« 第2回 スヌ子のお料理レッスン その1 | トップページ | チョンソル »

2009年12月10日 (木)

第2回 スヌ子のお料理レッスン その2

お肉を焼きつつ食べ始める。

Sunucooking2no201

このプレゼンテーション!
その金色のちっちゃいスプーン、なんであるのですか?

Sunucooking2no202

イタリアのスプマンテで乾杯。
セロスプロデュースのDUBL。

Sunucooking2no203

キャロットラペも、1人分ずつに盛ってあると、洗練されて見える。
こういう小さい器って、なんとなく家にあったりするけど、使わない。
組み合わせると高級感が出るのですなあ。

Sunucooking2no204

クリスマスのあしらい。

Sunucooking2no205

美味しそうな香りを嗅ぎ続けていたから、もう、お腹すいちゃって…。

Sunucooking2no206

左は帆立貝のムース、右は生ハムバター。

「コレとアレでこーなる」と予想していた以上のレベルに化けてる!
両方とも、高カロリーだと思うのだけど、そんなことは無視してがっついてしまう。

Sunucooking2no207

インド風パンプキンスープ。

実は、一匙口に入れるまでは、カレー粉なんて入れなきゃいいのにと思ってました。
食べてびっくり、完全に馴染んで調和している。
パンプキンの甘さ、ほっこりした味わいはそのままに、キレと奥行きが加わえられた。

Sunucooking2no208

牡蛎とねぎのグラタン。

Sunucooking2no209

ワインはロゼのようなピンクベージュのカラーがいかにもビオな、イタリア、Colli PiacentiniのIl Vei。
ピノ・グリージョだけど、もはや違った味わいで、風味が強く、この後の料理にも合う。

Sunucooking2no210

チーズものはハズレがない。

Sunucooking2no211

肉が焼けた。
盛り上がるなあ。

Sunucooking2no212

肉汁を吸ったジャガイモがまた、格別。

Sunucooking2no213

イベリコ豚。
赤くても、ちゃんと焼けてる。

Sunucooking2no214

パーティーっぽい一皿。

Sunucooking2no215

アップルソースやサラダも一緒に。

Sunucooking2no216

グリーンサラダはナッツドレッシングで。
まろみがあるので、ワインにも合わせやすい。

Sunucooking2no217

イベリコのナッティーな香ばしさ、干してから焼かれた茸の凝縮した旨味、アップルソースのスパイスの効いた甘さ、過不足ない料理にため息。

Sunucooking2no218

お腹がいっぱいでも、ちょっとだけ甘いモノは欲しいよねと。
さすが、わかってらっしゃる。

料理教室に参加することの面白さをさらに実感。
食べて話してが、また楽し。

ありがとうございました!!
次回は正月モノでしょうかね?

« 第2回 スヌ子のお料理レッスン その1 | トップページ | チョンソル »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ