« Antica Focacceria San Francesco | トップページ | 新小岩酒場巡り »

2011年5月24日 (火)

da Carlo il Salmiere

Mosaico110401

カテドラーレ。

Mosaico110402

彫刻もどこか南国風味。

Mosaico110403

Mosaico110404

晴れていると、やはり気持ちが良い。

Mosaico110405

こういうモチーフは他のイタリアでは見かけないような。

Mosaico110406

おやじ溜りがそこらじゅうに出来ている。

シチリアでは、女性の井戸端会議を見かけなかった。
集って話しているのはおじさん、またはおじいさんばかり。
朝から晩まで、ずっと溜まっている。

Mosaico110407

Mosaico110408

パラティーナ礼拝堂。

Mosaico110409

これが、全部モザイク。
気が遠くなる細かい作業だ。

Mosaico110410

サン・ジョヴァンニ・デッリ・エレミティ教会はキオストロ付きの素敵な庭があるが、入場料6ユーロは高すぎるだろう。

Mosaico110411

お昼ごはんを食べる店を求めて、再度バラッローの市場へ。

Mosaico110412

晴れているし、品数も豊富で、客の出も昨日とは段違いに多い。

高品質で、混んでいた魚屋。

Mosaico110413

残念ながら、食べる店がなかなか見つからないし、写真付きのメニューの観光客向けっぽい軽食堂には入りたくない。

Mosaico110414

市場のわき道にあり、ターヴォラ・カルダとして手書きメニューを出していた店。
店員に呼び込みをされて、逆にひき、入るつもりはなかったが、「とにかく、中に入って見てみてくれ」というので、見るだけと思い、入店。

と、そこは小さなサルメリアなのだが、明らかに質にこだわった良いサラミ類やチーズを扱っている。
しかも、その店主のこだわりが尋常でなく、作り置き惣菜の説明も、いちいち細かく、美味しそう。

これは、食べてみる価値があるだろうと、簡易テラスの席に座る。

Mosaico110415

グラスの白ワインを頼んだら、ALQAMAHが登場。
大きなワイングラスにたっぷりと注いでくれた。

Mosaico110416

前菜の盛り合わせ。
かなりのボリューム。
どれも素材は近郊のものを中心としたシチリア産。

手前はメランザーネ・アッラ・パルミッジャーナ。
色々なところで食べられるメニューだが、これだけ美味しいものはそうそうない。

Mosaico110417

メランザーネ・ア・ピッキ・パッキ。

茄子は粉をふって揚げたと言っていたが、本当に軽くしか揚げていないのか、ドライナスのような歯ごたえがある。
パルミッジャーナのとろけるようなやわらかさとは全く異なる食感。
そこにミント、トマト、チーズ。

Mosaico110418

トマトのリピエーノ。
米、麦、黒オリーブ、チーズ。

Mosaico110419

生オレンジのスライスの上に茄子、レーズンとドライクランベリー、オレンジピール(?)、スペック的なサラミ類、パセリ、チーズ、パン粉を混ぜたものを重ねた料理。
この、フルーツの甘さとスペックのような肉の塩気の組み合わせは、いかにもシチリア。

他に茹でたジャガイモをトマトソースとローズマリーで和えたもの。

全てが、たっぷりと使われたシチリアの香り高く芳醇なオリーブオイル、ペコリーノやリコッタ・サラータといった独特なクセとコクのあるチーズ、濃縮したような濃いトマトソースで、素晴らしく美味しい。
フレッシュなオレンジやトマトの鮮烈さがアクセントになり、滋味とのバランスが巧み。
シチリアが食材に恵まれた土地であると実感させてくれる料理だ。

Mosaico110420

ここのシチリアパンは、今回のシチリア旅行中で最も美味しかったパン。
バラッローの市場で仕入れるのだという。

近所で働いている様子の、仕立ての良いスーツを着た人たちがやってきて、このパンにプロシュートやらチーズやらを挟んでもらった好みのパニーノを買って、ランチにしていた。
ここのこだわりの食材と、このパンとなら、相当に美味しいに違いない。

Mosaico110421

パスタは1種類のみ。
この日はパスタのティンバッロ。
見るからに丁寧な作り。味も秀逸。
なすで覆われている。

美味しいのだが、さすがに量が多い。

2人分で35.00ユーロ。

あまりに感動して、チーズを購入しようと、前の客が終わるのを待つ。
近所で働いている女医さんだそうで、同僚たちから薦められて来たのだと。
店主のこだわりトークがあり、色々と味見もさせてくれるので、長くなる。
味見したパレルモ産のモッツァレラも美味しかった。
やっと番が回ってきて、長期塾生されたペコリーノ・シチリアーノを購入。
もちろん、それがいかに良い品か、他のとどう違うか、どのように食べるべきかを丁寧に説明してくれる。

da Carlo il Salmiere。
パレルモに来ることがあったら、ここには必ず寄る。

Mosaico110422

満腹の腹のまま、バスに乗って、モンレアーレへ。

Mosaico110423

モザイクの洪水。

Mosaico110424

Mosaico110425

美術館も、見ごたえがあった。

Mosaico110426

Mosaico110427

いかにもイタリアの郊外の小さな町。

Mosaico110428

この電飾の飾りを見ると、そう思う。

Mosaico110429

パレルモ中心地に戻ってくると、デモをやっていた。

« Antica Focacceria San Francesco | トップページ | 新小岩酒場巡り »

2011年4月末 ローマ・タオルミーナ・アグリジェント・パレルモ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ