« メゾン・ド・チャンピニオン | トップページ | Room Mate Hotel Laura »

2009年1月30日 (金)

CASA LABRA

メゾン・ド・チャンピニオンがイマイチだったため、河岸を変えようと歩く。

Madrid1stdinner11

道を確認せず、なんとなくこっちかなあ…と。

Madrid1stdinner12

いきなり、城みたいなのに出くわした。
Palacio Realかな?

マドリードは案外とこじんまりしていて、中心地は歩いて回ることも出来る。

Madrid1stdinner13

街灯がオレンジで、街を柔らかく照らし、なんだかムーディー。

Madrid1stdinner14

どうにかホテル近くのエル・コルテ・イングレスまでたどり着く。

その横の通りに、客が満載のバル・レストラン、カサ・ラブラを発見。
ホテルの部屋に置いてあった街情報誌の「マドリードのローカルフードを食べる」とかいう特集に出ていた気がする。

Madrid1stdinner15

入店。
バルのほう。

入ると、正面にカウンター、横にはつまみ用の小さなカウンター、横に長いフロアは客でいっぱい。
地元度高くて、なんだか盛り上がるなあ。
勝手がわからず観察してみると、まずは専用カウンターでつまみをもらって支払い、正面カウンターやフロアにいる店員さんに飲み物をオーダーし、カウンターや壁際にスペースを見つけてもぐりこむというシステムの様子。

Madrid1stdinner16

コップに入った生ビール(カーニャ、1.25ユーロ)とバカリャウのフライ(Tajada de Bacalao、1つ1.25ユーロ?)。
このフライが揚げたてで、サクっカリっ、で、中は熱々ほっこり…激旨い!!

この店、タパスはバカリャウのフライ、バカリャウのクロケット、ツナとトマトの楊枝刺しの3種類のみ。
つまみカウンターにその3種が置いてあり、随時出来立てが補充されている。
あとはサンドイッチが色々。

レストランとは完全に分かれているので、うかがえないが、店員さんに聞いたところ、いつも満席だから予約するのがよいと。
もちろん、レストランには他にもメニューがある。

バル奥には座れるテーブルスペースもあった。

サクっと食べて飲んだら店を出る。
大満足。
ここにはまた来よう。

« メゾン・ド・チャンピニオン | トップページ | Room Mate Hotel Laura »

SPAIN 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ