« 年末のグーストと年始のエスパニョール・マドリード | トップページ | 今年初出張 »

2009年1月15日 (木)

すえとみ 今年もよろしくお願いします

久しぶりに、すえとみ。
年末には予約が取れず、都合も付かず。
この日は当日に電話したら入れた。
タイミングというのはある。あきらめないようにしよう。

Suetomi0911

すっぽんの茶碗蒸し。
中にふぐの白子入り。

もう、言われなくてもすっぽんとわかる出汁っぷり。
寒い夜、最初にこれを出すというのは本当に的確。
じんわりと温まる。

Suetomi0912

黒豆のおこわ。
細長いのは昆布。

大きな黒豆は、ほっこりと甘く、それ一粒でもちょっとしたお茶菓子になりそうな。
もち米との相性は、もちろん良い。

Suetomi0913

このわた、ウニとわさび菜のジュレ寄せ、からすみを挟んだ餅、手前でからすみをまぶされたのはむかごだったような。

Suetomi0914

鹿児島の筍、おぼろ昆布、原木の椎茸の碗。

椎茸の歯ごたえ、むっちりとした弾力がさすが。

Suetomi0915

北海道のまぐろとひらめ。
いつも添えてくれる海苔が好き。

Suetomi0916

かぶら蒸し!
大好きで、待望していたのだ。
中に甘鯛と百合根。

泡のような繊細さ。

Suetomi0917

のど黒。
久しぶりにいただくと、その脂ののった旨さに新鮮な驚きがある。
あんまり頻繁に美味しいものをいただいてはいかんのう。

Suetomi0918

せいこ蟹。

Suetomi0919

ほぐしてもらった蟹を食べる幸せ…。

Suetomi09110

この日の土鍋ご飯の選択肢はウニかじゃこ。
で、じゃこにした。
小さなじゃこに山椒の香り。
米自体も美味しい。

Suetomi09111

お漬物。

Suetomi09112

いつもの蓮根餅。

Suetomi09113

あまおうの和三盆かけ。

甘い蓮根餅の後で酸っぱくないかと思ったが、この順番で正解。
あまおうも十分に甘いが、和三盆の間接的なやわらかい甘味がいちごと馴染んで、味を底上げする。

やぱり、本当によい店だなあと。
それほど頻繁でなくても、一つの店に通うということの良さを感じる。

次は、出張後のすっぽんで。

« 年末のグーストと年始のエスパニョール・マドリード | トップページ | 今年初出張 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ