« 立石飲み | トップページ | 2011年初夏 イタリア旅行 »

2011年4月22日 (金)

ツレヅレハナコのトルコ料理レッスン

この人のトルコ旅行記や、家での現地の味再現っぷりを見て、涎をダラダラたらしていた人も多いだろう。
もちろん、わたくしも。
というわけで飛びついたのが、ツレヅレハナコのトルコ料理レッスン@kiwi

Hanako110401

イスラム圏っぽい設えで、あがる。

トルコのお菓子と、トルコの紅茶をいただきながら、本日の流れの説明。

Hanako110402

黄色いのが胡桃あん入りのバクラバ、グリーンのがピスタチオのお菓子、フストゥクサルマ。

どちらもバター満載なうえ、シロップでひたひた。
あまーい!が、スパイシーでもあり、クセになる。

Hanako110453

中野の専門店だとか。
専門店って・・・需要あるんですね。

パッケージも、いかにもあちら。

Hanako110403

気分を盛り上げる小道具、その1。
ドライオクラだそうな。
オクラとは思えない小ささ。長くない。

Hanako110404

その2、茄子。皮だけ。
トルコでは詰め物に使うそう。

Hanako110405

見慣れない食材が並んでる。

Hanako110406

まずは、羊の挽肉から。

Hanako110407

挽肉と玉葱、そして、大量のクミンとミント。
ちょっと多目かな?と思ったところから、さらに倍、くらいの気持ちで。

Hanako110408

ナツメグ、塩、胡椒、生米も入れて、混ぜるべし。

Hanako110409

けっこうよく捏ねる。

Hanako110410

ピーマンのヘタを取り、詰める。

Hanako110411

さあ、みんなでやってみよう!

Hanako110412

蓋は半分に切ったプチトマト。

Hanako110413

トルコのトマトペースト登場。
でっかい缶に入って売られているのだそう。
トルコ家庭における醤油的な調味料。
そのまま舐めても美味しい。
これでお酒飲めるねと。

Hanako110414

トルコ料理って、オリーブオイルばかり使うのかと思っていたが、けっこうバターを使うのですな。

Hanako110415

羊詰めピーマンは縦にみっしりと並べること。

Hanako110416

かわいい。

Hanako110417

で、肩まで浸からせる。

Hanako110418

火にかけて、放置。

次行きましょう。

Hanako110419

トルコのレンズ豆の皮を剥いたもの。
ひくくらいオレンジ。
舌が染まりそうだが、そんなことにはならない自然の色だと言う。

Hanako110420

野菜を刻み入れ、

Hanako110421

ペーストも入れて、

Hanako110422

豆がやわらかくなるまで煮込む。
時間はそんなにかからない。

Hanako110423

あ!ハナコさんのブログに出ていた、トルコのお袋スープ。
タルハナチョルバス。

Hanako110424

トルコでは、きゅうりの皮を剥くらしい。

Hanako110425

全ての野菜を同じ大きさに切ること。

Hanako110426

レモン、そしてオリーブオイル。

Hanako110427

さらに、スマックというスパイス。
初対面なスパイスなのだが、なんだか"ゆかり"みたいな風味。

Hanako110428

ディルもたっぷり。

Hanako110429

そのうちに、ピーマンは美味しく煮えておる。

Hanako110430

レンズ豆も。

Hanako110431

ブレンダーで粉砕。

Hanako110432

スープに欠かせないのが、ミントバターなのだとか。

大量のバターを溶かし、ミントをざばっと投入。

Hanako110433

よく香りを出す。

もう、この香りだけでパンをわしわし食べられる。

Hanako110434

スープに混ぜると、なぜか黒い。

Hanako110435

トルコの白チーズ。
出しやすいよう工夫がある容器入り。

ギリシャのフェタチーズのようだが、オイル漬けでなく、乳清に入っている。
けっこう塩が強い。

Hanako110436

チーズは手でポロポロとほぐせる。
パセリのみじん切りを混ぜ、春巻きの皮で細く巻く。
細くというのがポイント。

現地では春巻きの皮ではなく、ユフカという薄い小麦粉生地で巻くそうな。

Hanako110437

高温の油で、カリっと揚げる。

Hanako110438

油の温度が低いと、中身が出てきますので。

Hanako110439

さあ、食べましょう。
いい香りを浴びまくってきたので、空腹が増長されている。

Hanako110440

ワインもトルコの。

カッパドキアのTurasan、白 2009。
しっかりとコクがあり、確かにトルコ料理によく合う。

Hanako110441

この日もメンバーが濃くて、盛り上がった。
笑ったなあ。

Hanako110442

レンズ豆のスープ。
レモンを絞っていただくこと。

確かに、ミントバターが不可欠。
どこかぼんやり感もあるレンズ豆が、奥深く、締まってる。

Hanako110443

白チーズも追加した羊飼いのサラダ。

味が馴染んでいるし、同じ大きさに切り揃えられていると、確かに食べやすい。
スマック単体ではゆかり風味なのに、このサラダはしっかりトルコだ。

Hanako110444

メインは、ピーマンのドルマ。
水切りしたヨーグルトに、にんにくの摩りおろしを少しだけ加えたヨーグルトソースをかけて。

Hanako110445

米が膨らんで、みっちり。
やっぱり羊は深く捻りのある味になる。旨い。
ヨーグルトソースも欠かせないな。

Hanako110446

白チーズの春巻き。

Hanako110447

チーズのクセと塩加減で、酒が進むことといったら。

Hanako110448

Turasanの赤 2006。
開けてから、ちゃんと置いたほうがよい。

Hanako110449

こちらは、参加者のお1人が持ってきてくださった、みんなを感動させたワイン。

Hanako110450

ネクターを少し白くしたような白濁ピンクの液体。

山梨、四恩醸造のローズ。
これは新しい味。
ぜひとも買いたいし、他の種類も味わいたいし、このワイナリーを訪ねたい。

Hanako110451

貪欲さが止まらない参加者のために、スヌ子さんの即席おつまみが登場。
ミントバターで作ったトマト卵炒め。
美味しいにきまってるじゃないか。

Hanako110452

これは料理教室ですよね?

トルコのアニス酒、ラク。

アニス酒の中では、一番好き。
炭酸水で割っているのもあり、やわらかい口当たりで、くいっといける。

ハナコ先生のおかげさまで、トルコ家庭料理の美味しさがよーくわかりました。
今なら、トルコ料理が世界3大料理の1つであることに、全面的に賛成する。
別メニューでも、第2回をお願いします。

« 立石飲み | トップページ | 2011年初夏 イタリア旅行 »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ