« 家ワイン | トップページ | 久しぶりのボッテガ・デル・グースト »

2010年4月25日 (日)

小いわ

小いわで夕食。
乃木坂というか、六本木というか。
店は道に面しておらず、2階奥という、かなりわかりにくい場所。
カウンターのみ。

13,000円のおまかせを。

Koiwa100401

菜の花に似た野菜とおあげ。
出汁が旨い。

Koiwa100402

筍とうどの芽の胡麻木の芽あえ。
木の芽の香りと胡麻のクリーミーさ。
うどの味を持ちつつもエグ味はほとんど感じさせないうどの芽。

Koiwa100403

こしあぶらと海老しんじょの天ぷら。

海老しんじょは桜海老の香ばしさ、シャリっとした歯ごたえがそのまま。

Koiwa100404

ひげまで甘いベビーコーン。

Koiwa100405

トロと塩をしてある明石の鯛。

Koiwa100406

稚鮎。
葉はお茶の葉を揚げたもの。

Koiwa100407

蛤と宝彩海老のお吸い物。
調味料は一滴の醤油のみという。

Koiwa100408

わかめと白筍。

白筍はやわらかく、しっとり。
筍らしいほっこりした甘さに清爽な後味。

Koiwa100409

屋久島の三岳をロックで。

Koiwa100410

お新香も塩が控えてあり、そのまま食べても辛くない。

しじみのお味噌汁。

Koiwa100411

固めに炊き上げたご飯が好みで何度かおかわりを。
アンチョビ(オイルには漬けていない塩漬け鰯)をペーストにしたものをのせて出してくれたり。

Koiwa100412

抹茶のお団子とココナツミルク、下にあんこ。

最後にフルーツほおずき。

派手さはないが、こだわった素材を使い、細部まできっちりと美味しい。
塩味も極力抑えられている。
大将の穏やかそうな雰囲気もあり、ほっと一息つける店。
16,000円ですっぽんなどの贅沢な鍋が付くコースもあるので、次はそれをいただきたい。

« 家ワイン | トップページ | 久しぶりのボッテガ・デル・グースト »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ