« 御胎内清宏園 | トップページ | 第5回 スヌ子のお料理レッスン 桃のお節句ごはん »

2010年2月21日 (日)

お馴染みなイリゼ

当日に「今日、夕食でも」というときの定番となっているイリゼ。
気楽な美味しい店でお得感もあるのに、なんでいつも空いているのだろう?
どちらかというと遅い時間の方が込んでいたり。

確かに、遅くに仕事が終わった後、でも、美味しいものを食べて飲みたいという時に適している。

Irise100201

この日のお通しは赤烏賊。

Irise100202

豚3種(頬、耳、脚)の部位のテリーヌ。

Irise100203

ボトルワインはビオ、ドメーヌ・ランベールのキュベQ。
名前がかわいいから選んだ。

ラベル通りにぐびぐび飲める。

グラスはその日のものが赤白2種類ずつあるので、まずは白や泡をグラスでいってから。

Irise100204

ハチノスのリオン風。

ここの料理は全体に塩がきつくないのが良い。

Irise100205

本日の野菜料理は白アスパラ。

香味野菜がシャッキリと。

Irise100205_2

平目のカルパッチョ的なもの。

Irise100207

本日の野菜のマリネ。

Irise100208

鶏レバーのムース、メルバトースト添え。

Irise100209

ブイヤベース。
この日は穴子も入っていたり。

と、ここでタイムオーバー。
残念ながら、ブイヤベースをリゾットにするまでたどり着けなかった。

頼りにできる良い店だ。

« 御胎内清宏園 | トップページ | 第5回 スヌ子のお料理レッスン 桃のお節句ごはん »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ