« 美味しい忘年会 | トップページ | kiwi 料理教室第1回 飲み食い編 »

2010年12月19日 (日)

kiwi 料理教室第1回

スヌ子先生たちが開いたキッチンスタジオkiwi

そのkiwiでの初めてのスヌ子料理教室に参加した。

Kiwi101201

テーマはクリスマス。

場所が変わっても、相変わらず空間作りが上手い。

Kiwi101202

人が集まったところで、リッツカールトンのシュトーレンを切り分ける。

これは今回参加できなかったおなじみの方からの置き土産だそう。
ワインにも合いそうだし、今の季節の会合に持って行くのに最適。

Kiwi101203

お茶を飲み、シュトーレンをいただきながら、参加者の自己紹介と、本日のメニューの説明。

この日、生徒は総勢10名。
2日ぐらいで定員に達したそうで、スヌ子先生ブログの愛読者がほとんど。
以前からの生徒3人以外は、皆さんお1人で参加。

Kiwi101255

あっ!これはプレオープンの時に飲んだワインボトルたちですな。
壮観。

Kiwi101204

スヌ子先生らしいなあ。

Kiwi101205

さて、始めましょう。

Kiwi101206

まずは、ふろふき大根のアレンジを。

Kiwi101207

手間を省いて、気楽に作れ、でも賞賛される料理。
だからこそ、習っただけでなく家でも作り、自分のメニューとして加えられる。

Kiwi101208

調味料についての情報も盛りだくさん。

Kiwi101209

大根を火にかけ、放置。

Kiwi101210

牡蠣を洗いながら、「下ごしらえが料理時間のほとんどを占めるんですよね」と。

Kiwi101211

この油、素晴らしい。
異なる原料からできる複数の油を混ぜて、新しい美味しさを引き出すとは。
スヌ子先生の料理ともぴったり。
この『五味一体 寿油』を使ったスヌ子先生お料理をもっと知りたい。

Kiwi101212

牡蠣のオイル煮。

最初は白い汁が湧き出てきて、だんだんと蒸発していく。
と共に、旨味が濃縮され、牡蠣に戻る。

Kiwi101213

透明の油だけになったら、出来上がりの合図。

Kiwi101214

鶏レバーの処理中。
こういうところにも学ぶことが盛りだくさん。

Kiwi101215

レバーにしっかりと味付け。

Kiwi101216

ああ、いい香り。

違う材料を使った場合、料理法を変えた場合など、スヌ子先生が試したいろいろなバリエーションについてや、なぜこれをする必要があるのかなどを教わりつつ。

Kiwi101217

これだけでもすでにワインのアテになりそう。

Kiwi101218

でも、まだまだ続く。

Kiwi101219

レバーは荒く刻んで汁と一緒に投入。

Kiwi101220

ドライいちぢくや、ナッツも。

Kiwi101221

混ぜる。

Kiwi101222

さらに混ぜる。

けっこう力が要るな。

Kiwi101223

小麦粉のでんぷんがプリっとしたところで、型へ。

Kiwi101224

今回はオーブンのない家でも作れるよう、電子レンジを使うとのこと。

Kiwi101225

肉汁が湧き出るので、ラップと受け皿を忘れずに。

Kiwi101226

レンジで焼くこと15分。

Kiwi101227

その間にもう1品。
手軽でささっとできるものを。

Kiwi101228

チーズ、胡麻、クミンシードのチュイル。

Kiwi101229

さあ、焼き上がりましたよ。

Kiwi101230

いい香り!

落ち着くまで置きつつ…

Kiwi101231

ミートローフのソースは、さっぱりとしたハーブソース。

Kiwi101232

最後の仕上げと盛り付けに入る。

Kiwi101233

大根もやわらかく煮えている。

お腹すいたよー!

« 美味しい忘年会 | トップページ | kiwi 料理教室第1回 飲み食い編 »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ