« ブルガズ・アダ | トップページ | CICADA シカダ »

2009年2月23日 (月)

ブーカ・ジュンタ

信用できるオススメがあり、明治公園近くのBUCA JUNTAへ。

Bucajunta09021

どこか地下にもぐりこんだような店内は満席。
大人な客層で、おじさん客もくつろいでいる。

メニューはあまり多くなく、トスカーナ的な煮込みが目立つ。

アラカルトのメニューの中に、ぜひ食べたい!というものを見つけられなかったので、ほとんど選べない日替わりコースにする。

Bucajunta09022

これは友達の水蛸のカルパッチョ。

Bucajunta09023

自分は前菜盛り合わせ。

Bucajunta09024

プロセッコの後、赤ワインをボトルで。

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコのランゲ、ネッビオーロ 2007。

Bucajunta090210

パスタは「カルボナーラ系」と言われたのだけど、実際はトマトソースに黒オリーブと卵黄が入っているソース。

麺、生でした。
アルデンテではなく、確実にバリバリとしていたよ。
味は良かったけど。

Bucajunta09025

メインは牛肉の赤ワイン煮。

ここ、トスカーナ料理のわりに塩が控えめなので、日本人的にも安心。

JUNTAさん、料理人というよりサービスマンで、ほとんどフロアにいて客を転がしている。

Bucajunta09026

デザートはリンゴのタルト、ジェラートのせ。

Bucajunta09027

こちらはジェラート盛り合わせ。
かわいい。

Bucajunta09028_2

食後酒を振舞ってくださった。
「ハウス・グラッパ」だというグラッパは、アルコール臭が控えめで飲みやすい。

Bucajunta09029

さらに、フランス産梅酒。

料理はむちゃくちゃ美味しいというのではないが、じんわりと和む作り。
ここで何より魅力的なのは、初めてのときから常連のようにくつろげる雰囲気と、オーナーのイタリアおやじっぽさ。

« ブルガズ・アダ | トップページ | CICADA シカダ »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ