« 山利喜 | トップページ | ロオジエ 今のうちに »

2011年1月22日 (土)

ダニエラ 下北沢

急な思いつきで、下北沢で金曜の夜、どこに行こうかね。
前に行って、なんとなく良かった気がしたBar Alimentari DANIELAに突撃。

明るく木を基調とした店内には、乳飲み子と一緒の家族がいたり、女性1人で食事をしている人が複数いたりと、町の食堂な感じ。

Daniela110102

最初から赤ワインをボトルで。
ホフスタッターのラグレイン 2006。

サービスは転がしてくれるタイプではないが、必要充分。

Daniela110101

小皿惣菜3種盛りあわせ。

カルチョフィのオイル漬け、自家製ピクルス、小玉葱のバルサミコマリネ。

久しぶりのカルチョフィがうれしい。

Daniela110103

エゾ鹿ハツのソテー。
ポテトピュレのようなソースが下にいる。
ハツ自体の美味しさをしみじみと味わえる。やわらかいさっくりとした歯ざわり、少しクセのある香り。

Daniela110104

白トリュフ、もう終わりですから。
吸い込んでおきましょう。

Daniela110105

バターをからめたタヤリンに白トリュフ。
季節のある食材って、いいもんだ。

Daniela110107

中勢以熟成豚のわら蒸し焼き。

緑のソースは春菊だったか。

Daniela110106

いやー、中勢以熟成の肉は、やっぱり凄いわ。
旨味の塊。
そこに藁の燻製香がかぶさる。

まだ食べたりない!というわけで、戻りましょう。

Daniela110108

ラディッキオ(ラディッキオ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾ・タルティーボ)をアンチョビソースで。
アンチョビとラディッキオの苦味の組み合わせが好き。
というか、好きなもの同士の組み合わせ。

Daniela110109

アニョロッティ・デル・プリン。
鹿や猪など、野性味ある肉が詰まった奥が深いアニョロッティをセージバターとパルミジャーノで。
これも美味しいなあ。

ハデな料理ではないけど、素材の味を旨く引き出して、ますます美味しくしている。
頃合が良いというか。

わざわざ遠方はるばる食べに行ったり、前々から予約をしてという店ではないが、近所にあってほしいし、ついでがあったら、また食事をしたい。
こっち方面に住んでいる人との急な食事のとき、リクエストするだろうな。

さらに、自分はグラスのワインを1杯、友達はティラミスを食べて、2人で合計17,000円くらい。

« 山利喜 | トップページ | ロオジエ 今のうちに »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ