« ロオジエでクリスマスランチ | トップページ | ムギョドン・ブゴクッチッ »

2009年12月27日 (日)

あら輝 再訪

前回に予約を入れていて、ほぼ同じメンバーで再訪。
この日を待っていたのは私だけではないようで、場は最初から熱い。

それにしても、あら輝、初回の衝撃、感動を上塗りして余りあるとはさすがです。
今回、自分でも珍しく、トロの美味しさにやられた。
もう、包みを開いた瞬間から神々しかった。
今まで、邪険にしてきてごめんなさい。
がっつりと旨味は濃いのに、水性でサラリと流れてゆくサシ。

他、赤身、メジマグロなど、まぐろとその仲間たちはどれも秀逸。

ボラの卵の味噌漬けや、名前失念の魚の肝臓の粉茶煮に酒が進むすすむ…。

美味しすぎて変なテンションのまま退場。
いやはや、面白かった。
飲んで食べる人々がこれだけ集まるというのも、貴重。
また、ぜひ。

« ロオジエでクリスマスランチ | トップページ | ムギョドン・ブゴクッチッ »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ