« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月22日 (金)

ツレヅレハナコのトルコ料理レッスン

この人のトルコ旅行記や、家での現地の味再現っぷりを見て、涎をダラダラたらしていた人も多いだろう。
もちろん、わたくしも。
というわけで飛びついたのが、ツレヅレハナコのトルコ料理レッスン@kiwi

Hanako110401

イスラム圏っぽい設えで、あがる。

トルコのお菓子と、トルコの紅茶をいただきながら、本日の流れの説明。

Hanako110402

黄色いのが胡桃あん入りのバクラバ、グリーンのがピスタチオのお菓子、フストゥクサルマ。

どちらもバター満載なうえ、シロップでひたひた。
あまーい!が、スパイシーでもあり、クセになる。

Hanako110453

中野の専門店だとか。
専門店って・・・需要あるんですね。

パッケージも、いかにもあちら。

Hanako110403

気分を盛り上げる小道具、その1。
ドライオクラだそうな。
オクラとは思えない小ささ。長くない。

Hanako110404

その2、茄子。皮だけ。
トルコでは詰め物に使うそう。

Hanako110405

見慣れない食材が並んでる。

Hanako110406

まずは、羊の挽肉から。

Hanako110407

挽肉と玉葱、そして、大量のクミンとミント。
ちょっと多目かな?と思ったところから、さらに倍、くらいの気持ちで。

Hanako110408

ナツメグ、塩、胡椒、生米も入れて、混ぜるべし。

Hanako110409

けっこうよく捏ねる。

Hanako110410

ピーマンのヘタを取り、詰める。

Hanako110411

さあ、みんなでやってみよう!

Hanako110412

蓋は半分に切ったプチトマト。

Hanako110413

トルコのトマトペースト登場。
でっかい缶に入って売られているのだそう。
トルコ家庭における醤油的な調味料。
そのまま舐めても美味しい。
これでお酒飲めるねと。

Hanako110414

トルコ料理って、オリーブオイルばかり使うのかと思っていたが、けっこうバターを使うのですな。

Hanako110415

羊詰めピーマンは縦にみっしりと並べること。

Hanako110416

かわいい。

Hanako110417

で、肩まで浸からせる。

Hanako110418

火にかけて、放置。

次行きましょう。

Hanako110419

トルコのレンズ豆の皮を剥いたもの。
ひくくらいオレンジ。
舌が染まりそうだが、そんなことにはならない自然の色だと言う。

Hanako110420

野菜を刻み入れ、

Hanako110421

ペーストも入れて、

Hanako110422

豆がやわらかくなるまで煮込む。
時間はそんなにかからない。

Hanako110423

あ!ハナコさんのブログに出ていた、トルコのお袋スープ。
タルハナチョルバス。

Hanako110424

トルコでは、きゅうりの皮を剥くらしい。

Hanako110425

全ての野菜を同じ大きさに切ること。

Hanako110426

レモン、そしてオリーブオイル。

Hanako110427

さらに、スマックというスパイス。
初対面なスパイスなのだが、なんだか"ゆかり"みたいな風味。

Hanako110428

ディルもたっぷり。

Hanako110429

そのうちに、ピーマンは美味しく煮えておる。

Hanako110430

レンズ豆も。

Hanako110431

ブレンダーで粉砕。

Hanako110432

スープに欠かせないのが、ミントバターなのだとか。

大量のバターを溶かし、ミントをざばっと投入。

Hanako110433

よく香りを出す。

もう、この香りだけでパンをわしわし食べられる。

Hanako110434

スープに混ぜると、なぜか黒い。

Hanako110435

トルコの白チーズ。
出しやすいよう工夫がある容器入り。

ギリシャのフェタチーズのようだが、オイル漬けでなく、乳清に入っている。
けっこう塩が強い。

Hanako110436

チーズは手でポロポロとほぐせる。
パセリのみじん切りを混ぜ、春巻きの皮で細く巻く。
細くというのがポイント。

現地では春巻きの皮ではなく、ユフカという薄い小麦粉生地で巻くそうな。

Hanako110437

高温の油で、カリっと揚げる。

Hanako110438

油の温度が低いと、中身が出てきますので。

Hanako110439

さあ、食べましょう。
いい香りを浴びまくってきたので、空腹が増長されている。

Hanako110440

ワインもトルコの。

カッパドキアのTurasan、白 2009。
しっかりとコクがあり、確かにトルコ料理によく合う。

Hanako110441

この日もメンバーが濃くて、盛り上がった。
笑ったなあ。

Hanako110442

レンズ豆のスープ。
レモンを絞っていただくこと。

確かに、ミントバターが不可欠。
どこかぼんやり感もあるレンズ豆が、奥深く、締まってる。

Hanako110443

白チーズも追加した羊飼いのサラダ。

味が馴染んでいるし、同じ大きさに切り揃えられていると、確かに食べやすい。
スマック単体ではゆかり風味なのに、このサラダはしっかりトルコだ。

Hanako110444

メインは、ピーマンのドルマ。
水切りしたヨーグルトに、にんにくの摩りおろしを少しだけ加えたヨーグルトソースをかけて。

Hanako110445

米が膨らんで、みっちり。
やっぱり羊は深く捻りのある味になる。旨い。
ヨーグルトソースも欠かせないな。

Hanako110446

白チーズの春巻き。

Hanako110447

チーズのクセと塩加減で、酒が進むことといったら。

Hanako110448

Turasanの赤 2006。
開けてから、ちゃんと置いたほうがよい。

Hanako110449

こちらは、参加者のお1人が持ってきてくださった、みんなを感動させたワイン。

Hanako110450

ネクターを少し白くしたような白濁ピンクの液体。

山梨、四恩醸造のローズ。
これは新しい味。
ぜひとも買いたいし、他の種類も味わいたいし、このワイナリーを訪ねたい。

Hanako110451

貪欲さが止まらない参加者のために、スヌ子さんの即席おつまみが登場。
ミントバターで作ったトマト卵炒め。
美味しいにきまってるじゃないか。

Hanako110452

これは料理教室ですよね?

トルコのアニス酒、ラク。

アニス酒の中では、一番好き。
炭酸水で割っているのもあり、やわらかい口当たりで、くいっといける。

ハナコ先生のおかげさまで、トルコ家庭料理の美味しさがよーくわかりました。
今なら、トルコ料理が世界3大料理の1つであることに、全面的に賛成する。
別メニューでも、第2回をお願いします。

2011年4月16日 (土)

立石飲み

立石は居酒屋街として知られている。
最近、ツレハナさんのおかげさまで関東東側のお食事仲間ができ、やっと訪問することができた。

会うのは2回目だというのに、いきなりうひゃひゃという感じの3人で。
おもむろに下町居酒屋雑誌を広げて、行く店をセレクト。

Tateishi110401

で、最初は有名な鳥房。
時間が早めで、3分くらいしか並ばずに席につけた。

Tateishi110402

鶏皮を醤油と生姜で煮たお通し。
旨いねえ。

瓶ビールと。

Tateishi110403

鶏ポン酢刺し。

ピリリと唐辛子、ネギ、ポン酢で食す鶏刺し。
間違えの無い味付けだもの、プリプリと新鮮な鶏刺しで、旨いに決まってる。

Tateishi110404

1人半羽の鶏揚げオーダーが義務な店であった。
こんがりと、理想的な揚げ色の鶏半羽が各自の前に。

Tateishi110405

店のおばちゃんが手早く割いてくれる。

周りパリパリ、中しっとりと、さすがな揚げ具合なので、ビールをお代わりしつつ、難なく腹に収める。

残したい場合も、ビニール袋をくれるので、翌日の朝食(または昼食)用に持ち帰れる。

Tateishi110406

それで、3人で4千円いくかいかないか。

Tateishi110407

そそる町並みだなあ。

Tateishi110408

1人半羽の揚げ鶏を食べた後なので、ちょっと散策。

Tateishi110409

さあ、次。
素敵なマダムがいらっしゃる江戸ッ子。

Tateishi110410

カウンターが張り巡らされた広い店内。

Tateishi110411

「土曜は市場が休みだから、刺はないよ」というまっとうさ。
平日の再訪を誓う。

というわけで、タンを酢味噌で。
サクっと新鮮さを感じる。
酢味噌で食べるタン、いいね。

飲み物は、ボール(ハイボール)だ。

Tateishi110412

冷やしトマトとか。

Tateishi110413

焼き鳥も、いちいち旨い。
高級焼き鳥系ではなく、近所の焼き鳥屋として、帰りについつい買ってしまいそうな旨さ。
つくねは、よく練られた滑らかな食感。
肉の歯ごたえはないが、練り物が苦手な私でも旨いなあと思う。

Tateishi110414

レモン梅サワー。
キンミヤだね。

Tateishi110415

そろそろ汁気のある温かいものを。

と、おでんやへ。

Tateishi110416

焼酎が充実していて、しかも、驚くほどにお得。

Tateishi110417

大根、糸こん、昆布、はんぺん、豆腐。

写真を撮り忘れたのり。

Tateishi110418

あぶらげは水菜と。

Tateishi110419

もち。

塩辛くなく、じんわりと身体に染みこむようなおでん。
作りが丁寧で、どこか上品。
細部にまでこだわりを感じる。

Tateishi110420

日本酒は1種類。
本日はこちら。

Tateishi110421

酒盗チーズ。
そりゃ旨いでしょう。

毎回来たい店、おでんや。
次回は歩いていて気になる店にふらりと入ったり、立石を思いつくまま飲み食いして回りたい。
で、最後におでんやで落ち着くということで。
絶対に間違いのない店があれば、冒険も出来るというものだ。

いや、しかし、会うのが2回目とは思えない気楽さ。
面白かったなあ。

3軒飲み食いして、合計で、1人5,000円払わなかった。
立石は京成線という不便さからか、北千住よりも安い。
たびたび通わねば。

2011年4月11日 (月)

スヌ子家飲み

お誘いをいただき、スヌ子さんハウスへ。
まさにご一緒したいと思っておりました。

Snuhouse110401

途中で、飲みたいワインも見つけた。
J. Claude Rateauのブルゴーニュ 2006。
華やかでいて軽い。でも物足りなくはない充実した味。

Snuhouse110402

待望のスヌさんつまみ。

ホタルイカ、玉葱、オリーブ、ケッパー、ディル、青胡椒のサラダ仕立て。
さすがのコンビネーション。

チーズや生ハム、バゲットをいただきながら。

Snuhouse110403

他の参加者もお料理上手ゆえ、持ち寄り品も美味。
豚肉の煮込み。
こういうのをさっと持って来られるって、素敵だ。

Snuhouse110404

スヌ子さんが即席で作った鶏とジャガイモの炒め煮(?)。
ジャガイモ好きとしては、たまらない。

Snuhouse110405

アルザスなのに、魚拓!?
ドメーヌ・ミットナットのキュヴェ・ギョタク。
これ、甘い香りで深みがあるが、ベッタリしているわけではなく、舌に感じる甘さは強くない。
調べたところ、寿司に合うワインをと、リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリ、ピノ・ブランの5種類をブレンドしているとか。
納得。

Snuhouse110406

そろそろ麺の時間ですね。
というわけで出てきたのが、舞い踊りたくなるような芳香のパスタ。

Snuhouse110409

友達の置き土産、セターロのリングイネと、トリュフソース。
セターロのパスタは本当に美味しいよなあ。
旅立った先に向かって(のつもりで)御礼を言いつついただく。

Snuhouse110407

この間、料理教室で習った焼き味噌を豆乳で溶いて、小さな豆腐を浮かべたスープ。
旨いわあ。
じんわりと。

Snuhouse110408

時間の許す限り飲みましょうと、シチリア、フィッリアートのキアラモンテ 2008。
重さが、アルコールの回った身に最適。

Snuhouse110410

島根(でしたっけ?)から届いたという昆布。
炙ってつまみに。
塩が効いていて、日本酒が飲みたくなる。

残念ながら、日本酒を飲んでいる時間はなく、電車に乗るべく、いそいそと立ち去る。

ごちそうさまでした!!
こういうお誘い、いつでも大歓迎でございます。

2011年4月10日 (日)

the apartment

思えば遠くにきたもんだ。
池ノ上のワインバー、the apartment。

Appartment110401

鶏のレバーペースト。
濃い目で美味しい。

Appartment110402

高知産真鯖の木苺酢じめとグリーンサラダ。
ワインにも合わせられるしめ鯖。
サラダにもセンスが窺える。

Appartment110403

ビールの後、赤ワインをボトルで。
おすすめいただいた中から、ラ・ジェルラ、ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2007。

こちらのサービスの女性、あたりがやわらかいのに、オススメは的確。

Appartment110404

オーストラリア産仔羊の腿肉ロースト。
ローズマリー風味のポテト添え。

Appartment110405

新たけのこ、麦豚生ハム、トリュフクリームソース。
菜の花を添えてくれるところがうれしい。

Appartment110406

グラスの白ワインを。
本日の3本の中から、左のを。
シチリアの白ワイン、ヴァッレ・デラ・カーテのビディス。
パイナップル。

Appartment110407

兵庫産ホタルイカとふきのとう、ポモドリーニのスパゲッティーニ。
この組み合わせ、いいねえ。
ホタルイカのワタ的な苦味と、ふきのとうのアク的な苦味の組み合わせを丸め込むトマト。

Appartment110408

赤のグラスも。
右端のキャンティ・クラシコを。

Appartment110409

チーズの盛り合わせにも工夫とこだわりを感じる。

いい店だなあ。
池ノ上でさえなければ、頻繁に通いたい。
家からも会社からも遠すぎる。
気楽なビストロは、やはり、それなりに用事のある場所でないと。
近くに住んでいる人がうらやましい。

2011年4月 5日 (火)

kiwi 料理教室第4回

疲労している人が多いかもしれない、凝った料理を作る気になれないかも。
美味しいものを求める気持ちに変わりはないけれど。

Kiwi110401

そんなわけで、今回のテーマは「簡単にぎやか!作り置き小皿いろいろ」。

ラ・テールのいちごジャムなケーキをいただきながら、段取りの説明。

Kiwi110402

赤と黄色の組み合わせ、あがるなあ。

Kiwi110403

玄米を炊きながら、他の料理を仕込む。

後から考えると、この時、同時にペペローニたちも焼き始めたほうが良いのかも。

Kiwi110404

牛肉の薄切りにジンを揉みこませる。
ジンとは新鮮だ。
肉のやわらかさを保つとか。

Kiwi110405

弱火でゆるゆると火を通す。

Kiwi110406

中濃ソースをたっぷりと。
この日は丸々1瓶。

ジンとソースの組み合わせなんて!
毎回、素材のコンビネーションに対する発想の自由さに驚かされる。
なおかつ、それが無理なく自然に融合し、新しい美味しさを教えてくれる。

Kiwi110407

ヒカリのソース。
美味しいよねえ。
濃厚ソースはフライにかけるのに丁度良いほどの濃さで、この料理には中濃を使った。

Kiwi110408

玉葱やトマトは余熱で軽く火を入れるぐらいの感じで。

Kiwi110409

あとはぴっちりとラップをして放置。
馴染ませる。

Kiwi110410

はい、次行きましょう。

切干し大根を刻み、

Kiwi110411

豆腐をピュレ状に。

Kiwi110412

合わせて、白胡麻も入れて、

Kiwi110413

またもやラップをして放置。

豆腐の水分で切干し大根をもどす。
水をできるだけ使わずに料理をしようというアイデア。

またもや初な組み合わせ。
どうなるのかな?

Kiwi110414

玄米が炊けたので、ワインビネガーやレモンで調味。
刻んだ玉葱を混ぜ込む。
味が足りない気がしたら、頼るのはこだわりのポン酢。

Kiwi110415

もどしたひじきを入れたところで、冷やす。

Kiwi110416

さらに次。
小麦粉と上新粉を合わせ、

Kiwi110417

卵と水で卵水。

Kiwi110418

で、生地を作る。

Kiwi110419

スヌ子先生のおば様が愛媛から送ってくれたという、天日干しの松前(まさき)ちりめん。

Kiwi110420

細かいちりめんはそのままでもつまみになる(このフレーズ、多いなあ。そもそも、このクラスでは、皆が常に酒のあてというか、つまみというか…について考えている)。

Kiwi110421

そんなちりめんをたっぷりと贅沢に入れる。
ドライのバジルも。
こういう時、スヌ子先生のハーブ選びはハズレがなく、いつも「確かにこれが最適すね」というのを提案してくれる。
ちりめんにバジル?と思っても、その選択は正しいのだ。

Kiwi110422

ちりめんを生地でつないだようなちりめん度。

Kiwi110423

さすがにちりめんが多かったらしく、もったりと、ちょっと厚めのお焼き。

Kiwi110424

いい焼き色。

Kiwi110425

パスタ行きましょう。

Kiwi110426

トマトホール缶とトマトジュース。

沸いたところでパスタを投入。

Kiwi110427

濃縮還元じゃない、本物のトマト果汁は色が薄いが風味は濃い。
名前には脱力させられるが…。

Kiwi110428

さあ、いよいよ仕上げていきましょう。

冷えた玄米と生のえのき、大量の香菜を混ぜる。

Kiwi110429

香菜が多いのは、参加者が揃って無類のハーブ好きだから。

Kiwi110430

こちらも良い具合に馴染んでる。

Kiwi110431

空腹が止まらない。
盛り付けの時には、皆一丸となって手早い。

Kiwi110432

おまけレシピその1はゆで卵のピクルス。
隠し味は柚子胡椒。

Kiwi110438

白身がしまって、キュっとしている。

Kiwi110436

おまけレシピその2は焼き味噌チーズ。
チーズはプロセスチーズがベターだとか。

Kiwi110437

早く食べたいのです。

Kiwi110439

パスタも別鍋を使わず、水分の多いトマトソース、というかトマトスープで一緒に茹でる。

Kiwi110435

パプリカは焼けたけれど、もうこれを剥いたり味付けたりしているほどの余裕がない空腹っぷり。
とにかく、もう食べ始めたい!ということで意見の一致をみる。

Kiwi110433

カヴァをちょっと春らしくいただこう。

Kiwi110434

桜の香るピンク色の蜜で。

Kiwi110444

いただきます!

Kiwi110440

パスタ以外は、花見弁当にもなりそうな日持ちのする、時間がたっても美味しい料理ばかり。

Kiwi110441

玄米の解毒サラダは、玄米だから、ご飯がモロモロせず、歯ごたえがキープされている。

普段、ゆで卵に興味がないのだけど、ピクルスならさっぱりして、白身もプリっとして美味しい。

焼き味噌は鰹節の出汁効果で凝った味わいに。
確かにこれは、コクはありつつ風味の薄いプロセスチーズが合う。

ちりめんバジルお焼き、バジルはほんのりと、やはりちりめんがみっちり。。

Kiwi110442

これ、なんだか複雑な味になっている。
ジン効果か?

Kiwi110443

スパゲッティはやわらかく、ほっこり。

Kiwi110445

赤ワイン、ドメーヌ・ド・ラ・ガランスの風。
漢字で驚くが、ラングドックのピノ・ノワール。

Kiwi110446

豆腐&切干し大根には、オリーブオイルと塩をふって、ワインに合うように。
これ、豆腐の甘さが強調されたようで、美味しいなあ。
合わせるお酒によって、かける調味料を変えて楽しみたい。

Kiwi110447

呑み助クラスなものですから。
追加で、シチリアの赤。
クソラ。

スヌ子先生ごめんなさい!
この分の料金を払うの忘れました。
次回にお支払いいたします。

Kiwi110448

デザートもスヌ子先生の手作り。
せとかとディタのゼリー。

お腹も肝臓も満たされ、でも、やっぱりアレが気になる

Kiwi110449

と、ペペローニの皮を剥き、

Kiwi110450

ペペロナータに。
手づかみで味見。

これはイタリアの色々な地域で作られている料理。
スヌ子先生はオリーブオイルと塩だけで味付けするのが好みだとか。
私はワインビネガーやレモン、バルサミコを入れるのが好き。
ポン酢でも美味しそうだ。
どちらにせよ、ペペローニをがっつりと焦がすのがポイント。

それにしてもこの教室。
参加者がみんな面白い。
スヌ子先生のブログで興味を持った人ばかりだからか、実食という名の飲み会が猛烈に楽しい。
みんながそれぞれに情報通で、しかも方向が似ている。
けっこう個性の強い面子をまとめて盛り上げる力が、スヌ子先生にはあるのだ。
月一のこの教室を、どれだけ待ち望んでいることか。

2011年4月 3日 (日)

トスカネリア 満席

自分の好きな店がどういう状況なのか、気になる今日この頃。
で、恵比寿のトスカネリア。
満席でよかった。

Toscaneria110301

お通しは、レンズ豆とサツマイモ(だったような?)のポタージュ。

Toscaneria110302

ランプレドットと京都産九条ネギの白ワイン煮込み。
ネギが入ると和な印象になるものだな。
滋味。

Toscaneria110303

スプマンテの後、赤ワインをボトルで。
ウチェッリエーラ 2007、ロッソ・ディ・モンタルチーノ。

Toscaneria110304

石川産ムール貝と浜名湖産あさりの黒胡椒風味スパゲッティ。

Toscaneria110305

この時期は半額になっていたアンガス牛のビステッカ。

コントルノはルーコラとパルミジャーノのサラダ。

Toscaneria110306

牛肉は赤身派。
これならワシワシいける。

Toscaneria110307

あっさりな食事だったので、ドルチェをいただく余裕あり。
濃厚チョコレートフラン、ピスタチオのジェラート添え。

Toscaneria110308

ご一緒した方はパンナコッタ。

早い時間に始めたおかげで、他に流れることができる。
前から気になっていたBAR MARTHAへ。
すごく好きな箱。
アムステルダムっぽい空間とか言ってみる。
スピーカーが素晴らしい。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ