« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

TWO ROOMS

表参道Aoに入っているアメリカンなレストラン、トゥー・ルームズ

Toorooms091101

広くてクリーンな店内は席どうしが離れていて、仕事ご飯にも使えそう。
子供もOKなので、子供4、大人6の10人で休日ランチ。

Toorooms091102

チャバッタのようなパン、横の皿にはオリーブオイルが注がれた。

Toorooms091103

選んだランチコースの前菜はシーザーサラダ。

Toorooms091104

追加で頼むのは、フライドポテト。
なにか唐揚げ粉的なものがまぶされて、カリッカリ。
塩以外の味が付いている。

Toorooms091105

牛肉、そのままだと、オージー。
追加料金で色々な牛肉を選べる。

下にはアーティチョーク。

Toorooms091106

ボトルで頼んだワイン。

ランチコースは他に、パスタ、豚、魚がある。

Toorooms091107

食後はこんな景色が広がり、DEDON社の家具を用いたテラスでお茶とデザートをいただく。

Toorooms091108

アップルタルトとアイス。

パンもだけど、ケーキはわざわざ食べに行くほどでもないが、晴れた日にお茶をするのは気持ちよい。

それにしても、この辺りで、これだけ空間に余裕があり、人を連れて行ける店は少ないから、重宝しそう。

2009年11月24日 (火)

bongout noh 渋谷

立ち飲みカウンタースペースも座席もあって、渋谷で大人が居心地良く飲み食いできるビストロ(?)ボングウ・ノウ。
渋谷と言っても、青山に片足突っ込んだみたいな場所だからこその雰囲気。

Bon091001

パンも美味しい。
後、パテとか。

まずは薄いグラスに注がれた細かい泡のビールを。

Bon091002

フィッシュ・アンド・チップスのフィッシュは白魚のような。

Bon091003

コンニャクのブラウンソース。
こってりしたソースでも、コンニャクだから全体として重過ぎない。
ナイスアイデア。

Bon091004

これは、ムール貝だったかな。

Bon091005

ボトルワインもお得感あり。
ビオも揃ってます。
蔵はピュズラの赤。

Bon091006

マッシュールームのフライ。

Bon091007

鴨?鹿?
前のこと過ぎて忘れた。

グラスワインも充実していて、使いやすいのだけど、座席の間隔が狭く、声が響くのが残念。
うるさくて、大声で話さないと聞こえないことがあるから、皆がさらにボリュームを上げ…の悪循環なのだ。

2009年11月23日 (月)

ドゥーツ・シャンパン・ランチ @ザ・ペニンシュラ

またまた素敵な催しにお誘いいただき、ありがとうございます!

Thepd091101

ペニンシュラのピーターで行われたファブリス・ロセと楽しむドゥーツ・シャンパン・ランチ。

Thepd091102

マグナムボトルで登場したのは、Amour de Deutz 1999。贅沢なり。

熟成されていて、琥珀を思わせる。

Thepd091103

世界のペニンシュラシェフ揃い踏み。

ドゥーツを存分に味わえるだけでなく、料理にもお楽しみあり。
様々なシャンパンに合わせて、シェフたちが1人1品ずつ料理を作るのだ。

Thepd091104

アミューズ・ブッシュのこのオレンジは何だっけ?
下にヨーグルトのムースがいて、さっぱりした一皿。

Thepd091105

ブリニスにのせた3つのうずらの卵にはそれぞれ、マグロ、ウニとオマールが。

Thepd091106

またまたマグナム。
サービスの方々が腱鞘炎にならないか心配。

Thepd091107

Brut Millesime 2002。

爽やかでありながら、どこか落ち着きがある。

Thepd091108

ご一緒した方たちと一致した意見で、今回のベスト・マリアージュはこの上海ペニンシュラのタンシェフのお料理と、ミレジメの組み合わせ。

アワビのブレゼ、薄切りシュリンプとアスパラガス。

Thepd091109

どこまでも透明で、なおかつ奥深い、滋味豊かな金華ハムのスープとこっくりしたシャンパンの素晴らしきコンビネーション。

アワビのやわらかさと旨味もまた格別。

Thepd091110

はっとするほど鮮烈なシャンパンはCuvee William Deutz 1998。

グレープフルーツのような爽快な口当たり、しっかりとしたミネラル。
複雑で美味しい。

Thepd091111

沖縄黒豚とフォアグラ、ラングスティーヌのラグーとオレンジの香りを付けたクリュスタッセ。
南アフリカのシェフのお料理。

Thepd091112

ラングスティーヌの火入れ、それ自体の味の濃さ。
豚も旨いし、ここにオレンジを組み合わせるところがニクイ。
シャンパンとぴったり。

Thepd091113

Cuvee William Deutz Rose 1999。

ピノ・ノワールが大半の希少なシャンパン。
コクがあり、気品漂うロゼ。

Thepd091114

サーオンマリネとスモークのオリーブオイル、ポッシェ、オシェトラキャビアと共に。

Thepd091119

Deutz Demi-sec 2000。

和三盆のような繊細でパウダリーな甘さ。
ほんのりとジンジャー。
単体でいけるシャンパン。
家に欲しい。

Thepd091115

そのシャンパンに呼応するようなデザート。

スパイスを効かせた花梨のポッシェ、ヨーグルトの雪見立てとジンジャーブレッドのカスタード。

Thepd091116

甘さが控えめで上品、生姜や花梨などの香り、味、多様な歯ごたえの組み合わせがデザートに興味のない辛党にも刺さる美味しさ。

いつものピーターのシェフの作だそう。

Thepd091117

お茶菓子も美味しいから残せない。

Thepd091118

最後に、アムール・ド・ドゥーツの王冠を用いたアクセサリーを女性客全員にプレゼントしてくれました。

ドゥーツにはあまり馴染みがなかったのだけど、今後、シャンパンを購入する際に必ずリストアップする銘柄となった。

美味しい会では楽しい人に出会える。
面白かったなあ。

これ、税サ込みで15,000円ポッキリ。
なんてお得!!
ザ・ペニンシュラはたびたびこのようなイベントを開催している様子。
あまり告知がされていないから見逃しがち。
サイトを頻繁にチェックしなくては!

Thepd091120

さて、美味しいものを飲み食いすると、胃袋の底が抜けてしまうメンバーは、ヘイフン・テラスで「飲茶がもうありません」と断られ、ロビーへ。

Thepd091121

アフタヌーンティセットをいただくことに。
これは1人分。

普通なら、十分にランチとして、食べきれない人もいるであろう量。

Thepd091122

これまたペリエ・ジュエが1グラス付いた、5,500円のコースをいただく。

Thepd091123

勝手にシャンパン月間で、毎週美味しいシャンパンをいただいている。
ああ、幸せ。

2009年11月22日 (日)

ジャック・セロス

ジャック・セロスを飲みたいのですとつぶやき、それに乗ってくれた方々と「セロスを味わう会」。

会場はおなじみスヌ子様ハウス。

Js091101

イニシアル。

やはり話題になるだけのことはある。
力強く、独特。
それだけで美味しく、楽しい時間を過ごせるシャンパンだ。
念願のジャック・セロスをしっかりと味わえて、幸せ。

Js091102

美味しいシャンパンの後には、ワインもいただきたいのです。
ということで、オリヴィエ・ルフレーヴのピュリニー・モンラッシュ 2006と、ジュリエット・シュニュのヴォーヌ・ロマネ、プルミエ・クリュ 1997。

Js091103

ワインを味わうなら、美味しいパンとバターを。

と、ツォップで並んで購入したパンたち。

Js091104

バターはエシレ。

Js091105

バケットから、チーズとフルーツの組み合わせ、もちもちしたレンコンを生かしたもの、レバー入りなど。

Js091106

一息ついたところで、スヌ子さんが卵豆腐入りのコンソメスープを出してくれる。
さすがの心遣い。

Js091107

このスープバッグを使ったそう。
いつもながら、どうやってこういうアイテムを見つけるのか?
鼻が利きますな。

Js091108

サラダのドレッシングも、ワインに合わせて酸味を抑えてある。
胡桃などのナッツがすり潰されて入っているそうな。

Js091109

スープをパンですくって舐めとったのは、こちらのフリカッセ。
塩豚を利用したものだそうで、茸と里芋が入っているのもポイントか。

Js091110

酔ってくると、ますます飲みたくなるのです。

レ・ロゾー、サンテミリオン。

Js091111

オリヴィエ・ルフレーヴのブルゴーニュ、白。

Js091112

最後は美味しいデザートで。

Js091113

外見だけでなく味もハイレベルな揚がるスイーツは、

Js091114

中目黒のパティスリー・カカオエット・パリのものだそう。

またまた遅くまで飲み食いさせていただき、スヌ家の皆様、ご一緒してくださった実写版ブライス様、ありがとうございました。
ぜひまた、憧れワインの会、やりましょう~~~。

2009年11月16日 (月)

どうげん

渋谷、道玄坂を入った、女子一人では歩きにくい場所にある焼肉屋、どうげん。

Dougen0911002

昭和歌謡が流れる店内。
でも、新しい店らしい。

Dougen0911001

ビールのケースがテーブルや椅子に。
焼くのはガス。

Dougen091101

これがユッケ。
生で、千切りのリンゴを巻いていただくと、トロける。

Dougen091102

お任せで色々と。

Dougen091103

出てくるものがいちいち旨い。
で、たらふく食べて5,000円しない。

2009年11月15日 (日)

ペレグリーノ

西麻布のイタリアン、PELLEGRINOで夕飯。

まずはスプマンテをいただきながら、メニューを見る。
コースは3種。
最初はプレフィクスで6000円くらいのにしようと思っていたが、白トリュフの前菜が付く8,000円くらいのデグスタツィオーネのコースがお得らしいので、それで。

白トリュフ、あるなら食べておきたい。

Pellegrino091101

ドライトマトやオリーブ、自家製グリッシーニのお通し。

Pellegrino091102

フアーーーっと花開くように白トリュフが香るポレンタ。
うっとり。

Pellegrino091103

白をボトルで。
プロツナーのトカイフリウラーノ。
香りは甘いが辛口。

Pellegrino091104

24ヶ月熟成のパルマ産プロシュートとクラテッロ・ジベッロの組み合わせ、おけさ柿とトルタフリッタ添え。

トルタフリッタはパスタフリッタと同じかな。
熱々揚げたて。

プロシュートだけでも美味しいのだが、オススメされた通りに添えられた良質のバターと一緒に薄切りのパンにのせて食べると、コクが増し、さらに旨い。

Dougen091104

フランス産鴨フォアグラのロースト、30種類の季節の野菜、15年もののバルサミコ・ディ・モデナ添え。

スプーンで添えられたバルサミコは熟成によって、酸味がまろやかに。
野菜のドレッシングには黒トリュフの香りが。

Pellegrino091105

生ポルチーニがごっそりと使われたタリオリーニ。

Pellegrino091106

赤もボトルで。
エミリア・ロマーニャのサンジョヴェーセ、ラヴァルド。

Pellegrino091107

北海道産北里八雲牛サーロインの炭火焼、川田農園の田園風サラダ添え。
ソースは2種類のマスタードソース。

「キアーナ牛と肉質が似ている」という赤身の肉は、しっかりとした噛み応えがあり、味が濃い。噛めば噛むほど、そして飲み込むまで味がある。
こういう赤身の牛肉、好きだなあ。

いただいた料理全てに、素材へのこだわりを感じるし、その素材を存分に生かしてある。
白トリュフやポルチーニの芳香、牛肉の旨味、メニューを見て期待していた以上に満喫できる。
いい店。

Pellegrino091108

食後酒もいくつか出してもらう。

Pellegrino091109

アバウトな表示。

Pellegrino091110

デザートはパンナコッタ。

かなりお得なコース。
他の料理も食べてみたいし、また来よう。

2009年11月13日 (金)

リストランテ・フィオレンツァ

美味しかった記憶があるのに、ずいぶん前に来て以来な京橋のフィオレンツァ。
東京のこっち側で、ついでがない場所というのは、なかなか来る機会がないのだ。
自分的には便利なのだが…。

こちらは初めてという友達と2人で。

Fiorenza091101

グラスではちょっとお高いスプマンテしかなく、そこまででなくてよいという気分だったので、代わりに白をグラスで。

プーリア、カステル・デル・モンテのシャルドネ。
シャルドネっぽくなく、白い花の香り。

Fiorenza091102

5,775円で3皿選べるプリフィクスコースにする。

まずはお通しのバーニャカウダ。

Fiorenza091103

赤ワインをボトルで。
6,000円ぐらいでお願いして、オススメされたLa FortunaのRosso di Montalcino。
最初から完成された味わい。
キャラメルからくるみ、ほんのりコーヒー。

Fiorenza091104

選んだ前菜は、ポルチーニのフリット(追加料金あり)。
生ポルチーニをダイレクトに味わえるが、香りは期待したほどでもなく。

Fiorenza091105

こちらは豚カシラ肉のソプレッサータと血のクレープ。

Fiorenza091106

プリモには鶏レバーソースのタリエリーニ、温泉卵添え。

温泉卵をからめつつ、濃ゆいレバーミートソースをいただく。

ここの料理はポーションというより、こってりと重さがある料理が多い様子。

Fiorenza091107

生ポルチーニとフランス産ジロール茸のタリエリーニ。

フリットより、こちらの方がポルチーニの香りを満喫できた。

Fiorenza091108

本当は、その日のメニューとしてあったうずらを食べようと思っていたのだが、頼もうとした瞬間に終わってしまった。
すでに食べる気まんまんだったため、ショックで呆然。
どうにか選んだセコンドが、この狩猟エゾ鹿のパイ包み焼き、血のサルサ。

濃厚続きで、予想以上にお腹にたまる。

Fiorenza091109

こちらはトスカーナ風グランフリット。
仔羊、リードヴォー、トリッパ、カルチョーフィーなど盛りだくさん。

Fiorenza091110

デザートもなんでこんなにこってりしたのを頼んだんだ?。

この日じゃなければ、ワシワシいける好きなタイプのモンテビアンコ。
中の栗クリームが甘さ控えめで、栗そのまま。
そこに胡桃そのままな胡桃アイス添え。
チョコレートソースはもっと少ないほうがよいなあ。

Fiorenza091111

賢い友達は軽め(といってもかなりもっちり)のヘーゼルナッツのパンナコッタ。

Fiorenza091112

お茶菓子。

秋だからと重い料理に偏ったコースを組み立ててしまった。
鼻血が出そうでした。

2009年11月12日 (木)

チョンソル

12月にソウルに旅行する予定で色々と調べていたら、無性に韓国料理が食べたくなった。
特にコプチャンチョンゴル鍋。

丁度辛いもの好きの友達と合うことになったので、赤坂を検索。
チョンソルに行ってみることにした。

Cionsol091101_2

韓国料理らしく、まず、おがずとキムチ2種、白菜と大根が並ぶ。

Cionsol091102_2

コクがあって、しっかり辛く、好みなキムチ。

Cionsol091103_2

念願のコプチャンチョンゴル鍋。

Cionsol091104_2

ぐつぐつ煮える野菜の下には、

Cionsol091105_2

各種ホルモンがごっそり。

旨味濃厚なスープに浸った周りクニっ、中トロリの小腸は生臭くなく、旨い。

Cionsol091106_2

熱々の石鍋でやってくるご飯には、銀杏や松の実などが入って。

Cionsol091107_2

ご飯を取り分けた後、おこげの上からお茶をかけると、その場で大沸騰。

おこげをこそげながら、おこげスープとしていただく。

Cionsol091108_2

野菜チヂミ。

カリカリとした表面。
さつまいもやカボチャなど、大きくカットされた野菜はほくほく。

Cionsol091109_2

どれも美味しく、ぜひまた来たい。
他のテーブルで食べられていたもの全てにそそられた。
4人以上の方がより楽しいだろう。

この日は飲み物入れて、合計9,000円くらい。
結局食べきれず、チヂミは友達が持ち帰った。
4人分くらいあったことを考えると、やっぱりお得だわ。

2009年11月10日 (火)

並木通りのロオジエ10周年

「ジャック・ボリーとブルーノ・メナールの特別なおもてなし」と題された特別な3日間。

デジュネのお食事会に加えていただきました。
食道楽垂涎の貴重なお席。
本当に、本当にありがとうございます!!

Losier091101

ボリーさんとメナールさん、それぞれのお料理が入ったコースとのこと。
ならぶグラスの数にもウキウキ。

Losier091102

ピーチカラーの輝くシャンパン。
なんてふくよかな。

Losier091103

ローラン・ペリエのアレクサンドラとは初手から豪華!!
マグナムボトルの豊満ボディ。

Losier091105_2

ロオジエのロゴが光るゴールドの蓋。

Losier091106

いくら、サーモンなどのクリームを3種の異なるカリッカリパンにのせて。

ロオジエでお食事するたび、まず最初の一口で、いま、ここにいることに感謝する。

Losier091107

種類が豊富で美味しいからといって、パンを食べ過ぎないように。

Losier091108

うわーーーっ!!ジャック・セロス!!
しかも、シュブスタンス!!
うれしすぎる。

セロス、実は初めてなのです。パリで買おうとしても、見つけられなかった。いまや東京の方が手に入れやすいぐらいのようで。
ちょうど前日、「ジャック・セロスを飲んでみたいので、ご一緒にいかがですか?」というつぶやきで有志を募ったところ。
求めよ、さらば与えられん。

これはもう、自分のシャンパンの概念を越えてました。
干し葡萄のような強さ。

Losier091109

潮の香りに包まれた牡蛎のゼリー寄せ、ほのかなカレー風味(ボリーさん)。

カレーの風味は極微量で、全く違和感やひっかかりがない。
とにかく海。
このゼリーとクリーム、牡蛎、すべてを口に含むと、芳しい海の香りに包まれる。
なのに磯臭さは皆無で、どこかやわらかな風味。

Losier091110

アルザス、ドメーヌ・ヴァインバックのリースリング、グラン・クリュ 2003。

Losier0911011

ラングスティーヌとキャビアのサラダ、ポワローのクリーム海苔とピスタチオのピストゥ(メナールさん)。

Losier0911012

この華やかさ。

Losier0911013

ラングスティーヌはトロけるような火の入り具合。
クリームのコクとキャビアの塩気や妙味との組み合わせで、さらにラングスティーヌの味が引き立つという不思議。

Losier0911014

オニオンのスープ、ノワゼットバターの香り、パセリのロワイヤルとトリュフ入りシャンティ(メナールさん)。

Losier0911015

下に鮮やかなグリーンのフランがいる。

身体に染み渡る旨味。
ふぁーーーっと広がるトリュフの香り。

Losier0911016

ドメーヌ・ルーロのムルソー、レ・メ・シャヴォー 1999。

時間の経過と共に、キャラメルのような香りを放つ。

Losier0911017

ブルターニュ産テュルボとラードコロナ、そうめん南瓜と白トリュフ添え(メナールさん)。

Losier0911018

テュルボの一夜干ししたかのような味の凝縮感。
しかもぶりぶりとした歯ごたえ。

そうめん南瓜は、パスタのような食感。

Losier0911019

赤はローヌ、ドメーヌ・ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ 2000から。

Losier0911020_2

しっとり。
メインとのマリアージュぶりに感嘆。

Losier0911021

きた!!
メインはこんな風に焼かれていますよと。
このパイも食べたいと皆で。

Losier0911022

シャラン産鴨胸肉とフォアグラの岩塩パイ包み焼き、カルダモンの香るリンゴのコンフィ(ボリーさん)。

Losier0911023

焼かれてもきっちりと形、そのしなやかな歯ごたえがそのままのフォアグラ、スッとナイフが通る鴨、両方の質感が近く、完全に一体化している。

口の中でも同じようにほぐれ、それぞれ絡みあいながら溶けてゆく。

濃厚でありながら、ほんのりと酸味のあるソース、カルダモンが嫌味なく、的確に香るリンゴ、全てが筆舌に尽くしがたく調和の取れた一皿。

こんなに感動をしたのは久しぶり。
食べ終わってもしばらく呆然としてしまうほど。
今までいただいたフランス料理の中で、最高の一皿の一つ。

今後、ボリーさんのお料理をいただくことはないかもしれないと思うと、ちょっと泣きそうになる。

Losier0911024

フロマージュのワゴンには、すでにモンドールが。

Losier0911025

コンテ、山羊のハードなども。

チーズは、良いレストランでいただくのが一番美味しい。
頃合いというものがあるから。

Losier0911026

シャトー・オー・ブリオン 1999。

初めから皮。

貴重なワイン揃いで幸せです。

Losier0911027

カプチーノ風フレーズのソルベ、タイムの香り(ボリーさん)。

フレッシュな苺にタイムのアクセント。

Losier0911028

お馴染みのミニャルディーズたち。

Losier0911029

ハンバーガー、ショコラのバリエーション。

パリっ、ふんわり、とろり、サクサク…。
様々なチョコレートの食感、風味を楽しむ。

Losier0911030

1966年のヴィンテージポートまで登場。
ベリー・ブラザーズ&ラッド。

ここまでくると、ポートといえども奥ゆかしい。

Losier0911031

いつ見ても心躍るワゴンのお茶菓子たち。

Losier0911032

チョコレートのマシュマロ、シュー、グレープフルーツのピール、いちご。

4時間に渡る幸せなひと時は一瞬に感じられました。
これほどの美味、美酒を味合わせていただき、主催のご夫妻に再度の御礼申し上げます。

2009年11月 8日 (日)

ビオディナミコ

ビオディナミコに再訪。くいしんぼうぶりが同じくらいの4人で。

ネットを通しての予約時間は、なぜか18:00になってしまったが、19:30に変更をしてもらう。
LOが早いので、その後に他の客を入れているという可能性はないしね。
それにしても、オープンテーブルって、海外のレストラン予約には役立つけど、言葉的に抵抗のない日本では使いづらい。
提案された時間が合わないと思って予約をあきらめた人もいそう。

さて、ビオディナミコは丁度メニューが新しいものに変わったところだった。

Biodinamico091001

この日のグラス・スプマンテはFONGARO。

Biodinamico091002

グラスの白ワインをお願いしたところ、並んだのはこちらの5種。もちろん、すべてトスカーナのビオ。

Biodinamico091003

Fabbrica si San MartinoのColline Lucchesi。

Biodinamico091004

手前の色が濃いのがMassa Vecchia。
いかにも自然派な酸味とひなびた香り。

Biodinamico091005

ズッキーニを巻いた半生な海老、ひよこ豆のクレーマ。
ちょっと焼いたトマトと。

Biodinamico091006

ホタテ貝のオーブン焼き。
こちらも半生で、つけ合わせにほんのり燻製香。

メニューにあった前菜はこの2種。
どちらも美味しく、景気づけにもってこい。

Biodinamico091007

さて、赤ワインはボトルでいただくかな。

だいたい6,000円くらいとお願いして、ちょっと安いの(左)から、倍くらいの値段(右)まで。

Biodinamico091008

選んだのはPoderi SanguinetoのRosso di Montepulciano。

Biodinamico091009

Biodinamico0910010

プリモ3種の中から選んだのは、鳩とジャガイモのラビオリ、ドルチェフォルテソース、黒とリュフ添え。

鳩の野性味を干し葡萄入りのほんのり甘いが濃厚なソースと黒トリュフが包み込む。

Biodinamico0910011

こちらは自家製ストラッチ、ポルチーニのソース。
生のポルチーニが贅沢に使われ、その歯ごたえ、香りを存分に味わえる。

Biodinamico0910012

Biodinamico0910013

メイン2種からこちらを。

うさぎのインボルティーニ、赤ワインのソース。

Biodinamico0910014

しっとりとしたうさぎは淡白ながら、うさぎならではの味がしっかりと。
巻かれた赤玉ねぎは火が通って、甘っ。

つけあわせのあわび茸の野趣あふれる香りとポレンタのこおばしさ。

Biodinamico0910015

ホロホロ鳥のロースト、トリュフソース。

肉自体の風味がジュワっと、噛むほどに。

Biodinamico0910016

デザートワインはCorte PavoneのRosa dei Venti。
バラというより杏を感じた。

Biodinamico0910017

デザートには、リコッタクリームを詰めたネーチ。
クレープのようなもの。

滋味にあふれ、寒い季節に身体を暖めてくれるような料理揃い。
よくあるメニューでも、いちいち感動を呼び起こすものがある。
前回よりも印象が強力で、メニューが変わるたびに来たいと思った。

2009年11月 2日 (月)

第1回 スヌ子のお料理レッスン 

Snucooking091001

スヌ子さんのお料理教室に参加。

Snucooking091002

まずは吟味されたお茶菓子とお茶と共に、本日のメニューの説明。

Snucooking091003

家庭でいかに手際よく、そして家族や客を唸らせられる料理を作るか、その過程で楽をするためのテクや道具など、ネタ満載で進む。

Snucooking091004

調味料についても色々と教えてもらいつつ…

Snucooking091005

何度も食べたことがあり、自分でも作っていた料理。
でも、今まで失敗していた理由が、ここで明らかに。

Snucooking091006

何かのレシピに必要で購入、または誰かにお土産でもらったり、海外で買ってみてたりで家にあるけど使いこなせていなかったスパイスや材料の有効活用ができそうな。

Snucooking091007

トマトだけでも3種類使ったり。

Snucooking091008

イカをさばくことに対する抵抗感をなくしてもらったり。

Snucooking091009

香りに悶絶して、空腹絶頂。

Snucooking091011

盛り付けなどは生徒も積極的に手伝う。

Snucooking091012

柿のスパイシーサラダ。

Snucooking091013

蓮根のレモンマリネ。

Snucooking091014

赤玉葱のピクルス。

Snucooking091015

いかのヴェルミチェッリ地中海風。

Snucooking091016

料理に合わせたワインもいただきながら、楽しくお食事。

Snucooking091017

鶏のプルプルカチャトーラ。

Snucooking091018

お馴染みのメニューもポイントを聞くと、いかに自分が今まで漫然と料理してきたかと、愕然とする。

Snucooking091019

美味しい料理とワインでおしゃべりも盛り上がる。

Snucooking091020

汁にパンを浸すのは欠かせない。

Snucooking091021

本日のワインたち。

Snucooking091022

食後、スヌ子さんお手製、クローブ入りのいちぢくのコンポート。

Snucooking091023

バニラアイスと一緒に食べるのが、また格別。

Snucooking091024

お茶タイムでしめ。

盛り上がりましたなあ~。
お料理教室の最大の魅力は、レシピの外にある。
毎月最終土曜日開催予定とか。
次回ももちろん参加すべし!!

2009年11月 1日 (日)

あら輝

最寄駅の用賀からもかなり離れていて、初めてではなかなかたどり着けないあら輝。
そんな場所なのに、2ヶ月待ち。

この日は13人で、夜の2回転目を貸切り。
全員が胃袋の収容能力に長け、酒を飲むというくいしんぼう祭りにつき、わっしょいわっしょいと大盛り上がり。
観客参加型のエンターテイメント的な面白さもあって、素晴らしいひと時となりました。

ブロックに切ったカツオ、ウニ&いくらなどのつまみ、熟成させた赤身、中トロや大トロ、松茸&炙りトロ、イカ、穴子、煮蛤、海老などのにぎり、どれも1つ1つがいちいち美味しい。
口に入れて最初に感じる味が2回くらい微妙に変化しつつ、飲み込むまでフェイドアウトせず、同じ強さで旨い。
これだけ何度も感動できるのは、一流の寿司屋ならでは。

特にうなったのは、とこぶし。
聞くまではあわびだと思っていた大きさ。
しかし、あわびよりもさらに旨味が濃く、重くずっしりと舌の奥深くまで刺さってくる。

まろやかな口当たりで、なおかつ香りは濃厚な鯵や、薄切りを2枚重ねて、独特な風味の舎利との馴染みが良くなった鯖も印象深い。

本当に残念なのは、半ばにして終電の時間となり、途中退場しなくてはならなかったこと。
旨いものは胃袋を広げるので、まだまだお腹がすいていたのに…。
おひつの底が見たかったっす。

来年には銀座に移転して、席数も9席だけになるとか。

この日の盛り上がりは、主催してくださった方の人徳によるところも大きいかと。
メンバーに加えていただき、本当にありがとうございました!
いや~~~、面白かった、旨かった。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ