« ドン・チッチョ | トップページ | 穴子お取り寄せ »

2010年6月 7日 (月)

monolith

青山のモノリスで夕食。
最初に訪れた時の印象がとても良く、いろんな人に薦めつつ、再訪の機会を狙っていたのだ。

Monolis100601

7,875円のムニュ・モノリスにする。

Monolis100602

テタンジェのシャンパンをいただきながら、2種のフロマージュのクラッカー。

Monolis100603

泡泡は何と言っていたか?

Monolis100604

とにかく、カスタードクリームのような卵系で、むちゃくちゃ美味しかったのだ。
サクっジュワっと焼かれたブリオッシュにつけて食べると悶絶。
なのに忘れる記憶力の欠如。
まあ、美味しい味の記憶は舌にびりびりと残っているから問題ないこととする。

Monolis100605

まずはグラスで白。
ヴィニュロン・ド・ビュクシーのシャルドネ。

Monolis100606

ジュレ、蟹、トマト、ウニ、下はアボカド。

Monolis100607

これは鉄板ですなあ。

Monolis100608

赤をボトルで。
ドルーアン・ラローズのジュヴレ・シャンベルタン 2007。
赤い果物。

Monolis100609

本当はホタテだったのだけど、私を含む4人中3人がホタテを余り好まないため、他の料理に変えてくれるようお願いする。

と、ストゥーブが登場。
蓋を開ける前からバニラの香りが漂ってくる。

Monolis100610

リードヴォー、オマール、白アスパラ。
なんとラッキーな。

バニラがこういう食材としっくり馴染むなんて、驚き。

ここのお料理は、いかにもフランス料理なしっかりとしたソースが素晴らしい。

Monolis100611

イサキ、サザエとサザエの肝ソース。
野菜はロマネスコとヤングコーン。

パリっとしてしっとり。

Monolis100612

落ち着いた雰囲気が心地よい。

Monolis100613

このコース、通常は料理を選べないのであるが、この日はメインが2種あった。

どちらも牛肉で、これはミルフィーユ仕立て。
アスパラ・ソバージュ添え。

Monolis100614

牛肉、フォアグラとブリニが層になっている。
もちろん、美味しい!
ブリニが濃い2つをつなぐ、良い仕事してます。

Monolis100615

イチボは各種ペッパーがゴリっと。
下に空豆と茸。

赤身の肉の旨さ。
ブルゴーニュのワインともぴったり。

Monolis100616

口直しは紫蘇のソルベ。
白ワインのジュレとともに。

なんという爽やかさ。よいコースなり。

Monolis100617

デザートも2種から。

こちらはブラマンジェ。
マンゴーとパッションフルーツのソース。

Monolis100618_2

中にはラズベリー??(とにかく赤い果物)のソルベ。

Monolis100619

こちらはマンゴー多目、パッションフルーツ少な目のソルベ。

Monolis100620_2

お茶菓子もちゃんと美味しい。

ここ、かなりお得感あるし、トラッドなフランス料理好きならがっつり胃袋を鷲掴みされる料理なのに、この日はかなり空いていた。
確かに、サービスにもう少し重厚感が欲しいところではある。
「でも、もっと混んでいてもいい店だよねえ」と言いながら後にする。
個人的には、何度でも頻繁に行きたい店。

Monolis100621

同行の方からのお土産。
貴重な品をありがとうございました。

« ドン・チッチョ | トップページ | 穴子お取り寄せ »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ