« オータム・フェスト | トップページ | すし善 本店 »

2010年10月23日 (土)

Restaurant MiYa-Vie

札幌2日目の昼用にKさんが予約をしてくれていたのは、元ミッシェル・ブラス・トーヤのシェフのお店、レストラン・ミヤヴィ

この店が2日目のランチというのは、さすがな予定組み。
1日目の飽食で疲れ気味の胃袋にも優しく、無理なく楽しめる重くない料理たち。

Miyavi101001

クリーンでアートを思わせる店の作りに料理と同じセンスを感じる。

昼のコースは2,000円から。
肉と魚と両方いただける4,800円のコースもあったけど、日和ってどちらかを選ぶ2,800円のコースにする。

まずはグラスでカヴァをいただきつつ。

Miyavi101002

レンズ豆、フロマージュブランと鶉の卵、黒糖と酸味をアクセントに。

この小さな器の中に1つの世界がある。

Miyavi101003

葉野菜、実野菜、根野菜を海の香りでつつみ。

野菜の出汁がじんわりと深くしみこむ。
それぞれの野菜の味の強さがあってこそ。
舞茸の香りもしっかりと迫り来るようなところがある。
全体のまとまりと、個々の主張のバランス。

Miyavi101004

パンとバターはラ・トルテュの方が印象深い。

Miyavi101005

日本であることを大切にしているので、箸もあるのだ。

Miyavi101006

香ばしく焼いたピーマンの冷たいスープに浮かべた、帆立貝、コールラビのピューレとセロリ、バジルの香りを添えて。

ピーマンの苦味と甘味が共存するソースと、生のような軽く火を通してあるような…なホタテ。
新しい味覚だが、奇抜ではなく、素直に美味しいと感じることができる。

Miyavi101007

程良く通したイナダ、ルーコラと生姜のソース、香ばしい牛蒡とグレープフルーツをアクセントに。

イナダの焼き加減が絶妙。
とにかくしっとり。

生姜とルーコラのソースも苦味を活用。

Miyavi101008

こちらは他の人々が頼んだローストした新冠産黒豚肩ロース、蜆の香るソース小松菜とサツマイモ、和梨幸水で香りを高め。

Miyavi101009

はちみつ風味のメロンゼリー、ミント風味のシロップ、アーモンドのアイスクリーム。

葛を使ったむっちりとした食感のゼリー、ジューシーで甘いメロン、南国を感じさせるアーモンドの香り、ミントの爽やかさ。
これ、美味しいデザートだなあ。

Miyavi101010

Miyavi101011

お茶菓子にひよこ豆入り牛乳羊羹。

Miyavi101012

そして、煎茶とオレンジのパウンドケーキは2人に1本。

Miyavi101013

お持ち帰り用の袋が付く。

なにからなにまで細かく心が配られている。
次回は夜に、もっといろいろな料理を食べてみたい。

« オータム・フェスト | トップページ | すし善 本店 »

2010年 札幌」カテゴリの記事

日本:東京以外」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ