08126

こちらは群馬産もち豚のリヨン風煮込み、温野菜添え。

Hoku08129

デザートはシトラスのカンパリジュレ寄せ、ヨーグルトのソルベと、緑のソースは、なんと有機ルーコラ。

ソースだけ舐めると本当にルーコラだけど、合わせて食べるとその独特の味が気にならない。

Hoku08128

こちらはHOKU風ティラミス。
マスカルポーネのクリームの下はエスプレッソのジュレ。

デザートまで全部美味しい。

野菜が中心になったクリーンな料理なのだけど、味・量ともに物足りなさは皆無で、健康意識だけでなく、ちゃんと食事として楽しめる。

よく、「野菜が食べられる店」というリクエスト(それを私に聞くってのも、人選間違いではないかと思うが)をいただくのだが、野菜を前面に出した店というのは油っけも量も少なく、一緒に行くなら自分が満足できないところが多い。
お腹を満たそうと思うと、メニュー全てを食べつくして高額を払うか、帰りに1人でどこかに寄らなくてはならなくなる。
それに、ヘルシー志向の店って、閉店が早い。
HOKUはそんな不満を感じないですむので、今後も利用することがありそうだ。

サービスも「美味しい野菜を食べていると、人に優しくなれるのね~」と思うような、素の親切さ。

残念なのは、店内がおしゃれカフェ風なのと、場所が池尻というついでのなさ。
表参道にあったら、運動帰りに頻繁に立ち寄りそうなのに。

« 西麻布 グッドドール・アッキアーノ | トップページ | 藤巻激城 »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ