« 京味 癒されるの巻 | トップページ | 第6回 スヌ子の料理教室 お花見 »

2010年4月 4日 (日)

美虎

スムーズにたどり着きにくい幡ヶ谷の住宅地にある中華料理、美虎

夜にコースをいただく。

女性の料理人ならではの繊細さ。
軽やかで、キレがあり、組み合わせに驚きあり。
ここまで洗練されて、クリーンな味わいの中華料理はそうそうない。
盛り上がって、祭り状態。

コース終盤に出てきた豚の黒酢でさえ、旨味は濃厚ながら、脂が胃に負担をかけず、ざぶざぶいける。

けっこう飲んでも1万円しない。
内容を考えると、お得な印象。
たびたび訪れたい。

胃袋チームであったため、そのまま中華2ラウンド目へ突入。
ぜんぜん別のタイプの店、ニーハオへ。
これぞ、「近所の中華屋」。

下の酒屋でワインを買って、持ち込む。

頼んだその場で自家製の皮に包んでくれる餃子がウリ。
ここには、次回、1件目として再訪せねば。

楽しかったなあ~。
この会、たびたびやりましょうよ~~~。

それにしても、幡ヶ谷在住者がうらやましい!

« 京味 癒されるの巻 | トップページ | 第6回 スヌ子の料理教室 お花見 »

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ