« IL TEATRINO DA SALONE | トップページ | monolith »

2010年6月 6日 (日)

ドン・チッチョ

Don Ciccioでお誕生会。
ずいぶん前か、外れた時間じゃないと予約が入りにくい店だから、こういう機会にお食事できるのはとてもうれしい。

Donciccio100500

まずはドゥーカ・ディ・サラパルータのスプマンテで乾杯。

Donciccio100501

生ハム、プロッシュート、サラーメ、ラルドの盛り合わせ。

ラルドをパンにのせて食べるのが旨い。

Donciccio100502

ここでも頼んじゃう。
フライドポテト。
やっぱりマスタードで。

Donciccio100503

茄子とモッツァレラのインヴォルティーニ。

Donciccio100504

ここのトマトソースは濃ゆくて、まるで現地にいるような気持ちにさせてくれる。

Donciccio100505

赤をボトルで。
フィッリアートのサンタゴスティーノ。

Donciccio100506

塩トマトとマグロボッタルガのスパゲッティ。

Donciccio100507

塩トマトが甘っ。

Donciccio100508

豚肉のラグー。

Donciccio100509

じんわりと深く染みわたる美味しさ。
リコッタのクセのある風味も不可欠。

Donciccio100510

真鯛。

Donciccio100511

玉ねぎの入ったソースがトロリと乳化している。

Donciccio100512

白金豚のローストはカルチョーフィを乗せて登場。

Donciccio100513

コントルノとして頼んだルーコラと。

Donciccio100514

やっぱり、なんか足りないとスパゲッティ・アッラ・ノルマを追加。

Donciccio100515

最後にトマトソースのスパゲッティというのが、日本人的に落ち着く。

Donciccio100516

食後酒各種。
リモンチェッロなどは自家製。

Donciccio100517

デザート各種。他にもいくつか。
自分用には本格派なカンノーロを。

Donciccio100518

お誕生日おめでとうございました!

参加する側もうれしい店セレクト。
ドン・チッチョの料理には、いつもガツンと脳髄に来る旨さがある。

« IL TEATRINO DA SALONE | トップページ | monolith »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ