« お庭で一杯 | トップページ | ファイ »

2010年10月17日 (日)

三徳六味

ガーデンシャンパンの後、Kさんが予約をしてくれている三徳六味で夕食。
場所は札幌、円山。

個室もあるが、もちろん、仕上げをしているところが見られるカウンターで。

Mitokurokumi101001

北海道の味覚コースをお願いしているのだ。

Mitokurokumi101002

まずはタチ(真鱈の白子)のみぞれ煮。
ぐつぐつと煮立っている。

札幌はやはり肌寒く、うっかり薄着できてしまった自分は凍えていた。
この温かい一品は、ありがたく、身体にしみる。

Mitokurokumi101003

しめ秋刀魚寿司、肝醤油添え。
軽く炙ってある。
肝の苦味は秋刀魚の旨味だ。

Mitokurokumi101004

お造りは、ボタン海老、キンキ、キンキ肝、ツブ貝。

ちょうど午前中に久米商店で立派なボタン海老を見て、食べたかったのだ。
甘さにびっくり。
刺身の美味しさは、さすが。

Mitokurokumi101005

八寸。
サツマイモ、胡麻豆腐、ワカサギの南蛮漬け、白ずいき、茄子田楽胡桃のせ、ごぼう揚げ、子持ち昆布。

Mitokurokumi101006

生ししゃもを自家製で一夜干しして焼いたもの。
もちろん、雄。

生ししゃもも久米商店で見て、そそられたのだった。
なんというタイミングの良さ。
はー、満足。

Mitokurokumi101007

合鴨とネギの朴葉焼き。

Mitokurokumi101008

タラバガニは蒸しで。

Mitokurokumi101009

ウニとあわびのいちごご飯。

Mitokurokumi101010

美味しいに決まっている。

Mitokurokumi101011

キンキ潮汁がまた、格別。

Mitokurokumi101012

葛カスタード。

北海道の素材を十分に楽しんだ。
そして、値段は東京で同様の内容をいただいた場合の3分の2ほど。
ご主人はじめ、店の人たちの感じもよく、満席なのも納得。

« お庭で一杯 | トップページ | ファイ »

2010年 札幌」カテゴリの記事

日本:東京以外」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ