« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

ピエール・ガニェール で ピエール・ガニェールの料理をいただく

ANAインターコンチネンタルホテル内のピエール・ガニェールでディナーをご馳走になるという幸運に恵まれた。
しかも、たまたまご本人来日中につき、ピエール・ガニェールさん自身によるスペシャルメニューだそうな。
こんな良いこと、もうないかもしれない…。

Gagnaire01_2

モダンな設えに高揚。

Gagnaire02_2

東京タワーが綺麗に見える席。
写真よりも実際のほうが大きく見えた。

Gagnaire03_2

生姜のクッキー、コーンチップ&クリーム、ルッコラのフィナンシェ、シナモン味スティックの刺さったエストラゴンのギモーブ。

Gagnaire04_2

グラスのシャンパンはルイ・ロデレールかクリュッグか。
クリュッグを飲む幸せ。
やっぱり美味しいなあ。

Gagnaire05_2

パンは4種類。
これはカンパーニュ。

バターはエシレの塩なしと、ルーコラバター。
このルーコラバター、試しに1口食べたっきり。
なくてもよい。

Gagnaire06_2

ナッツやドライフルーツの入ったもの、酸味の効いたもの、チャバッタ。

Gagnaire07_2

まずは白ワインをグラスで。
女性のソムリエさんに料理に合いそうなものを選んでいただく。

シャトー・タルボのカイユ・ブラン 2006。

Gagnaire08_2

濃い黄色、熟成した香り、でも酸味は強い。
それだけではどこか足りない気がしたが、料理と合わせたら俄然美味しくなった。

Gagnaire09_2

そうだった。
ピエール・ガニェールは1度に複数の皿が出るのだ。

Gagnaire10_2

パースニップスのヴルーテと菊芋のジュレ、サラダ菜で包んだオシェトラキャヴィアを添えて。

Gagnaire11_2

サラダ菜の中にも菊芋が別の方法で調理されたものが。

Gagnaire12_2

不思議なゼラチン状のもので覆われたスープは、パリ風ブイヨン(マッシュルーム、根セロリ、フヌイユ、フレッシュハーブ、タラバガニ)。

Gagnaire13_2

蟹充満。
マッシュルームや根セロリ、ハーブが芳しい。
カイユ・ブランと良く合う。

Gagnaire14_2

天然真鯛とクミンの香る人参のムースリーヌ。

Gagnaire15_2

さらに3皿。

Gagnaire16_2

今度のグラス白はオリヴィエ・ルフレーヴのムルソー 2006。
白い花の香り。
単体でも楽しめるワイン。

Gagnaire17_2

貝のマリニエール。

Gagnaire18_2

ホタテ、赤貝、平貝、つぶ貝…だったかな?あともう1種類はなんだ?
海の香りと貝ならではの歯ごたえを満喫。
バターソースで磯臭さに転ばず洗練されている。

Gagnaire19_2

キャベツで包まれたのは、

Gagnaire20_3

イベリコ豚とアンディーブ。

Gagnaire21_2

ポタージュ・キュルティヴァトゥール。
野菜の甘さがじんわりと染みるスープ。

Gagnaire22_2

ボリュームのある料理がやってきた。

Gagnaire23_2

メヌケのヴァプール、クレソンのサラダ、レモンコンフィーとケッパーと共に。

良質なバターをたっぷりと使ったソースはフランス料理らしい。
レモンと大粒ケッパーがさっぱりと清涼感。
メヌケのむっちりとした質感も加わり、重層的で口飽きない。

モダンなのに、それぞれの料理にしっかりと伝統と基本を感じられるのが、ガニェールの好きなところ。
このソースなんて、まるでフランスにいるような錯覚に陥る。

Gagnaire24_2

黒大根、赤カブのサラダにはみかん(オレンジ?)のソース。

Gagnaire25_2

珍しく1品で登場。
トリュフの香るオニオンのペタル、リンゴのセミ・コンフィー、クリーム・アルブフィア。

Gagnaire26_2

濃厚な中にリンゴの甘酸っぱさ。

Gagnaire27_2

肉料理には、ボトルの赤を。
ロシニョール・トラペのジュヴレ・シャンベルタン 2005。

このソムリエさん、コミュニケーションが取りやすくて、お勧めしてくれたものは全てカチっとはまった。

Gagnaire28_2

ピノ・ノワールは美味しいねえ。

Gagnaire29_2

肉料理はストゥーブに入ってやってきた。

Gagnaire30_2

Gagnaire31_2

鴨のフォアグラのロースト、ピュイ産緑レンズ豆、ベーコンとモリーユ茸、マスタードの効いた赤ビーツのアクセント、薄切りにした鳩胸肉の黒コショウ風味。

Gagnaire32_2

見た目通りに濃いのだが、茸の芳香、レンズ豆のサクサクした歯ざわりや赤ビーツの酸味でするすると食べてしまう。
フランス料理を食べていることを実感できる。

Gagnaire33_2

いつの間にか、東京タワーの電気が変わっている。
なんの意味だろう?

Gagnaire34_2

モッツァレラのアイスクリーム、とろみと辛味を効かせたグレープフルーツジュース、タンドリーの香るマンゴーと共に。

Gagnaire35_2

奥はモン・ドールフォンデュ、トリュフとヴァン・ジョーヌ風味。
この緑のはなんだったかねえ?

Gagnaire36_2

デザートワインにドメーヌ・カズのミュスカ・ド・リヴザルト。

Gagnaire37_2

ここら辺りから、記憶が薄い。
写真だけはやたらに撮っている。

Gagnaire38_2

Gagnaire39_2

Gagnaire40_2

Gagnaire41_2

Gagnaire42_2

Gagnaire43_2

Gagnaire44_2

Gagnaire45_2

Gagnaire46_2

次の日、「デザートは3皿でしたよね?」というメールをいただくが、お互いにカメラに残っていた写真を見てびっくり。
ずいぶんとデザートがたくさんあるのに、味の記憶がほとんどないというもったいなさ。

それにつけても、素晴らしく贅沢な体験をさせていただき、ありがとうございました!!

2011年2月23日 (水)

いただきものとある日の夕食

Choccolato110201

ドイツの雪山からお帰りの方からいただいたお土産は、かわいいパッケージのチョコレート。

Choccolato110202

何度も名前を教えてもらったのに、やはり覚えられない。
Garmisch-Partenkirchner村らしいが、なんと読む?
雪リゾートでドイツでは有名とのこと。

Choccolato110203

黄色い箱はホワイトチョコレート、青はミルクチョコレートで、裏面に各種ハーブがみっしりと付いている。

ミルクチョコレートをいただいたところ、チョコレート自体が甘ーくて、ハーブのトゲトゲしさを包み、でも、ハーブの芳しさは残っている。
美味しい。
ありがとうございます!

Vinoallacama110201

ある日の夕食。

アニエス&ルネ・モスの赤、アンジュー 2009。

Vinoallacama110202

スヌ子さんからいただいた福島のウニの貝焼き缶詰が旨い。
ウニの生臭さがなくなっている。
海岸で深呼吸をしているような磯の香りと深いコクはしっかりと。
口当たりはツブツブ。

これには日本酒でしょう。

Vinoallacama110203

茨城県笠間の二波山、松緑。

Vinoallacama110204

和洋入り乱れて、ワインと日本酒を同時進行で。

Vinoallacama110205

この間羊会で飲んだものが、たまたま家にあったので、これも。

ミル・ローズのレ・サンソー 2009。
羊会ではどこか飼い葉っぽいような獣臭が個性を放っていた気がするのだが、家で開けたら冷たくて硬かった。
ちゃんと時間を置いてあげるべきだったな。

Vinoallacama110206

シンガポールのお土産でもらった甘辛い麻薬的なポークジャーキとチョコレート(ハーブのではないもの)を合わせている人あり。
なかなか合う。

2011年2月20日 (日)

天星 (てんせい) 再訪

近くに来たので寄らないでは帰れず、天★に再訪。
2人で。

Tensei110201

湘南ビールのバレンタイン用チョコレートビール。
黒い色で、確かにチョコレートの香り。

Tensei110202

お通しはゲソ煮。
冬のサービスで熱燗1杯付き。

Tensei110203

シャモロックは腿や内臓が欠品していたので、手羽元の塩焼きを。
肉自体の味が濃いなあ。

Tensei110204

日本酒を1合ずつオススメで出していただく。

まずは豊香。

Tensei110205

刺身の小盛り。
2人なら、2切れずつ出してくれるという心遣い。

確か、たいら貝、赤貝、寒ブリの酢〆、初鰹の塩たたきはからしで、寒鰆炙り刺、カマス炙り刺。
それぞれ、一仕事されていて、個性が引き出されている。

Tensei110206

パクチーと春菊のサラダ。

Tensei110207

而今。

Tensei110208

牡蠣の山椒煮オムレツ。

Tensei110209

卵の中には牡蠣がごろごろと。
卵の甘さ、山椒の辛味、牡蠣のほろ苦い旨味。

Tensei110210

カマンベールの葱味噌焼き。
カマンベールに葱をのせて焼いた上に、蜂蜜とシソ。
やはり組み合わせの妙と巧み。
全ては日本酒のためのつまみ。

Tensei110211

奈良萬。

Tensei110212

玉葱はさみ揚げ。

Tensei110213

シャモロック豆乳茶漬け。

Tensei110214

菜の花塩焼き。

Tensei110215

結人。

Tensei110216

シャモロックガラスープのラーメン。
生姜が効いている。

何を食べても飲んでも美味しい。
これで、1人5,000円ちょっと。
東高円寺でも仕方がない。

羊会

ツレハナさん 主催の羊を丸ごと食べる会。
場所は池袋のディープなアラビア料理店、月の砂漠

この日集まったのは、羊を丸ごと食べたいと思うツワモノたち26人。
ツレハナさん以外は、みんなお互いにほとんど初対面。
もちろん、どこかネジが外れたような(良い意味で)食欲に占領された人格揃いで、知らないもの同士とは思えない異常な盛り上がり。
いやー、楽しかった。

twitterでフォローしあっていたり、ツレハナさんやスヌ子さんのブログ、このブログまで読んでくださっている方々も多く、会ったことはないが、なんか知っているという人たちの集まりだからというのもあるかもしれない。
胃袋つながりの縁と業の深さを知る。

Hitsujikai01

池袋の駅近く、雑居ビルの裏側の階段を上がった2階、知らなきゃ絶対に入らない店。
この日は、我々の会と、もう一つの団体で満員。
そちらの会はアラブ系の男性集団。
間違えて30分前に到着してしまい、「まさか、この団体!?ツレハナさんならありえる気がする」と不安になったが、違いました。

Hitsujikai02

小学生と思われる女の子がお手伝いしていたり、アットホーム。
料理に関しても、丁寧に説明してくれる。

Hitsujikai03

ヨーグルトのサラダ、ひよこ豆のサラダ、胡麻とハーブをあわせたもの。

Hitsujikai04

最初、なんだコレと思ったが、胡麻とハーブが混ざったものにオリーブオイルを加えてから口に入れると、こおばしく、美味しい。

Hitsujikai05

サラダ。

Hitsujikai06

パンもその場で一枚ずつ温めて出してくれる。

Hitsujikai07

スープの器がそそる。

Hitsujikai08

パスタの入ったスープ。

Hitsujikai09

ファラフェルは味が付いていて、ソースなどはなし。

Hitsujikai10

メインが登場。

Hitsujikai11

豪快だなあ。

結婚式の新婦に群がる列席者のように、カメラを持って群がる人々。

Hitsujikai12

羊肉のスープで炊かれたと思われるご飯と一緒に。

いかにも羊な、ダメな人には無理、好きな人にはこたえられない獣香、濃い旨味。
部位によって味が違ったりするのを存分に楽しむ。

デザートにはアラブらしいパイ生地の甘いお菓子。

Hitsujikai13

アラビア料理店なので、お酒の用意はない。
その分、持込み料は取られないので、1人1本お酒を持参。
そのうえ、ツレハナさんがビールを格安から1ケース届けさせてくれていた。
コップを1つ与えられ、そこに好みの酒を注ぎつつ飲む。

Hitsujikai14

ワインあり、日本酒あり。
他に泡も飲んだな。

いやー、笑った、しゃべった(あんまり覚えてないけど)。
ツレハナさんのつながる力、尊敬します。
みなさま、ありがとうございました!
またの機会に。

2011年2月17日 (木)

いのししの会@スヌハウス

イノシシが大量に届いたというスヌ子さんのつぶやきに食いついたところ、まんまとお誘いいただいた。

イノシシだけでなく、しまなみの食祭りであるらしい。

Cinghiale1

まずは、イノシシ(の雌?)をせとかというみかんのコンポートに漬け込んだ(と言っていたような気がする)もの。

Cinghiale2

イノシシの脂はサクサクしていてキレがよい。
でも、どこか獣っぽいスパイシーな味と鼻に抜ける香りがあり、旨い。
せとかコンポートの苦甘さと好相性。

Cinghiale3

熱した胡麻油がかけられたのは、

Cinghiale4

ポン酢で戻した切干大根と鯖缶、春菊のサラダ。
これ、箸休めに最高。わしわしいく。

Cinghiale5

これまた不思議な食材。
生姜じゃなく、菊芋だとか。
食べたことはあったけど、丸ごとを見るのは初めて。

Cinghiale6

スヌ子さんがピリ辛黒酢炒めにアレンジ。
さすが。
黒酢のこっくりした酸味とシャリシャリと歯ごたえを残した菊芋の絡みがよい。

Cinghiale7

こちらは市販の甘酢漬け。
ごぼうのような良い意味の土臭さがある。

Cinghiale8

もちろん、イノシシは塩豚のように塩して置いたものを焼いただけでも美味しい。
柚子胡椒や花椒味噌とでも。

Cinghiale9

いくら脂があっさりしていると言っても、煮ればアクが大量に出る。

Cinghiale10

味噌ぼたん鍋。
キャベツとちぢみほうれん草入り。

Cinghiale11

これは滋味深い…。

イノシシは胃に軽く、豚よりもたくさん食べられる気がする。

Cinghiale12

その場で挽いた肉でトマトソースのイノシシラグー、ペンネリガーテ。
やっぱり、旨味が濃くて美味しいなあ。

Cinghiale13

この日は日本酒。
5人とはいえ、1升瓶があっさりと空いているのには驚いた。

スヌファミリーの皆様、ご馳走様でした。

2011年2月14日 (月)

ロオジエ これが最後…

今のロオジエでお食事をいただくのは、これが最後だろう。

週末のランチで。

Losier110201

この独特の心地よい緊張感と高揚感も。

Losier110202

シャンパンはガティノワ。

Losier110203

うっすらとピンク色。
ピノ・ノワールらしい風味。

Losier110204

貝類にオーストラリアのリースリング。
ヘンチキ、エデン・ヴァレイ 1993。

Losier110205

甲殻類にローヌ、シャトー・ド・フォンサレットの白 1998。

Losier110206

貝類にレミ・ジョバールのムルソー 2006。

Losier110207

オレゴン、ウィラケンジー・エステートのピノ・ノワール、ピエール・レオン 2003。
アメリカのピノは力強いね。

Losier110208

ミッシェル・グロのモレ・サン・ドニ。
フランスとアメリカのピノの違い。

この日の料理は、それぞれが素材ごとに、人生で最高の皿であろうと思われる。
特に肉料理。見た瞬間にもう、悩殺された。
そして、あまりの美味しさに、本当に感涙しそうだった。
果たして、自分がここまで完成された仕事をしたことがあっただろうかと、自らを省み、戒めるほどに素晴らしかった。

Losier110209

この光景もこれが最後か。

Losier110210

しばらくコンテはお預けかもしれない。
3年熟成と4年熟成を食べ比べ。
他はモンドールやシェーブル。

Losier110211

はちみつ、いちぢくと杏。

Losier110212

チーズに合わせられたのは、なんとポルトガルのワイン。
プラッツ&シミントンのクリゼイア 2000。
言われないとポルトガルとはわからない素直な美味しさ。

Losier110213

口直しはプルーンのソルベ、リコリスのクリーム、洋ナシのゼリー。

Losier110214

これも見納め。

Losier110215

苺のヴァシュラン、カルダモンと黒胡椒の香り。

Losier110216

お隣はホワイトチョコレートとヴァニラのタルト、アーモンドシロップのシャーベット。

Losier110217

春を感じさせるシャリオ。

Losier110218

苺のプティフールがあった。

Losier110219

再開をお待ちしております。

いつもロオジエの会を開いてくださるご夫妻に、改めて感謝を。
2年後であろうとも、次を楽しみにしております。

2011年2月11日 (金)

Ryuzu 六本木

いよいよ、Ryuzuでのお食事。
雪の降る中でのランチ。
楽しみにしていたのだから、天気など関係ないのだ。

Ryuzu110201

高級感あふれる内装に合わせて、少しおしゃれした4人で。
めかせる店っていいね。 気分があがる。

Ryuzu110202

グラスシャンパンはドゥーツ。

料理はシェフにお任せの5,800円コースを。

Ryuzu110203

アミューズ・ブーシュは、きのこのフランの上にベーコンの泡、カリカリ細切れベーコン。

きのこの香りが濃厚。
美味しい店は、アミューズ・ブーシェから心を掴む。

Ryuzu110204

パンはどこのだろ?
中もっちりしっとり、周りカリっと程よく乾燥、という好みのバケット。

Ryuzu110205

フランス産ホワイトアスパラガスのババロアとずわい蟹のアンサンブル。

かわいい点々は茶色が甲殻類のソース、緑が野菜のソース。

Ryuzu110206

クリーミーで深い濃さのある白アスパラババロア、さらりとしたジュレ(甲殻類のだっけ?)、旨味満載の蟹の組み合わせが素晴らしい。
それらの異なる舌触り、ところどころで歯に楽しい小さな白アスパラの小片。

Ryuzu110207

この後の料理を考えた白のボトルをお願いする。
薦めてくれた2本の中から、アルザスのを。

ドメーヌ・シュルンバジェのテール・ダルザス 2008。
甘い香りとキリっとしまった味で、最後の料理までぴったりと合った。

Ryuzu110208

フランス産フォアグラのソテー、金柑のコンポートとルーコラをあしらって。

Ryuzu110209

焼き加減も完璧、塩も強すぎない。
金柑の甘さも丁度よく、全てにおいて具合がいい。

フォアグラは自ら頼む食材ではないのだが、この金柑との組み合わせは好きだ。

金柑のコンポートだけでも、瓶詰めで欲しい。

Ryuzu110210

長崎産サワラのポワレ、ズッキーニと生姜風味のコンディメントを添えて。

生姜&ケッパーのソースと、黒オリーブ&アンチョビのソース。

鰆は皮目パリパリ、中はしっとりと脂がのって、良い素材がますます美味しくなっている。

Ryuzu110211

メインは豚。
岩手産岩中豚ロース肉、しっとりと火を入れて、根菜のサラダと一緒に。

サシが入ったように脂が溶け込んだ豚は、ふわもちっとして濃厚な旨味が口にあふれる。
重くはなく、後味が軽い。

甘味のあるタレとも呼びたいようなソース、ほぼ生ながらうっすらと火が通っている野菜たちも秀逸。

Ryuzu110212

苺、ヴェルヴェーヌのジュレとピスタチオのクレーム、ミルクのソルベを添えて。

上の卵白焼きも美味しい。
このデザート、バランスがいい。好きだなあ。

Ryuzu110213

もちろん、お茶菓子だって美味しいわけで。

開店して間もないのに、料理にもサービスにも、驚くほどの安定感がある。
さすがですよ。
またすぐに来るだろうな。
というか、来たい。

次回は、もっとコッテリした料理をいただいてみよう。

2011年2月10日 (木)

さらに ラボ

また来た、ラボ。
家も会社も遠いのに。

Labo1102001

つぶ貝と菜の花のソテー。

まずは生ビールから。

Labo1102002

筍と2種のチーズ焼き。

手前はモンドールと柚子皮、奥はロックフォールと木の芽。
筍をこういう風に食べるのは初めて。
マネしてみよう。

Labo1102003

白ワインをボトルで。
デュ・ミュリネのクローズ・エルミタージュ、キュヴェ・マリーン。

Labo1102004

自家製アンチョビのサラダ。
アンチョビ好きなもので、かなりの確立でオーダー。
野菜の内容がそのときによって違うのが良い。

Labo1102005

赤のボトルは前にもここで飲んだマルティネルのグルナッシュ。

Labo1102006

ブーダン・ノワールの付け合せもそのときによって異なる。
ポテトピュレだったり、リンゴのソテーだったり。
この日は悶絶するほど美味しいタイム風味のトーストポテト&ローストガーリック。
ブーダン・ノワール、皮にナイフを突き刺すとはじけ、溢れ出すほどにやわらかで、コクがあった。

Labo1102007

デザートも、ここのは絶妙にお酒に合うんだよね。

ジャスミン茶のジェラート、まんま栗なうえ栗の渋皮煮(?)が入っている栗のクレームブリュレ、タルトタタン。

クレームブリュレの栗度は稀にも見ないレベル。

Labo1102008

クラシックな作りのタルトタタンは、飴色のリンゴがたまらん。

kiwi 料理教室第2回 その3

Kiwi110228

宴会の始まり。

Kiwi110229

ラブリーな食卓。

Kiwi110230

ヴァレンタインですものと、ピンクのスプマンテ。
ヴァンジーニので、ドライで甘くないから食事に向いている。

Kiwi110231

ブリとグレープフルーツのシフォナード。

オレンジでなく、グレープフルーツである理由を理解。
ブリの独特の脂の強さには、爽やかな苦味が必要だったのかと。
ディルも欠かせない。

Kiwi110232

美味しいオリーブオイルを振り掛けると、さらに味がまとまる。

Kiwi110233

こっくり白菜ポタージュは、カリカリベーコンを添えて。

Kiwi110234

やわらかでいて、旨味濃い。

普段、ベーコンを好んで取り入れないのだが、一緒にミキサーにかけたことで、ベーコンだけが立つことなく、馴染んでいて、美味しい。

Kiwi1102002

赤ワインは右のオーガニックなカオール。
ラカペル・カルバナックの。

左のピネレのは、肉料理に入れたもの。
入れる前に2つをみんなで飲み比べ、よりやわらかいラカペル・カルバナックを飲み、荒々しさのあるピネレを料理に入れることにしたのだ。

Kiwi110236

ポークのスパイシーチョコラグー。

レシピはスヌ子さんのブログで。

Kiwi110237

なにこれ!美味しい!!
しっかりチョコレート、でも辛い。
どこかナッツの風味を感じるのは、チョコレートは木の実だということか?
それとも、加えたごま油の効果か?
カルダモンの香りもあり、こってりしているのにベタベタと口に残ったりしない。

にしても、チョコレートが調味料として機能している不思議。
チョコレートを入れることに懐疑的だった人も、気に入るほどに。

Kiwi110238

もう、盛り上がっちゃってるから、みんなで割り勘して、ボトル開けちゃう。
ここに参加する人は、みんな揃って酒好き。
スヌ子さんのブログからやってきた人がほとんどなのだから、当然ではある。

というわけで、オー・ボン・クリマのヒルデガード。
ピノブラン、ピノグリ、アリゴテのミックスというのも納得の重層感のある白。

Kiwi110239

デザートは、苺と…ベーコン。
そして、料理に使ったシェリーまで飲み干す。

スパイスを添えるセンス。

Kiwi110243

ベーコンは、スヌ子先生が白菜ポタージュに使おうと出したところ、燻製名人なる人が作った無添加の、見るからに美味しそうなベーコンで、みんな揃って「それは酒のつまみに!」と懇願し、取っておいたもの。

そんな参加者の皆さんが素敵すぎる。

今回が初めての人々も、なんだか近く感じてしまうのは、美味しいもの好きで、しかも好きなテイストが合うからなのでは。
それぞれにみんなが美味しいネタを持っていて、面白いんだよね。

Kiwi110241

いきなり白い粉を取り出す人あり。

Kiwi110240

コレ、ヤバかったです。

Kiwi110242

ポン酢談義に花が咲く。

今回も強烈に美味しく、楽しいお教室でございましたとさ。
ありがとうございます!

2011年2月 9日 (水)

kiwi 料理教室第2回 その2

肉料理を作りながら、他の料理も同時進行。

Kiwi110216

こっくり白菜ポタージュ。
冬には何かと食べる機会が多いが、案外残ったり、調理法もアジア系に偏ったり。
そんな白菜を洋風にいただこうというメニュー。

Kiwi1102001

白菜にベーコンを重ね、シェリーを回しかける。
もちろん白ワインでよいそうだが、シェリーなら、開けた後、しばらく置いておけるでしょと。

しかしながら、このシェリー、結局我々が飲みつくしてしまったのだった…。

Kiwi110217

しばらく蓋をして火にかけていると、白菜から汁が出て、かさも3分の2くらいに。

Kiwi110218

そのまま蓋をして、芯までとろとろにするべく、しばらく放置。

Kiwi110219

ベーコンごとミキサーにかけてしまうんですか!?

仕上げに牛乳。
クリームでも、豆乳でも良いが、牛乳であるには理由があるのだ。

Kiwi110220

肉料理の付け合せはとろけるマッシュポテト。

粘り気歓迎で、あえてメークイン。
ああ、ここでもバター、そして牛乳。

Kiwi110221

なめらかになったところで火にかけ、粘り気を出す。
実際にこれをするのは、盛り付ける直前なのだけどね。

Kiwi110222

ブリとグレープフルーツのシフォナード。

ブリが前日購入であった場合、臭いを取るため、塩と酒を振って放置。

Kiwi110223

薄く切ったら、グレープフルーツの果汁とうすくち醤油を合わせた中にしばし漬け込む。

醤油はもちろん、油やスパイスなど、調味料にも興味津々。
みんな写真を撮る。

Kiwi110224

ピンクと普通のグレープフルーツも同じ大きさに切る。
他の料理の進みを見つつ、赤い大根(?または普通の大根)の千切りとディルと一緒に盛りつけ開始。

Kiwi110225

器もかわいい。

Kiwi110226

すべての料理が出来上がりましたよ!

Kiwi110227

空腹全開、しかも良い香りが充満。

2011年2月 7日 (月)

kiwi 料理教室第2回 その1

kiwiになってから2回目のスヌ子先生料理教室。
2月だからか、妄想炸裂のテーマで「愛が深まる(ハートマーク)バレンタインディナー」と。
常に劇がかった恐ろしい子、スヌ子先生らしい。

Kiwi110201

男性よりも、むしろ女性受けするかわいいセッティング。
自己紹介や段取りの説明の合間に、お茶。

Kiwi110202

チョコレートはスヌ子先生が福島で買ってきたという「めひかり塩チョコ」。
めひかり本体が入っていなくてよかった。
普通に美味しい塩入りチョコ。

Kiwi110203

フランスパンに未精製のミルキーなはちみつとマスカルポーネを盛って。

お茶菓子からして、すでにセンスが光る。

Kiwi110204

さあ、甘いかわいい世界は塊の肉で打ち破られる。

ポークのスパイシーチョコラグーからいくそうな。

Kiwi110205

塩胡椒の後に甘くないココアを揉み込む。

Kiwi110206

すでにそそる。

Kiwi110207

バターの量に一瞬たじろぐ。

玉葱、エシャロット、にんにく、生姜、そしてたくさんのマッシュルーム。

Kiwi110208

他の料理を進めつつ、丁寧に炒めること30分。

Kiwi110209

カイエンヌペッパーと言いつつ、一味唐辛子。
しかも原了郭。
ワインはたっぷりで煮詰める。

Kiwi110210

なんと!ごま油!!
味をまとめるのだそう。

こういう自由な発想に、毎回驚かされる。
で、食べてみると、確かにそれが必要なのだ。

Kiwi110211

ソースの仕上げはチョコレート。

Kiwi110212

けっこうたっぷり入れるのね。

Kiwi110213

肉を炒めるのにも、バターを…。

Kiwi110214

こんがり両面を焼いたら、ソースの中へ。

Kiwi110215

ソースの熱で、芯まで火を通す。

どんな味なんだろう?
すでに香りは素晴らしいのだけど、一味唐辛子とチョコレート??
みんな、不安だったり楽しみだったり。

ところで、肉の煮込み料理って、女性よりも料理上手な男性が作ったほうが、アピール力が強い気がするのは私だけか?

2011年2月 4日 (金)

またまた ラボ

1週間と置かずにラボ。
ま、この間は食べていないしね。
当日どころか、これからどこ行く?てな感じでラボに突撃。

Labo110201_2

まずは福島の地ビールな生ビールを飲みつつ、自家製アンチョビのサラダ。

Labo110202_2

ワインはグラスで。
コート・デュ・ローヌ、レ・クロ・デュ・カイユの。

Labo110203_2

オニオングラタンスープ。

このマグカップ、そこからダレるチーズ、そそるなあ。
生姜が香り、ぎんなんやしじみ入り。

Labo110204_2

豚足は細かいパン粉がまぶされて、こんがりきつね色。
たっぷりなセロリなどの香味野菜、トマト、エストラゴンで爽やかささえ感じさせるオランデーズソースと。

Labo110205_2

豚足を食べるとき、唇がペタペタするするのがうれしい。
コラーゲン摂取してますよという気休めだね。

ここの豚足は、オランデーズソースであっても、胃にもたれたりしない。

Labo110206_2

グラスで濃い目の赤ワインを頼んだところ、ラ・トゥール・デュ・ボンのバンドル。

Labo110207_2

里芋の入ったトマト味ラグーソースで食べる手打ちパスタ。

さらに1杯飲んで、終電に走る。
本当に、ラボはいい店だなあ。

2011年2月 3日 (木)

バカール からの ラボ

先月は棚からぼたもちバカールがあったので、月2回バカールに行けるという幸運っぷり。
転がし上手なサービスの方は、濃ゆいのに、飽きさせない。
むしろ、ますます楽しい。
もちろん、料理も。
予約が取れなくても、仕方がないと思う。
そりゃそうだ。

Bacar1101201

この前にRyuzuのオープニングでアペリティフをいただいてきたので、最初から赤を。
おすすめにしたがって、値段の割りに満足度が高いというチリのコノスル。
特別に専用畑のぶどうで作られるリミテッド20バレルエディションのピノ・ノワール 2008。

Bacar1101202

コースながら、追加料金などもありつつ、アレンジしてくれる。
そういう自由さも、バカールの良いところ。

こんな赤座海老を見せられたら、頼まないでいられないじゃないか。

Bacar1101203

パンはいつもの通りやってくる。
結局、ほぼ毎回、ブリオッシュを頼む。

Bacar1101204

ウニと…ジュレはなんだっけ?
白いのは根セロリピュレ。
根セロリ好きだ。
まとまっていてまろやかだけど、それぞれの個性も立っているというコンビネーション。

Bacar1101205

赤座海老の菜園仕立てがドーン!
多種類の野菜が海老を取り巻く。
揚がる色彩とボリュームだ。

Bacar1101206

甲殻類らしい濃縮味。甘さと焼けた殻のこおばしさ。
肝ソースでますます海老。

Bacar1101207

こちらのスペシャリテの一つでもあるバーニャカウダの蟹ソースまで出してくださった。
蟹海老甲殻類の旨味満喫。

Bacar1101208

そんな料理に赤は合わないので、グラスで白をいただく。

オリヴィエ・ルフレーヴのピュリニー・モンラッシェ。
しっとりとして華やかさもコクもある香りで、さすが、甲殻類ともよく合う。

Bacar1101209

表面カリっ中トロっの白子のムニエルは白アスパラを添えて。
トマトとケッパーの焦がしバターソース。

Bacar1101210_2

メインはこんなですよと、ストゥーブで焼かれたばかりのところを見せてくれるのも、お楽しみ。
この喜びのために、できるだけみんなで同じものをオーダーする。
肉は塊で焼いたほうが美味しいと聞くしね。

Bacar1101211

イベリコ豚のロースト。
甘いハシバミの香りの脂。

Bacar1101212

骨の周りの肉の団子。
これがまた、場所の異なる肉の色々な旨味・歯ごたえが混ざっていて、美味しい。

Bacar1101213

飲み足りないので、グラスの赤も追加。

レ・ディフェーゼ 2008。

Bacar1101214

待ってました。
満腹に近づいていても、これを目の前に出されると、空腹な気がしてしまう。

鴨とトリュフの鉄鍋ご飯。

Bacar1101215

よく混ぜていただく。

Bacar1101216

牡蠣とブルゴーニュバター。

Bacar1101217

この香り…。

Bacar1101218

この季節限定のオレンジ(名前の記憶欠如)のクレームブリュレ、アイス。
ああ、やはりデザートについての詳細を失念しがちだ。

Bacar1101219

ヘーゼルナッツだったかねえ。

Bacar1101220

バナナとキャラメル、そしてパイ。

Bacar1101221

これ、すっきりするようにと食べすぎ気味な我々に出してくれたのだけど、さっぱり覚えていない。

Bacar1101222

いつもの生キャラメル。

さて、美味しくて盛り上がって、でも、始めたのが18:00だから、まだ早い。
このまま帰りたくない!ということで向かったのは、近所のラボ。
だって、バカールの後で、この多幸感と贅沢した舌を盛り下げないためには、ラボぐらいでないとダメなのだ。

Bacar1101223

モヒート。

Bacar1101224

満腹のはずなのに、なぜか美味しくいただいてしまうソーシソン盛り合わせ。

Bacar1101225

グラスの白ワインまでいただく。

はーーーー、楽しい夜だった。

Bacar1101226

ご一緒してくださった方々は、いつも素敵な手土産をくださる。

これは話題になっているというご飯のお供。
そのままでも肴になる。

Bacar1101227

北海道からは、かりんとうの中にチョコレートが入った新しい美味しさのお菓子。

いつもありがとうございます。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ