« kiwi 料理教室第1回 | トップページ | L'osier 最後のクリスマス会 »

2010年12月19日 (日)

kiwi 料理教室第1回 飲み食い編

Kiwi101234

さあ、テーブルセッティングも済みましたし、食べましょう!

Kiwi101235

まずは、マス・ベルトランのカヴァ、ブリュット・ナチュレ、バルマ。

ミネラルがしっかりで、牡蠣とよく合う。

ワインはワインエキスパートの資格があるkiwiメンバー宮Gのセレクションだそう。
さすが。

Kiwi101236

牡蠣のオイル煮、メルバトースト添え。

Kiwi101237

牡蠣の旨味がぎゅっと詰まった、XO醤的にクセになる。
油がまた格別。

Kiwi101238

クミンシードがポイントのチーズ&胡麻チュイル。
手軽に作れるのに、サクサクとした歯ざわり、胡麻やクミンの香り、チーズのコクと、凝った味がする。

この日、使ったチーズはエメンタールとグリュイエールだったような気がするが、ナチュラルチーズなら何でも美味しくできるらしい。

Kiwi101239

この牡蠣のオイル煮、パンはもちろん、ご飯にかけても美味しいだろうなあ。

Kiwi101240

この日の参加者の皆さん、ほとんどがお互いに初めてなのに、そうとは思えないぐらい盛り上がる宴。

スヌ子先生の料理に興味を惹かれるぐらいだから、クミンやパクチー、レバーなど、クセのある食材が好きな人ばかり。
もちろん、酒飲みで食べることに情熱がある。
楽しいったらない。

Kiwi101241

洋風ふろふき大根に組み合わせられたのは、モンドール。
季節の贅沢ですな。
もちろん、他のウォッシュ系チーズでもアリと。

Kiwi101242

トロリとのせる。

Kiwi101243

チーズで旨味倍増。

Kiwi101244

最後、モンドールが溶け込んだ汁を飲むのが、また、至福。

Kiwi101245

メインには赤を。

Kiwi101246

ローヌ、DOMAINE DE L’ESPIGOUETTEのヴァケラス 2008はスパイシーで、メイン料理にぴったり。

Kiwi101247

生姜やにんにく、蜂蜜、オールスパイスで味付けされたレバーが入ったミートローフは、先ほどレッスンで作ったものの他に、寝かせた場合の違いを知るようにと、前日に作って寝かせたものも。

Kiwi101248

包丁を入れた感触も、出来立てと寝かせたものでは違いがある。

Kiwi101249

グリーンソースとレッドペッパーを添えて。
ミートローフが濃厚なので、これらはマストだ。

色々な食材の異なる旨味が混ざり合い、引き立てあって、手をかけた感がある複雑な美味しさ。
これが家で出てきたら盛り上がるよなあ。

Kiwi101250

おまけのピクルス2種が箸休め。

Kiwi101251

見た目にも違いが。
右奥が今日作ったもの、左が昨日から寝かせたもの。
今日のはホロホロとした食感で、サラっとした印象。
寝かせた方はしっとりと全体が馴染み、パテのようでよりコクがある。

Kiwi101252

美味しい食事を共有すると、人は近づくもの。
この日の皆さんで、一緒にまた飲み食いしたい。
そんなふうに思える人々と知り合う場を作ってくれたkiwiとスヌ子先生に感謝。

Kiwi101253

名残惜しいが、もう夕方。
最後はお茶と、コンフィチュール in ギモーヴ。

Kiwi101254

びっくりするほど素敵なレッスンだった。
ありがとうございました!!

« kiwi 料理教室第1回 | トップページ | L'osier 最後のクリスマス会 »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ