« Torre di Pisa | トップページ | イル・パッチョコーネ »

2009年4月13日 (月)

中国食文化館 春 (しゅん)

麻布十番、鳥居坂下にある、看板が目立たない春。
グルメな方からのオススメということ。

予約時にどのくらい食べたいか、金額、食べられないもの(あれば)を伝えると、その日の食材を使った料理をコースにしてくれる。

行ったのは1ヶ月以上前、アムステルダムに旅立つ前日。
予約時の設定金額は6,000円。

Syun09021

まずは海老を軽くタレに浸したものとピータン入り卵焼き。

Syun09022

腸詰。

ここの料理全てに言えることなのだけど、化学調味料は使わず、塩が控え目で、でも中華スパイスが巧みに組み合わされた強さのある味。
ソースも旨い。

Syun09023

コラーゲンたっぷりスープ。
中には茸、鶏肉、竹の子、葱、デーツ、昆布といった具が入っている。
いかにもお肌が潤いそうな。

Syun09024

ホタテ、カリフラワー、ブロッコリー、枸杞の実、シメジの炒め。
こういうのを口飽きさせない味に作るね。

Syun09025

大きな海老とアスパラの春巻。

Syun09026

箸でホロリと崩れる柔らかさの手羽と煮卵、チンゲンサイ。

Syun09027

チャーシューまん。
底が揚げ焼きされていて、サクサクカリカリ。
ふうわりとしたガワ上部、甘辛い中身との組み合わせが、ますます旨い。
これはクセになる。

料理の予算を6,000円と設定していたので、本当ならこの後はデザートで終了なのだけど、隣で食べていた麺にそそられ、坦々麺をお願いする。

Syun09028

坦々麺。
一口目、山椒の辛さに驚くが、後はひかず、満腹でもついつい食べて、汁まですすってしまう。

Syun09029

デザートに苺ののった、さっぱり杏仁豆腐。

追加をして、ビール1杯、プーアル茶2急須(お湯も途中で足してくれる)で、1人7,500円くらいは相当にお得な印象。

メニューは日によって違うそうだし、1人客が軽く定食的に食事をしていたりもする。

お店のご夫婦も、とっても朗らか。
なにかと利用しそう。

« Torre di Pisa | トップページ | イル・パッチョコーネ »

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ