« ロオジエ いよいよ | トップページ | トスカネリア 満席 »

2011年3月30日 (水)

エノテカノーリオ・カルネヴィーノ

四谷三丁目のエノテカノーリオ・カルネヴィーノ。
名前の通り、肉とワインを楽しむイタリア料理店。
ワインは特にビオにこだわりがあるとか。

Enotecanorio110301

この日は、初対面の人が半分くらいいる6人の会合。
美味しいものを共有して、会が終わるころには、すっかり意気投合。
飲み喰いの好みが合う人々は、近いんですな。

Enotecanorio110302

禁酒中の方は、フレッシュで美味しいりんごジュース。

我々はワインをお任せで。

Enotecanorio110303

アルザス、ジェラール・シュレールのリースリング 2009。
実は、これはこれでSO2の入り具合が違う種類がいくつかあるとか。

Enotecanorio110304

モッツァレラチーズと静岡産の甘いトマト。

Enotecanorio110305

カルパッチョにはニンニクの香り。

Enotecanorio110306

エミリアロマーニャのアルベルト・アングイッソラ、CASE 2008。
微発泡の赤。
そうか、ランブルスコの地方だ。

Enotecanorio110307

いかにもシチリアらしいボトル。
バローネ・ディ・ヴィッラグランデのSCIARA 2005。
メルローとネレロ・マスカレーゼ。
いちごジャム。

Enotecanorio110308

白いんげん豆入り羊のラグーはポレンタと。
ポレンタいいねえ。

Enotecanorio110309

ラ・ストッパのアゲーノ 2006。

Enotecanorio110310

いかにもビオな色と還元臭。
これはこれで好き。

Enotecanorio110311

ポルチーニとシメジのパスタ。
茸出汁がこれでもかと。

Enotecanorio110312

アルベルト・テデスキのピニョレット 2008。

Enotecanorio110313

うわー!!シャトー・ピション・ロングヴィル、コンテス・ド・ラランド 1993!!
まっとうに美味しい。
明らかに違う次元。そりゃそうだ。

Enotecanorio110314

ハイ、やってきました。
牛リヴロースと馬ハラミ。

馬ハラミのジューシーな赤身ぶりが旨い。

Enotecanorio110315

牛頬肉煮込み、牛舌、豚脳みそフリット。

Enotecanorio110316

ラルコのパリオ。

Enotecanorio110317

デザート盛り合わせを皆でつつく。

Enotecanorio110318

エスプレッソも美味しい。

期待以上の店。
コストパフォーマンスもやたら良い。
いやー、楽しかった。

« ロオジエ いよいよ | トップページ | トスカネリア 満席 »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ