« ドン チッチョ 腹八分で終了 | トップページ | マサズキッチン47 夏だし »

2009年7月29日 (水)

コルヴィエラ

ドン・チッチョの翌日、がっつり食べましょう第2弾。
別メンバー4人で。

元フェアドマであるコルヴィエラ。

どの駅からも離れているのに、満席。

まずはスプマンテをグラスで。
メニューを見ていたら、それぞれに「これが食べたい!」というものがあったので、おまかせコースでなくアラカルトで頼む。
4人で分けても1口ずつにならず、たっぷりと味わえるように、料理を1.5人前ずつにしてもらう。

Corvi09071

フェアドマで食べて、感動したので、また食べたかったのは、ここのフィッシュ・アンド・チップス。

厚切りポテトが旨い。
白身の魚(タラ?)のほかに海老も。
前はチーズが鰹節ののようにかかっていたような気がする。それがなくてちょっと寂しい。

それにしても、こういうザックリとした歯ごたえに揚げるのは、どうしたらよいのか?
天麩羅とは違って、やっぱり、フリットなのだ。

Corvi09072

白ワインは6千円ぐらいで、酸味が少なく、ボリュームのあるものでオススメを聞いた。

ここはワインリストがなく、好みを告げると、シェフが何本か持ってきて提案してくれるというシステム。
で、ちょうどシェフはお忙しく、他の方が持ってきてくれたのが、2本。
しかも両方ともヴェルメンティーノで、両方とも7,800円。
それらが薦められる理由もイマイチ不明瞭。

言葉巧みにプレゼンされたい我々。
できれば5本ぐらい出してもらって、値段も設定料金より安いのから高いのまであって、「でも、ぜひこれを飲んでいただきたい」的な、主観満載の言葉が欲しいというところなので、一気に場が冷める…。

他にも持ってきてくれと不機嫌丸出しでお願いしたところ、今度は、手が空いたシェフが他に4本くらい提案してくれた。
そこでは期待通りのあがる文句が並び、結局は、先に進められた2本のうちの1本、オッタヴィアーノ・ランブルスキのヴェルメンティーノにする。

飲んだらもう、さらに盛り上がるボリューム感。
先ほどのスタッフの方に「結局、コレにしちゃいました」と伝えたところ、これまたナイスなコメントが。
なんだ~~~最初からその感じできてくれればいいのに。

料理もワインも美味しいしで、ウキウキとなる。

Corvi09073

タコとサマートリュフ。

サマートリュフだからあまり香らないが、厚切りにされてゴリッ、タコのクニャりとの組み合わせが歯に楽しい。

オリーブオイルが香る一皿。

Corvi09074

みょうばんを使っていないウニのスパゲティ。

口の中に海を感じる。

残った汁をパンで舐め取るの巻。

Corvi09075

ペーストジェノヴェーゼがクリーミー。

思わず、作り方のポイントを聞く。

Corvi09076

牛の尻尾のサフラン煮込み。

この汁がまた、たまらない旨さ。
ソフリットが使われ、味わい深い。

Corvi09077

骨からホロリと剥がれる肉。

汁をパンで舐め取るの巻再び。

Corvi09078

赤ワインは、コルシカのものを。

考えてみれば、コルシカのワインって飲んだことがなかったので。

Corvi09079

タリアータ。
求めるものそのままのタリアータで、うれしい。

和牛とはいえ、脂がきつくなく、赤身の旨味が濃い。

Corvi090710

ワインも残っていたので、チーズをお願いし、食後酒を1杯。
でも、何飲んだか覚えていないや。
美味しかったんだけどね。酔っ払ってたからね。

Corvi090711

さすがに腹がくちく、レモンのソルベットと、もう一つのデザートはなんだっけ?

最終的な金額にもお得感あり。

何のついでもない場所だけど、わざわざ来たい店。

« ドン チッチョ 腹八分で終了 | トップページ | マサズキッチン47 夏だし »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ