« チョンソル | トップページ | ペレグリーノ »

2009年11月13日 (金)

リストランテ・フィオレンツァ

美味しかった記憶があるのに、ずいぶん前に来て以来な京橋のフィオレンツァ。
東京のこっち側で、ついでがない場所というのは、なかなか来る機会がないのだ。
自分的には便利なのだが…。

こちらは初めてという友達と2人で。

Fiorenza091101

グラスではちょっとお高いスプマンテしかなく、そこまででなくてよいという気分だったので、代わりに白をグラスで。

プーリア、カステル・デル・モンテのシャルドネ。
シャルドネっぽくなく、白い花の香り。

Fiorenza091102

5,775円で3皿選べるプリフィクスコースにする。

まずはお通しのバーニャカウダ。

Fiorenza091103

赤ワインをボトルで。
6,000円ぐらいでお願いして、オススメされたLa FortunaのRosso di Montalcino。
最初から完成された味わい。
キャラメルからくるみ、ほんのりコーヒー。

Fiorenza091104

選んだ前菜は、ポルチーニのフリット(追加料金あり)。
生ポルチーニをダイレクトに味わえるが、香りは期待したほどでもなく。

Fiorenza091105

こちらは豚カシラ肉のソプレッサータと血のクレープ。

Fiorenza091106

プリモには鶏レバーソースのタリエリーニ、温泉卵添え。

温泉卵をからめつつ、濃ゆいレバーミートソースをいただく。

ここの料理はポーションというより、こってりと重さがある料理が多い様子。

Fiorenza091107

生ポルチーニとフランス産ジロール茸のタリエリーニ。

フリットより、こちらの方がポルチーニの香りを満喫できた。

Fiorenza091108

本当は、その日のメニューとしてあったうずらを食べようと思っていたのだが、頼もうとした瞬間に終わってしまった。
すでに食べる気まんまんだったため、ショックで呆然。
どうにか選んだセコンドが、この狩猟エゾ鹿のパイ包み焼き、血のサルサ。

濃厚続きで、予想以上にお腹にたまる。

Fiorenza091109

こちらはトスカーナ風グランフリット。
仔羊、リードヴォー、トリッパ、カルチョーフィーなど盛りだくさん。

Fiorenza091110

デザートもなんでこんなにこってりしたのを頼んだんだ?。

この日じゃなければ、ワシワシいける好きなタイプのモンテビアンコ。
中の栗クリームが甘さ控えめで、栗そのまま。
そこに胡桃そのままな胡桃アイス添え。
チョコレートソースはもっと少ないほうがよいなあ。

Fiorenza091111

賢い友達は軽め(といってもかなりもっちり)のヘーゼルナッツのパンナコッタ。

Fiorenza091112

お茶菓子。

秋だからと重い料理に偏ったコースを組み立ててしまった。
鼻血が出そうでした。

« チョンソル | トップページ | ペレグリーノ »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ