« BIODINAMICO ビオディナミコ 渋谷 | トップページ | TRE PIZZI »

2009年10月13日 (火)

ナポリでサルデーニャランチ

サルデーニャ出身の友達の家でランチをご馳走になる。

ちょうど里帰りからナポリに戻ってきたところとのことで、サルデーニャの食材が豊富な良いタイミング。

Sardegna09091

トマト入りでほんのり辛いタリアテッレを使ったボッタルガのパスタ。

これはマグロのボッタルガだそうで、トマト入り。
これでもかとボッタルガをたっぷり使用。

ボッタルガには火を通してはいけないと教わる。
アルデンテに茹でたパスタにオリーブオイルとすりおろしたボッタルガ、好みで刻んだトマトを和えるのが良いとのこと。

言われた通りに家でもやってみたら、簡単に美味しくできた。

Sardegna09096

これがこの日のタリアテッレ。

Sardegna09092

サルデーニャの店で、ボッタルガに合わせるようオススメされたというIS ARENAS。
SELLA&MOSCAのヴェルメンティーノを使ったデザートワイン。

Sardegna09093

彼女のお母さんが作ったマグロのアグロドルチェ(甘酸っぱい味付け)。
ほっとする味。

他、カプレーゼも。
サルデーニャの平べったいパン(パーネ・カラザウよりは厚い)をトーストして、オリーブオイルを振り掛けたのが、スナック的に止まらない旨さ。

Sardegna09094

もちろん、ボッタルガ(ボラの)も。
塩気が控えめで、甘味が深く、そのままでワシワシいける。

より美味しくいただくには、3時間前に薄皮を剥いておくのが良いそうだ。

Sardegna09095

ボッタルガとセロリを一緒に食べるそう。

確かに、セロリが丁度いい口休めになる。

Sardegna09097

食後酒も色々と。

Sardegna09098

ボラのボッタルガ、ボラとマグロのボッタルガをおろした瓶詰め、それから、パーネ・カラザウをお土産にいただく。
貴重な食材をありがとう!!
こちらでもらうボッタルガは、よく吟味されていて、本当に美味しいのだ。

パーネ・カラザウは厚紙程度の厚さ。
トマトソース(ドライトマトの細切れを一緒に煮て、少し水っぽいくらいにしておく)と、モッツァレラチーズ、熟成カチョカヴァッロをおろしたものとでラザーニャにしたら美味しかった。
パーネ・カラザウがパスタ代わり。
熟成カチョカヴァッロが塩味になるので、トマトソースには塩を入れないか、ほんの少しだけ。ペコリーノやパルミジャーノでも。

Sardegna09099

サン・マルティーノ修道院前から眺めるナポリ。

Sardegna090910

今回は、全くチェントロに行かなかったな。

« BIODINAMICO ビオディナミコ 渋谷 | トップページ | TRE PIZZI »

2009年9月 ローマ、ナポリ、チレント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ