« 久米商店 | トップページ | ミルク・ハウス »

2010年10月11日 (月)

ラ・トルテュ

札幌最初のお食事はLa Tortueのランチ。

Latortue101001

Latortue101002

店名は亀の意味らしく、亀の置物がそこらじゅうに。

Latortue101003

アラカルトで前菜・主菜・デザートの3,000円コースにする。
ランチは他に主菜で肉・魚の両方がいただける4,300円のコースもあった。

Latortue101004

アミューズ・ブーシュ1はサーモン。
さすが北海道。

Latortue101005

まずはグラスでシャンパン。
クリスチャン・エチエンヌ。

Latortue101006

アミューズ・ブーシェ2はカプチーノ仕立て。

Latortue101007

小さく切りそろえられたホタテ、赤ピーマン、長芋。
濃厚な魚介出汁。
ホタテのぷりぷりと長芋のシャリシャリが歯にも楽しい。
普段ホタテに興味がないのに、これにはホタテが必須と思う。

場は一気に盛り上がる。

Latortue101008

アミューズ・ブーシェ3。

しめ秋刀魚と茄子マリネに生姜のドレッシング。
旬らしい秋刀魚のたっぷりとした身、茄子の味の濃さ。

これまた、がっつりと勢いがありつつ、繊細さも感じる一皿。

Latortue101009

グラスで白をいただく。

シャトー・ギロー。

Latortue101010

パンは軽いのに小麦の香りが凄まじい。

バターも風味が濃い。
札幌では、乳製品の美味しさに圧倒されたのだけど、バターに関しては、ここのが一番印象深い。

このパンとバターだけで、相当にワインが飲める。

Latortue101011

前菜はヘラ蟹の冷たいフラン。
甲殻類のジュレとサツマイモのピュレ。

横に添えられたのは、サツマイモの千切りをパリっと揚げたせんべいのようなもの。

Latortue101012

もう、蟹以上に蟹。

フラン、ジュレ、サツマイモせんべい的なもの、それぞれ違う食感の組み合わせ。

蟹フランの下にはサツマイモのフランがいて、やさしい甘さで調和。
ジュレには内子など、蟹のあらゆるところが入っている。

これは、今回の札幌旅行でベスト3に入る料理だ。

Latortue101013

こちらはスッポンのブイヨン。
トリュフと生血のブーダン、パイ包み焼き。
1,000円プラスのメニュー。

Latortue101014

これまた、スッポンが贅沢にごっそりと。
ブーダンとも、濃いもの同士、合っている。
トリュフもいるよ。

包んであるパイも、バターの良さを痛感する美味しさ。

Latortue101015

イノシシのラヴィオリ。
香草風味のアサリ貝のジュ。

これは普通だったな。他の感動が大きすぎた。
ラヴィオリの皮が厚すぎかも。

Latortue101016

メインに合わせて、グラスで赤を。

シャトー・ピュイグロー。

Latortue101017

十勝産エゾ豚(1,000円プラスメニュー)。
放牧豚の肩ロースのグリエ、セップ茸のソース。

イベリコ豚のようなハシバミの香りと縦に裂けるような肉質。

Latortue101018

豚足のファルシ。
キノコと白レバー、シェリービネガー風味。

Latortue101019

まるでアンドゥイエットのよう。
骨からはがされた豚足の細部、白レバーなどがごそっと詰まっている。
でも、重さや臭みを感じない。

Latortue101020

口休めはバジルシードの下にライチのソルベ。

Latortue101021

デザートは、ピュア・カライブを選択。

濃厚なチョコレートのパテにアイスクリーム。
アイスはバニラのところをキャラメルに変えてもらった。

Latortue101022

にっちりと、チョコレートまんまな濃さ。鼻血出そうなほどに。
こおばしいビスケットソースとキャラメルの苦味が活きたアイスと一緒にいただく。

Latortue101023

こちらは、巨峰のムースグラッセ。
ロザリオビアンコのマリネ添え。

これまた、巨峰以上に巨峰。
爽やかで、でも、物足りなさは皆無。

Latortue101024

リンゴの薄焼きタルト。
カルヴァドスのアイス添え。

やっぱり、バター最強だわ。

Latortue101025

エスプレッソも美味しい。

Latortue101026

お茶菓子もたっぷりと。
白トリュフのマカロンもあった。

最初から最後まで、唸りまくりのランチだった。
札幌の凄さを目の当たりにした。
ポーションも大きく、それぞれの料理を十分に味わったという実感がある。
小食な人は、ちょっと量を調整してもらったほうがよいかもしれない。

それにしても、コストパフォーマンスが高いなあ。

札幌に行くときは、必ず再訪しよう。
さすが、Kさん家族が馴染みの店。

« 久米商店 | トップページ | ミルク・ハウス »

2010年 札幌」カテゴリの記事

日本:東京以外」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ