« ロオジエ 今のうちに | トップページ | Ryuzu »

2011年1月30日 (日)

天星 (てんせい)

ツレヅレハナコさんのブログを見て、どうしても行きたいと思っていた店、天★(てんせい)。
場所は東高円寺。

Higashikouennjitensei110101

ハナコさんとスヌ子さんの2人と一緒に訪問する機会に恵まれる。
もう、食べる気も飲む気も満々だす。

Higashikouennjitensei110102

席に着くと、熱燗のサービスが。
寒い日にありがたい。

で、あったまったし、まずは湘南ビール。

Higashikouennjitensei110103

お通しはたら子の柚子風味、貝、柚子胡椒が入って和風なポテトサラダ。
この時点でもう感動。
どれも単体でオーダーしようかというほど美味しい。
期待が高まるな。

Higashikouennjitensei110107

すぐに日本酒へ。
とっても詳しいお店の方にお任せで1合ずつ出していただく。

まずは三重錦。
白濁した微発泡。

Higashikouennjitensei110108

刺身の盛り合わせ。
寒ブリ、マス、しめ鯖、イカ、ほんのり昆布じめされた赤貝。
それぞれがイチイチ美味しい。
刺身だって、やっぱり、店によって個性があるわけで。
ハマる店でだと、普段はあまり好まないモノにも喜びがある。

Higashikouennjitensei110109

この日特にオススメだというしめ鯖が秀逸。
鯖は脂がのりまくっていて、それをそのまま活かしたしめ加減。

Higashikouennjitensei110110

さかずきんというキャラを初めて見る。
日本酒が充実した居酒屋では馴染みであるらしい。

Higashikouennjitensei110111

3人だし、1合だと、すぐになくなるね。

白岳仙。

Higashikouennjitensei110112

がっこチーズ。

Higashikouennjitensei110113

ほんのり味噌(だったような)入りのクリームチーズに、刻んだ燻りがっこが混ぜ込まれている。
新鮮でいて完璧な酒のつまみ。

Higashikouennjitensei110114

ウルイとジャンボなめこのあったかお浸し。
出汁いいねえ。

Higashikouennjitensei110115

奈良萬。

Higashikouennjitensei110116

ツレハナさんが是非にという鶏レバーパテ苺のせ。

確かに!!これは食べなくちゃだわ。
レバーパテとはいえ、和風にアレンジしてあって、日本酒にぴったり。
しかも、合わせてくれたお酒がこの料理と素晴らしく調和していた。
でも、どっちだっけ?奈良萬?結人??

Higashikouennjitensei110117

結人。

Higashikouennjitensei110118

佃煮マスカルポーネチーズ和え。
この組み合わせ、なんで思いついたんだろう?
しかも合うって、どういうこと?
味付けなんかも工夫されているのだろうなあ。

Higashikouennjitensei110119

鳳凰美田。

Higashikouennjitensei110120

鶏胸肉粕味噌揚げ。
胸肉なのに、パサつかずしっとり。

Higashikouennjitensei110121

射美。

Higashikouennjitensei110122

色々野菜のガラスープ煮。
汁がうれしい。

Higashikouennjitensei110123

夢心。

Higashikouennjitensei110124

亀泉。

Higashikouennjitensei110125

日本酒も器によって味が変わって感じるんですよと、お店の方が教えてくれた。
同じお酒で試したら、本当に違うの。
そりゃそうだよな。
ワインはグラスを変えるのに、それを日本酒にまで応用してこなかった自分の浅さよ。

Higashikouennjitensei110126

白菜とかぶの塩昆布サラダ。
ゆず皮と胡麻がいいね。

Higashikouennjitensei110127

本白子の青森式。
温かい白子を葱と醤油であっさりと。

Higashikouennjitensei110128

八仙。

Higashikouennjitensei110129

ここのお店の名前はこれにちなんだとか。
天青。

Higashikouennjitensei110130

マス醗酵バターソテー。
塩昆布と一緒にソテーされていたり、付け合せがかぶのソテーだったり、日本酒に合う味にするためのそういう工夫がいいんだよなあ。
奇にならず、必然性を感じるほど馴染んでいるし。

Higashikouennjitensei110131

シャモロックの出汁を使った(ような気がする)豆乳雑炊。
まさに今、食べたい味。しみるのう。

Higashikouennjitensei110132

喜久酔。

Higashikouennjitensei110133

卵好きなお2人はシャモロックの卵かけご飯。

この日はシャモロック自体がなかったのが残念。
でも、存分に満喫。
絶対に再訪するから大丈夫。
きっと来たいという友達が他にもいるはず。

ツレハナさん、ご案内をありがとうございました!

Higashikouennjitensei110134

スヌ子さんから素敵なお土産まで頂戴し、にっこりと帰途に。

が、電車の中でまたしても寝落ち。
気がついたら池袋。
家方面への電車は終了しておりましたとさ。

日本酒は眠りが深くなる気がする。

« ロオジエ 今のうちに | トップページ | Ryuzu »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ