« MASA'S KITCHEN 47 アラカルトも | トップページ | ボン・ピナール »

2008年12月11日 (木)

ノビルデューカ 広尾

「今から軽く夕飯食べてかない?」とお誘いあり。
お子様もご一緒で。

ご一緒した方が「ちゃんと美味しいんだけど、何故かいつもすいていて、子供も大丈夫」という広尾のNOBILDUCAへ。

Ebisuhiro08121

シックな店内は、まさか子供連れで来られる場所とは思えない雰囲気。
けっこう広く、結婚式の2次会などでも使えそう。

平日とはいえ、ほんとうにすいてる。
まあ、外人の団体が盛り上がっているんでにぎやかではある。

Ebisuhiro08122

パンも充実。

Ebisuhiro08123

お通しは豆かんに入っているような豆とトマトのサラダ仕立て。

6,500円からのコースもあったけど、そんなに時間もないのでアラカルトで頼んで分けることに。

Ebisuhiro08124

オーガニックのチンタセネーゼのメニューがいくつかあり、これはラルド、パンチェッタ、サラーメの盛り合わせ。

脂が甘い。

Ebisuhiro08125

イタリアから空輸されたばかりとおすすめされたモッツァレラ。

ちゃんとモッツァレラの香りがする。
もちろんナポリでいただくものと比べることはできない(というか無意味だ)し、弾力などは時間と共に失われていくものなので、はなから求めていない。

Ebisuhiro08126

ムール貝とアサリのワイン蒸し。

Ebisuhiro08127

赤貝のタリオリーニ。
貝の旨味って本当に濃いよね。

Ebisuhiro08128

セルバティコなんかも入ったジェノベーセとトマトのスパゲティ。

Ebisuhiro08129

チンタセネーゼのハンバーグはちょっと塩辛かった。

これからの季節、ちょっとイイ忘年会・新年会に使えるのでは。

お店の人たちも感じがよいし、本当は気楽に飲み食いできる店なのに、あまりに洒落てすぎて、気後れさせちゃうのかも。

« MASA'S KITCHEN 47 アラカルトも | トップページ | ボン・ピナール »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ