« トスカネリアで忘年会 | トップページ | ザ・カハラのマカデミアナッツチョコレート »

2011年1月 9日 (日)

2010年最後のお店ご飯@ラボ

休みに入って2日間は、マイマスターのスタジオas・i・am apartmentでジャイロ・キネシスの集中コースを受けた。
おかげで師走の凝りは完全消滅。
飲み食い満載の年末年始の罪悪感を和らげる。

で、2日目の後、マスターと打ち上げ。

場所は、その場で「あと30分後なんですけど」と予約した神泉のラボ。

Labo101201

他でシャンパンをやってきていたので、ワインはボトルで赤。

お店にお任せで、コート・デュ・ローヌ、ドメーヌ・ラ・マルティネルのを。

Labo101202

サラミたちの盛り合わせ。

Labo101203

ゴロリとやってきた鴨はきんかんと。
甘さのあるソースがたまらなく旨い。

この飴色の照り!
中はきれいなフクシアピンク。
こういう料理を気楽なバー的な店でいただけるというのがうれしい。

Labo101204

温野菜やフロマージュの盛り合わせも。

つぶやきを見たスヌ子さんたちが加わり、さらにいくつか追加して、飲んだり食べたり。
あまりに楽しくて、カメラを忘れるの巻。

« トスカネリアで忘年会 | トップページ | ザ・カハラのマカデミアナッツチョコレート »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ