« ハンソン ソウル | トップページ | マミーハウス »

2009年12月20日 (日)

飛び込みで入った店@ソウル

Ksoulmassageato091201

ミョンドンで買い物にハマり、ホテルに荷物を置いてから地下鉄で移動。
整体マッサージというそのままの名前の店で足裏、身体全体のマッサージを受ける。
時間オーバーにがっつりと揉んでくれて、すっきりしたのだが、人によって技術に差があったし、男性ばかりのスタッフで、清潔さが微妙だったりして(特にトイレ)、また行こうとは思わない。

で、終わったのが11時を過ぎていたから、予定していた料理屋に間に合わない。
移動するのも面倒な感じがして、すぐ横にあった24時間営業で賑わっていた店に入る。

Ksoulmassageato091202

若者が飲み会をやっている。

Ksoulmassageato091203

完全ハングル。
日本語も英語も全く通じない…。

Ksoulmassageato091204

かろうじて写真があったが、何がなにやら。
で、指差しで適当に頼んでみる。
右下の白いスープと、その上の赤い炒め物っぽいの。

Ksoulmassageato091205

飲み物も、実物を指差しで注文。

Ksoulmassageato091206

キムチ、カクテキ、青唐辛子のキムチ。

Ksoulmassageato091207

ぐつぐつ煮える白いスープ登場。

Ksoulmassageato091208

おっ!スンデクッなるものか。

Ksoulmassageato091209

豚の血と春雨のソーセージは生臭くなく、さらっとしている。
やっぱり、ブーダン・ノワールと近いものあり。

Ksoulmassageato091210

アミや唐辛子ペーストで味付け。

Ksoulmassageato091211

こちらは巨大な鍋だった。
2回続けての鍋。

Ksoulmassageato091212

これまたスンデ入り。
っつか、肉系はスープとほぼ同じで、スンデとホルモン。

Ksoulmassageato091213

エゴマの葉が香ばしい。

Ksoulmassageato091214

春雨やら豆腐やら、ネギ、白菜、キャベツも。
これまたじんわりとしみる旨さ。
同じホルモン系鍋でも、昼のとは違う。
店の味付けの差もあって、こちらの方がパンチが効いていて、辛さも強い。

それにしても、ソウルで食べる辛いものは、目が痛くなるほどに辛くても、後をひかないのが不思議。
舌の痺れがちゃんと治まるのだ。

Ksoulmassageato091215

美味しくても、さすがに食べきらないわ。

Ksoulmassageato091216

全く読めず、なんという名前の店やら。
24時間営業ということもあって、遅い時間から入ってくるお客さん多数。

2人で29,000ウォン。

Ksoulmassageato091217

12時過ぎていたが、地下鉄でホテルまで。

気になる看板。

Ksoulmassageato091218

シティ・センターのライトアップ。
改装中である様子。

今回のホテルはソウル・プラザホテル。
ミョンドンにあって便利。
ウェスティンは高いし、ロッテはサービスの評判がイマイチだしで、こちらに。
部屋は広くない。
ホテルとしては前回のシーラが良かったけど、あそこは場所が中心地から離れているからね。
ミョンドン辺りのホテルの気楽に荷物を置きにいける立地というのは代えがたい利点だ。

ソウルでは短い滞在で、本当に部屋にいることが少ないので、便利な場所で、清潔なホテルなら、もっと安いところでも良いかもしれない。
エステが目当ての人なら、行きたいエステが着いているホテルを選ぶのかもしれないが。

« ハンソン ソウル | トップページ | マミーハウス »

2009年12月 ソウル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ