« パクチーハウス東京 | トップページ | ヴォーメロ »

2009年10月 5日 (月)

'a Cantina D''o Principe

夕方、ナポリに向かってチレントを発つ。
車で。

Caseificio09091

途中、パエストゥムの近くでモッツァレラ関係直売所に寄る。
モッツァレラのボッコンチーノ(小玉)、カチョカヴァッロを購入。

車の中でつまんだモッツァレラのジューシーで濃厚な水牛ミルクの美味しさは、現地だからこそ。
どこでも同じ味が食べられるというのは便利ではあるけれど、寂しいものだと思うので、こういう「やっぱり味が違う!」ものが残っていることがうれしい。

Sommafesta09091

ナポリに帰る前にソンマ・ヴェスヴィアーナで夕食を取ることにする。

着いてみたら、ソンマはお祭りだった。

Sommafesta09092

バンドの音楽演奏や、ダンス、地元の食材を使った郷土料理の販売、ゲームなど、夜遅くまで盛り上がる。

Sommafesta09093

いやはや、みなさんデカイね。

Sommafesta09094

前回に感動したゾッピコーネもいいけど、どうせなら新しいところに…と連れて行ってくれたのが、広場に面した 'a Cantina D''o Principe(ナポリ方言すぎて、発音不明)。

Sommafesta09095

カンティーナというだけあって、蔵のような作りの広い店内では、壁に設置されたTVのサッカー中継に客が釘付け。

Sommafesta09097

ソンマ地品種の白ワインは香りが甘く、好みではなかった。

Sommafesta09096

お通しはバッカラのコロッケとバッカラのムースをパンに塗ったもの。

ここソンマはバッカラ(塩鱈)やストッコ(干し鱈)で有名なので、ここのメニューのほとんどがそれらを用いた料理。

Sommafesta09098

コロッケ、ほぐしたバッカラにハーブが入っていて、ホクホクとしつつ、クリーミー。
鱈の旨味が活きている。

Sommafesta09099

前菜には3種の盛り合わせ(コレ、私1人分…)。

トマト入りストッコのサラダ仕立て、ストッコのマリネ、バッカラのフライにトマトのほんのり辛いソースをからめたもの。

やっぱり、バッカラを揚げたのが好き。

Sommafesta090910

メインもバッカラ・フリッタ。
菜の花のような苦味が特徴のフリアリエッリを添えて。

美味しいのだけど、やっぱり食べきれない。
昼食が多かったから。

Sommafesta090911

これはストッコのグリル。

Sommafesta090912

バッカラ・フリッタにカポナータをのせたもの。

ここのシェフは北の人で、ナポリについての映画を見たのをきっかけに南に来て、しかも、ソンマが気に入って居ついたという女性。

友達たちは「すごく美味しいけど、けっこう小奇麗な料理」と言っていたが、私的には完全に地元な味。
今度はペコペコにお腹をすかせて来たいものだ。

Sommafesta090913

食後にはジュニパー入りグラッパを。

11:00頃に店を出ても、祭りはまだまだ続いている。

« パクチーハウス東京 | トップページ | ヴォーメロ »

2009年9月 ローマ、ナポリ、チレント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ