« Ryuzu | トップページ | バカール からの ラボ »

2011年1月31日 (月)

イリゼ頼り

相変わらず、「今日、何食べます?」で「洋モノ」という時の頼りはイリゼ。

Irise110101

お通しはホタルイカ。
オリーブオイルでマリネしてある。

Irise110102

天然ブリと大根のシフォナード。

青大根やら赤大根やらを細く切ったものと生なブリとの組み合わせ。
調味料で洋に。
こういう、日本人がぐっとくるような魚のあしらいが上手い。

Irise110103

ボトルでドメーヌ・デュ・プティ・マレルブの白。
シャルドネにソーヴィニョン・ブランが加えられている。

Irise110104

ひな鶏のガランティーヌ、フォアグラ・キノコ入り。
冷製。

Irise110105

下に酢漬けの赤キャベツがいるからか、さっぱりとして、フォアグラを重く感じない。
キノコの芯があるのにやわらかいような歯ごたえもアクセント。

Irise110106

トリップのトマト煮、グラタン仕立て。

Irise110107

ベロンと大きなトリップの、ボリュームある一皿。
処理がきちんとされているのと、トマトソースの爽やかさとで、するすると食べ進めてしまう。

イリゼの料理は、肉も魚も、どこかクリーンで、サラリとした仕上がりなので、罪悪感なく、胃に負担もなくいただける。
続けて食べても、常に美味しいと感じるような料理。

Irise110108

きんかんにフロマージュブランのアイス。

Irise110109

これはチョコレート系にフルーツは何だったか。

普段、デザートはパスすることも多いが、ここでは積極的に食べる。
他の料理同様に、軽やかなのだ。

« Ryuzu | トップページ | バカール からの ラボ »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ