« マミーハウス | トップページ | ロオジエでクリスマスランチ »

2009年12月23日 (水)

チンオックァハルメ・ウォンジョ・タッハンマリ

スパ・レイで汗蒸幕やよもぎ蒸しを堪能。

ここは女性専用で、高級な店であるらしく、設備が整っていて、親切だった。

前回、他の店では基本セットなるあかすりがセットになったコースを強要されたうえ、マッサージも執拗に勧められた。
しかも、コースは汗蒸幕やサウナに自由に出たり入ったり出来ず、なんだか慌しいまま、汗蒸幕には一度しか入れずに終わった。

スパ・レイは、基本コースを軽く紹介しつつも、しつこくも怖くもない。
入浴料12,000ウォンとよもぎ蒸し代30,000ウォンを払い、汗蒸幕、お風呂、サウナを好きに出たり入ったり。
よもぎ蒸しも、自分が耐えられるなら、1時間くらいは座っていても「ご自由に」という感じ。その間、お茶を出し続けてくれる。

夕食のことを考え、あまりゆっくりはできなかったけど、次回は半日ぐらいダラリと過ごしたい。

というわけで、アックジョンのオシャレ店での買い物やら、汗蒸幕やらで昼食を食べ損ねてしまった。
軽くつまもうと思っていたのだが、適当な店が見つからなかったのもある。

で、ラストオーダー間近のチンオックァハルメ・ウォンジョ・タッハンマリへ。

Ksoultakkammari091201

1階も2階も満席。

Ksoultakkammari091202

1羽以上からのオーダーであるらしい。
すでにあらかた火の通った鶏とネギ、ジャガイモ、そして、スープ。

Ksoultakkammari091203

途中、はさみで鶏をバラして、ガンガン煮る。

Ksoultakkammari091204

煮えた鶏は韓国醤油、マスタード、ニンニクとショウガの微塵を混ぜたものにつけて食べる。

この、タレがまた、馬鹿にできない旨さ。
マスタードがポイント。
元々マスタード好きだけど、さらに活用してしまいそう。

そして、そのタレに、地元の人々は唐辛子ペーストを握り拳大以上入れて食べるのだ。
我々はティースプーン程度で十分。

Ksoultakkammari091205

この脂がまた旨味の素。

Ksoultakkammari091206

生のうどんを入れて煮て、スープとタレと一緒にすする…。
たまらんよ。

Ksoultakkammari091207

ペットボトルに入れて持ち帰りたいスープ。

Ksoultakkammari091208

ビールも飲んで、2人で29,000ウォンだったかな。
温まった。

次回も絶対に来る店リストに入れよう。

Ksoultakkammari091209_2

東大門のドゥータって、109みたいな新しい、整備されたビルなんだ!
もっと雑然としていると思っていた。

Ksoultakkammari091210

地下鉄を逃して、タクシー争奪戦。
バブル時代を思い出す。

幸運にも、身体が冷えきる前に親切なタクシーを拾え、無事にホテルまで。

« マミーハウス | トップページ | ロオジエでクリスマスランチ »

2009年12月 ソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ