« ザ・ペニンシュラ ヴェガ・シシリア ワインメーカーズディナー | トップページ | 富麗華で上海蟹三昧 »

2010年11月28日 (日)

ドゥーツ・シャンパンランチ

ヴェガ・シシリアディナーの2日後、またしてもザ・ペニンシュラへ。

Deuts101101

ドゥーツ・シャンパンランチ!!

去年に参加をし、あまりに満足度とお得感の高い企画だったので、今年も迷いなく申し込んだ。

この日のお料理はすべて、シドニーの「ベガス」というレストランのシェフ、ジャスティン・ノース氏が担当されるそう。

Deuts101102

まずは、Amour de Deutz 2000。
マグナムで。

Deuts101103

カイザーのパン。

Deuts101116

スカンピの燻製、海水のジュレ、ジンジャー&シャンパンのグラニテ。

半生というより、薄皮一枚火が通った以外は生というようなスカンピの味の濃さに目を見張る。

グラニテだけ口に入れると、かなりジンジャーなのだが、スカンピやジュレ、ソースと組み合わせると、角が取れ、一体化しつつ、各要素をまとめる。

これ、美味しい・・・。

Deuts101104

Deutz Brut Classic。

Deuts101105

忘れ去られた伝統的な野菜たち、ローストされたオマールの尾、ハモン・イベリコ、豆のムースリーヌ。

野菜たちはもちろん、オマールのソースや、土に見立てた不思議な粒、カボチャやビーツのソースなど、一つ一つに素材の味をはっきりと感じる。

Deuts101106

Cuvee William Deutz 1998。

楽しみにしていたキュヴェ・ウィリアム。
やはり期待を裏切らない。
しかもマグナム。

Deuts101107

セップ茸のロワイヤル、スモークしたホタテ貝、仔牛舌のキャラメリゼ。

キャラメリゼされた薄い仔牛舌は下にいる。
ムースはなんだっけ?
それにしても、どの料理も、いちいち歓声をあげてしまうほど美味しい。

Deuts101108

Deutz Brut 1988。
これもマグナムボトル。

Deuts101109

うさぎ脚のオモニエールのスロークック、肩肉のブーダン・ブラン。

このシェフのお料理をもっと食べたい!
初めて聞く名前で、それほど期待をしていなかったからばかりでなく、ここまで感動をさせてくれる料理はそうそうない。

素材の使い方、組み合わせ、頃合い、すべてが秀逸。

そして、お客さんの反応や、自分の料理がきちんと適切にサーブされているかをしっかりとチェックしていて、情熱が感じられた。

Deuts101110

Cuvee William Deutz Rose 2000。

Deuts101111

ホワイトチョコレートとバニラのパフェ、レモンチュイル、柚子カード、ラズベリーとレモンバーム。

デザートも完璧です。

Deuts101112

シドニーに興味がわいた。
このシェフが自分のレストランで、しかも食材豊富なオーストラリアで、どんな料理をするのか、食べてみたい。

Deuts101113

残っているわけでなく、お代わりをしたりして・・・。

Deuts101114

ドゥーツシャンパンは素晴らしい。

また来年もこの会に来られますように。

Deuts101115

さて、盛り上がった我々は、やはりこのまま解散とはならないわけで、このままディナーに突入。

« ザ・ペニンシュラ ヴェガ・シシリア ワインメーカーズディナー | トップページ | 富麗華で上海蟹三昧 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ