« ダバインディア アラカルトで | トップページ | 家ワインたち »

2009年6月25日 (木)

イリゼ 再訪

気軽にフレンチ気分ということで、イリゼ。
そんな時のいつもの店になりそうな。

二人で分けながらいただく。

Irise09061

まずは鰯のパテ(?)のお通し。

Irise09062

今日はボトルでいきましょうと。
リストは5,000円から7,000円と気軽にいただけるビオが揃っていて、これまた好み。

暑いし、白でオススメを聞くと、ラ・グランド・コリーヌのル・カノン。
ヴィオニエ。

フレッシュでもしっかり。幅広い料理に合う。

Irise09063

最初、ウズラの前菜を頼んだが、品切れ。
で、イカの肝スミソースあえ。
茄子とパプリカのラタトゥイユにのせたもの。
イカがやわらかい~。

Irise09064

白アスパラのカルボナーラ仕立て。
白アスパラを卵やパルミジャーノで和えたものと思ったら、冷たい、あっさりカルボナーラに白アスパラがのったものだった。
グアンチャーレやパンチェッタなど、脂のこい肉を使っていないので、しつこくはないが、やはり白アスパラは普通にソースでいただくのが好き。
というか、冷たいカルボナーラに馴染めなかった。

Irise09065

燻製にかけた仔羊のロースト。

燻製された羊は、脂がさらに軽く、香りにひねりが加わる。
下にいる甘いカボチャピューレにはエシャロットのみじんがしゃりしゃり。

Irise09066

付け合せは、きたあかりと若いゴボウ。

Irise09067

グラスで赤を。
デュベレ・バレッラのマイ・ラブ。

お茶もいただいて、1人8,000円くらいとお得感あり。

« ダバインディア アラカルトで | トップページ | 家ワインたち »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ