« ヴォーメロ | トップページ | BIODINAMICO ビオディナミコ 渋谷 »

2009年10月 8日 (木)

新丸の内ビルで日本酒祭

スヌ子さんより「日本酒イベントがあるけど、お時間のある方いかが?」という不明瞭なつぶやきあり。

なんだかよくわからないけど、日本酒が飲めるらしいし、会社からの帰り道だから、寄ってみる。

Nihonsyu1

と、こんなイベントでしたか!
新丸の内ビルのこのフロアの店がそれぞれ、自分のところの料理に合う日本酒をセレクトし、利き酒セットもあるそうな。

すでに出来上がりかけているチーム(2人)に合流したところで、初日だけの利き酒会場に移動。

Nihonsyu2

さすが、ご盛況ですこと。

Nihonsyu3

丁寧な説明と共に飲み比べる幸せ。

こうすると、日本酒にもいろんな味があるものだなあと、あらためて。

Nihonsyu6

日本酒との相性を感じて欲しいということらしく、食べ物も。

甘く、でもトマトならではの酸味も持ち合わせたトマトに、米のほっこりとしたふくよかさが明確な日本酒を合わせるようオススメされる。
と、相乗効果で、爽やかな旨味が口に広がった。

他、美味しい馬刺しがあって、それに合う銘柄をご紹介いただいたり。

Nihonsyu7

さて、移動して、HENRY GOOD SEVENで、生牡蠣に日本酒。

白ワインに合わせるのとはまた違った美味しさ。
むしろ、日本酒を合わせたほうが、確実なのかも。

Nihonsyu72

こちらはスイーツが充実していて、夜お茶に最適。
ゆえになのか、比較的甘さの際立つ日本酒がラインナップされていた。

考えてみれば、丸の内で、食後、軽くお茶でも、お酒でもという時、閉店が早い店が多くて、どこに入ってよいかわからなかったが、新丸の内ビルのこのフロアに来たら、何でもあるんじゃん!

Nihonsyu8

SO TIREDでは蛤や中華な腸詰と。

Nihonsyu9

ソバキチでは、カツオ風味の出汁が身体にしみる蕎麦と共に。

この蕎麦には、やっぱり日本酒でしょう。

Nihonsyu10

こんな横丁がビルの上にあるとは知らなかったよ。

ライムライトからは昭和歌謡が聞こえてくる。

Nihonsyu11

ここが最後の店らしく、いきなり打ち上げモードなMUS MUS。

地鶏旨いな。

Nihonsyu12

で、MUS MUSにあった本に興味津々。
スヌ子さまも愛読とか。

« ヴォーメロ | トップページ | BIODINAMICO ビオディナミコ 渋谷 »

東京:他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ