« ナポリでいつものピッツェリア そのままチレントへ | トップページ | Certosa di Padula »

2009年9月25日 (金)

スヌさま新居お披露目会

旅立ち前の週末、スヌ子さんファミリーがリフォームされた新居のお披露目会を兼ねた宴会を開いてくださいました。

いやはや、おしゃれハウスでびっくり。
置いてある小物なんかもイチイチかわいい。
前からあったものも新しい顔を見せていて、ぶれのないセンスの良さに感嘆しきり。
子供さんたちのラブリーさも、センスの成せる技かと思うね。

で、お料理はいつもながらの美味と驚き満載。
それぞれのレシピなど、詳細はスヌブログで。

Sinkyo09091

まずは、出席者の一人が持参の杏ジャムをリコッタチーズと黒胡椒と共に。
パンにのせつつ食べていたら、あっという間になくなった。

この杏ジャム、お知り合いが庭で取れた杏で作ったものだそう。
完熟杏をそのまま、さらに濃縮した感じの、まさにジャム。

Sinkyo09092

黒オリーブをそのままでなく、柚子と合わせるあたりが、すでに驚きを呼ぶ。

Sinkyo09093

アルコールたち出番待ち。

Sinkyo09094

きっちり苦いゴーヤピクルス。
他に、クミンのもったりとした柔らかい香りが変化球の赤玉葱ピクルスも。

Sinkyo09095

焼き茄子の冷製ポタージュ。

これ、家の味じゃないでしょ。
ちゃんと“焼き”茄子なの。

また、出す量とか、入れ物の形状なんかが、さすがなんだよなあ。

Sinkyo09096

梨と生ハム、ルーコラ、パルミジャーノのサラダ。
梨は普通の日本の梨。

Sinkyo09097

肉の塊って、気持ちを高揚させる。

Sinkyo09098

これらと一緒に焼かれたのでした。

Sinkyo09099

葡萄と干し茸添え豚(この日は東京エックスだったそう)ロースト。

一緒に焼かれた葡萄と茸が最高のソースに。

Sinkyo090910

豚、やわらかいーーー!
溢れる肉汁。

Sinkyo090911

出席者お土産のカチョカヴァッロを焼いたもの。

このチーズはそのままより、焼いたほうが美味しい気がする。

Sinkyo090912

カボチャとベーコン、玉葱ピクルスのストゥーブ焼き。

Sinkyo090913

家で大量に取れたバジルをペースト・ジェノヴェーゼにして持ってきてみたら、砂肝と組み合わされて出てきた。

毎夏、家でバジルを栽培するものの、ペーストは炭水化物か野菜と合わせるしか考え付かず、なんだかもてあましていたのだ。
新たな利用法を教えてもらい、ありがたい。

Sinkyo090914

人参ラペ。

こういうものは、出席者の腹具合を聞きながら、その場で即席に出てくる。

ディルの美味しさと活用法はスヌ子さまから教えてもらったものの一つ。

Sinkyo090915

タイカレーパスタ。
パクチーどっさり。

タイカレーペーストをパスタにしても美味しいんですな。

Sinkyo090916

牛筋そうめん。

アルコールが回った身体にしみる…。
こちらの宴会では毎回、こういう最期の汁ものに涙を流しそうになる。
本当、心の底から旨いわ。

Sinkyo090917

オレンジコンフィのチョコフォンデュ。

さて、飲んだもののごく一部はこんな感じ。

Sinkyo090918

Sinkyo090919

Sinkyo090920

Sinkyo090921

はーーー、楽しかった!美味しかった!

今回も、家族総出でお招きくださったスヌ家の皆様に感謝でございます。

« ナポリでいつものピッツェリア そのままチレントへ | トップページ | Certosa di Padula »

ホームでパーティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ