« L'osier 最後のクリスマス会 | トップページ | 2010年最後のお店ご飯@ラボ »

2011年1月 9日 (日)

トスカネリアで忘年会

忘年会と言っても、3人。
年末、レストランが休みに入る前にいっときましょうということで。

恵比寿のトスカネリア。

Tosaneria101201

スプマンテをいただきながら、メニューを選ぶ。

自家製パンをついつい食べちゃう。

Tosaneria101202

ワインはボトルで、まずは白を。
お薦めに従い、サンジェルヴァシオ。
予算を伝え、酸味が少なく、甘くないもの、でも、しっかりしていることというリクエスト。
自然派だけどビオ臭はほとんどなく、ビオが苦手な人も満足。

Tosaneria101203

寒い日に温かいポタージュのお通しはありがたい。
にんじんの。

Tosaneria101204

沼津産キンメのカルパッチョ、長野有機サラダ菜と北海道産いくらのサラダ仕立て。

Tosaneria101205

ガーリックトーストにのせた目玉焼き、アルバ産白トリュフがけ。
1人1つずつ。

Tosaneria101206

卵と白トリュフの組み合わせは鉄板。
うっとり。
ガーリックは控えめなので、トリュフの香りを妨げない。

Tosaneria101207

沼津産赤エビとルッコラのピリ辛トマトソースのリングイネ。
トマトとエビ、どちらも濃ゆい。

Tosaneria101208

島根県産イノシシと京都産白カブのラグーソースのパッパルデッレ。

こういうほっこりラグーは冬の楽しみ。
滋味豊かで、自分的にいかにもトスカーナな1品。

Tosaneria101209

赤ワインのお薦めを聞く。

Tosaneria101210

ラベルのモダンさと、マレンマという場所のミスマッチさが気になって、クエルチャベッラのモングラーナ 2008。

Tosaneria101211

ここに来たら、これを頼まずにはいられない!というわけで、ビステッカ・フィオレンティーナ。
ルーコラのサラダをプラスして。

アンガス牛はがっつり食べても、脂にやられたりしないから好き。
事前に「もしかしたら足りないかも?」と言っていた胃袋自慢たちも、さすがにこの肉の量で満腹に。

Tosaneria101212

そして、これも欠かせないランプレドット。
ポルチーニの。

他のセコンドも食べてみたいなあと思いつつ、この2つは欠かせないから、次回はもっと大人数で行かねば。

Tosaneria101213

ワインが残っていたので、パルミジャーノをサービスしてくれた。
うれしい心遣い。

Tosaneria101214

と、調子にのって、グラスワインを。
同じくクエルチャベッラのクエルチャベッラ 2007。
キャンティ・クラシコなんだね。

Tosaneria101215

自家製リモンチェッロや、

Tosaneria101216

グラッパたちまで。

Tosaneria101217

デザートは全く記憶なし。
写真見てびっくり。食べてたんですね。

店の大きさや男性客も多い大人な客層など、居心地がよくて、ついつい飲みすぎる。

« L'osier 最後のクリスマス会 | トップページ | 2010年最後のお店ご飯@ラボ »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ