« the apartment | トップページ | 立石飲み »

2011年4月11日 (月)

スヌ子家飲み

お誘いをいただき、スヌ子さんハウスへ。
まさにご一緒したいと思っておりました。

Snuhouse110401

途中で、飲みたいワインも見つけた。
J. Claude Rateauのブルゴーニュ 2006。
華やかでいて軽い。でも物足りなくはない充実した味。

Snuhouse110402

待望のスヌさんつまみ。

ホタルイカ、玉葱、オリーブ、ケッパー、ディル、青胡椒のサラダ仕立て。
さすがのコンビネーション。

チーズや生ハム、バゲットをいただきながら。

Snuhouse110403

他の参加者もお料理上手ゆえ、持ち寄り品も美味。
豚肉の煮込み。
こういうのをさっと持って来られるって、素敵だ。

Snuhouse110404

スヌ子さんが即席で作った鶏とジャガイモの炒め煮(?)。
ジャガイモ好きとしては、たまらない。

Snuhouse110405

アルザスなのに、魚拓!?
ドメーヌ・ミットナットのキュヴェ・ギョタク。
これ、甘い香りで深みがあるが、ベッタリしているわけではなく、舌に感じる甘さは強くない。
調べたところ、寿司に合うワインをと、リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリ、ピノ・ブランの5種類をブレンドしているとか。
納得。

Snuhouse110406

そろそろ麺の時間ですね。
というわけで出てきたのが、舞い踊りたくなるような芳香のパスタ。

Snuhouse110409

友達の置き土産、セターロのリングイネと、トリュフソース。
セターロのパスタは本当に美味しいよなあ。
旅立った先に向かって(のつもりで)御礼を言いつついただく。

Snuhouse110407

この間、料理教室で習った焼き味噌を豆乳で溶いて、小さな豆腐を浮かべたスープ。
旨いわあ。
じんわりと。

Snuhouse110408

時間の許す限り飲みましょうと、シチリア、フィッリアートのキアラモンテ 2008。
重さが、アルコールの回った身に最適。

Snuhouse110410

島根(でしたっけ?)から届いたという昆布。
炙ってつまみに。
塩が効いていて、日本酒が飲みたくなる。

残念ながら、日本酒を飲んでいる時間はなく、電車に乗るべく、いそいそと立ち去る。

ごちそうさまでした!!
こういうお誘い、いつでも大歓迎でございます。

« the apartment | トップページ | 立石飲み »

ホームでパーティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ