« kiwi 料理教室第1回 飲み食い編 | トップページ | トスカネリアで忘年会 »

2010年12月26日 (日)

L'osier 最後のクリスマス会

3月末で一時休業に入ってしまうロオジエ。
去年のクリスマス期間ランチがあまりに素晴らしく、そのときから今年もと決まっていた。
1年間楽しみにしてきたのだ。
まさか、この空間での最後のクリスマスとなろうとは。

Losier101201

主催はいつもこちらでの会をアレンジしてくださり、ロオジエに並々ならぬ思い入れと思い出のあるご夫妻。
本当にありがとうございます!!

Losier101202

緊張感となごやかさが程よくミックスされたひととき。
このお食事会で、やっと年末を実感する。

さて、どんな感動が待っているのか。

ワインはシェフ・ソムリエ様にお任せ。

Losier101203

まずは、ゴッセ・セレブリスでメリークリスマス。

Losier101204

琥珀色が美しい。

Losier101205

アミューズ・ブーシュは、サーモンのムース、イクラ、イカ墨のガレット、上にはキャヴィア。

Losier101206

丸いのはうずらの卵でした。

サーモン以上にサーモンなムース。

Losier101207

小さなデキャンタから注がれるトロリとほんのり白濁したような液体。

Losier101208

シャプティエのエルミタージュ、ル・メアル 2001。

貴腐ワインのような香り。
でも、サラリと辛い口当たり。
「寝酒にぴったりだね」という人あり。同意です。

ソムリエ様曰く、「次のお料理に合わせるワインはなかなか難しいので」。

Losier101209

鶉とフォアグラのサラダ、葡萄のマリネと柚子コンフィ。

Losier101210

赤いとんがりにナイフを入れると、硬い!?
鶉の肉とフォアグラがこんなことに。
赤いのは、甘い葡萄のジュレ(?だったような)。
ケシの実の付いた輪は柚子の味。

こんな外見でも、しっかりと濃い鶉。
そして、鶉の脚のコンフィが美味しい。

Losier101211

次はキラキラと輝くバタール・モンラッシェ 2003。
ピエール・イヴ・コラン・モレ。

Losier101212

シェフによって目の前でスープが注がれ、部屋中に蟹の香りが。

温かいタラバ蟹のスープ、カリフラワーのフランとキャヴィアのクリーム。

フランの上に生のカリフラワーを砕いたものがいて、サクサクと食感のアクセント。
キャヴィアのクリームは、エスニックな風味。

蟹はスープが一番美味しいと思う。
食すのも楽だしね。

Losier101213

さらに、目の前でソースを。

Losier101214

美しい。

真鯛のポワレ、冬野菜のジュリエンヌ、エピスの香り、ベルジュソース。

Losier101215

大理石のようでいて、しっとりと吸い付くような真鯛。
素材の素晴らしさは、言うまでもないが、でも言わずにはいられない。
表面のカリっとしたこおばしさとの対比がまた、楽しい。

Losier101216

お肉料理にむけて、ジョセフ・ドルーアン、ミュジニー 2001。

Losier101217

蓋が開けられた瞬間、歓声があがる。
簡潔な美しさ。

ジビエのパイ包み焼き、小さなサラダ添え、サルミソース。

Losier101218

そう、最高のレストランでは、伝統的な料理にほど、その類稀さを痛感する。
もうこれは、今年を締めくくるにふさわしい一皿。

上質なバターが染み出るほどふんだんに使われ、それだけでも十分と思わせるようなパイの中には、負けずに主張しつつ完全に調和する鹿のさまざまな部位。
フランス料理とはソースであると感じさせる、奥行きのあるソース。
これ以上のパイ包みは思い浮かばない。

こってりとしているのに、いくらでもいただけそう。
全員の興奮と感動で部屋の温度が上がる。

Losier101219

添えられたサラダには、トリュフがこれでもかと。

Losier101220

チーズには、スーパータスカン。
アルジャーノのソレンゴ 1998。

Losier101221

季節柄、モンドールは外せないし、こちらのコンテはなかなか出会えない美味しさなので、食べなくちゃ。

Losier101222

当然のように完璧な熟成具合でいただける。
それがどれだけ特別なことか。

Losier101223

お馴染みの器の口直し。
下の赤いのはイチゴのジュレ。

Losier101224

バニラビーンズたっぷりのクレームブリュレ。

Losier101225

こちらもお馴染みプティフールたち。

Losier101226

さあ、これこそクリスマスランチの目玉。
8種類のブッシュ・ド・ノエル。

Losier101227

もちろん、全種類。
パリブレストやモンブラン、マンゴー、イチゴなど。

Losier101228

甘露なワインも。

Losier101229

ドメーヌ・デ・ボマールのカール・ド・ショーム 1997。

Losier101230

こちらはさすがに入りませぬ。

Losier101231

このツリーも今年限りなのでしょうか。

Losier101232

新しいロオジエ、楽しみに待っております。

« kiwi 料理教室第1回 飲み食い編 | トップページ | トスカネリアで忘年会 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ