« 京味 2010年初 | トップページ | 第4回 スヌ子のお料理レッスン  »

2010年1月24日 (日)

年末年始のワインやら

Vino091001

ローヌ、レザン・エ・ランジェの白、ネジュマ。

Vino091002

前に飲んだことがあるオリヴィエ・ルフレーヴのピュリニー・モンラッシュ 2006。

Vino091003

レナート・コリーノのバローロ 2004は紀伊国屋でセールになっていたもの。
温かみがあり、スパイシー。

Vino091004

いただきものルイ・ラトゥールのコルトン・グラン・クリュ 2003。
思わずにっこりする香り。
やっぱり、ブルゴーニュが一番好きだ。

Vino091005

オリヴィエ・リヴィエールのロシェール 2006。
リオハでグルナッシュとテンプラニージョ。

Wakame1001

徳島から届いたわかめ。
ラベルがかわいい。

一緒に大量のすだちも。
それはそれは良い香りで、今は何にでもすだちをかけている。
塩味やナンプラー味の焼きそばにすだちとか。
送ってくれた友達が来たとき、「うちの母は、毎晩、熱燗にすだちを絞って飲んでいる」と言いつつ再現してくれたのにも、猛烈にそそられた(禁酒中)。
ただ、お酒の味で合う合わないはあるとのこと。

Vinegre10

日本の販売先に仕事でうかがって、思わず個人買いしたエル・マフエロのペドロ・ヒメネス・シェリー・ヴィネガー。
まさにペドロ・ヒメネス!!という風味で、サラダのドレッシングをグレードアップさせてくれる。

Vinegre11

同じところのオロロソ・ワイン・ソース。
これは調味してあって、苺やアイス、またはそのまま焼いた肉のソースとしても。

Rose1001

ここの販売先には我慢できない食品がいろいろとあって、個人買いが止まらなかった。

キプロスのローズジャム。

Rose1002

蓋を開けたとたん、ローズの香りがぶわっと広がる。
花びらのキュッキュッという歯ごたえがアクセント。
紅茶に入れたり。

Oil10

これまた、役得でいただいたオリーヴオイル。
カスティージョ・デ・カネーナのホアキン・ベラオがデザインしたボトルのもので、フレッシュさが桁違い。
生食としてのみ、大事に使っている。

ソウルで奮発して買ったごま油も、最後の一味としてたらすと味に奥行きが出て、旨さが一段上がる。
これは良質な油だからこそな気がする。

« 京味 2010年初 | トップページ | 第4回 スヌ子のお料理レッスン  »

家ワイン ・ 家飯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ