« kiwi 料理教室第2回 その2 | トップページ | さらに ラボ »

2011年2月10日 (木)

kiwi 料理教室第2回 その3

Kiwi110228

宴会の始まり。

Kiwi110229

ラブリーな食卓。

Kiwi110230

ヴァレンタインですものと、ピンクのスプマンテ。
ヴァンジーニので、ドライで甘くないから食事に向いている。

Kiwi110231

ブリとグレープフルーツのシフォナード。

オレンジでなく、グレープフルーツである理由を理解。
ブリの独特の脂の強さには、爽やかな苦味が必要だったのかと。
ディルも欠かせない。

Kiwi110232

美味しいオリーブオイルを振り掛けると、さらに味がまとまる。

Kiwi110233

こっくり白菜ポタージュは、カリカリベーコンを添えて。

Kiwi110234

やわらかでいて、旨味濃い。

普段、ベーコンを好んで取り入れないのだが、一緒にミキサーにかけたことで、ベーコンだけが立つことなく、馴染んでいて、美味しい。

Kiwi1102002

赤ワインは右のオーガニックなカオール。
ラカペル・カルバナックの。

左のピネレのは、肉料理に入れたもの。
入れる前に2つをみんなで飲み比べ、よりやわらかいラカペル・カルバナックを飲み、荒々しさのあるピネレを料理に入れることにしたのだ。

Kiwi110236

ポークのスパイシーチョコラグー。

レシピはスヌ子さんのブログで。

Kiwi110237

なにこれ!美味しい!!
しっかりチョコレート、でも辛い。
どこかナッツの風味を感じるのは、チョコレートは木の実だということか?
それとも、加えたごま油の効果か?
カルダモンの香りもあり、こってりしているのにベタベタと口に残ったりしない。

にしても、チョコレートが調味料として機能している不思議。
チョコレートを入れることに懐疑的だった人も、気に入るほどに。

Kiwi110238

もう、盛り上がっちゃってるから、みんなで割り勘して、ボトル開けちゃう。
ここに参加する人は、みんな揃って酒好き。
スヌ子さんのブログからやってきた人がほとんどなのだから、当然ではある。

というわけで、オー・ボン・クリマのヒルデガード。
ピノブラン、ピノグリ、アリゴテのミックスというのも納得の重層感のある白。

Kiwi110239

デザートは、苺と…ベーコン。
そして、料理に使ったシェリーまで飲み干す。

スパイスを添えるセンス。

Kiwi110243

ベーコンは、スヌ子先生が白菜ポタージュに使おうと出したところ、燻製名人なる人が作った無添加の、見るからに美味しそうなベーコンで、みんな揃って「それは酒のつまみに!」と懇願し、取っておいたもの。

そんな参加者の皆さんが素敵すぎる。

今回が初めての人々も、なんだか近く感じてしまうのは、美味しいもの好きで、しかも好きなテイストが合うからなのでは。
それぞれにみんなが美味しいネタを持っていて、面白いんだよね。

Kiwi110241

いきなり白い粉を取り出す人あり。

Kiwi110240

コレ、ヤバかったです。

Kiwi110242

ポン酢談義に花が咲く。

今回も強烈に美味しく、楽しいお教室でございましたとさ。
ありがとうございます!

« kiwi 料理教室第2回 その2 | トップページ | さらに ラボ »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ