« da Carlo il Salmiere | トップページ | Cucina Papoff »

2011年5月26日 (木)

新小岩酒場巡り

ツレハナさん主催の羊を丸ごと食べる会の時、関東東組が出来た。
西側に住む友達が多く、東に来てくれる人がなかなかいないと嘆いていたら、その場に集った人の中に東在住の人がたくさんいたのだ。
その会で忘れ物をしたのだが、偶然にも、同じように同じようなものを忘れた人がいて、しかも東側在住。
そのうえ、かなりな酒場道マスター。
ということで、その人を隊長とし、忘れ物を受け取りつつ、新小岩の酒場を巡る会を開催することに。
もう1ヶ月くらい前の、旅行前のことだ。
忘れ物を預かってくれていた方は、思いっきり西側在住にも関わらず、面白がって来てくれましたとさ。
ありがとうございます!
同行メンバーには、もちろん、ツレハナさんも。

Shinkoiwa110401

まずは、わか。

キャッシュ・オン・デリバリー方式の立ち飲み。

Shinkoiwa110402

焼酎が、確かどれも500円。
銘柄豊富で、気になるものがたくさん。
おすすめを聞きつつ、鯨の絵のものを。

ここは魚が旨かった。
他のメニューもハズレなし。

隊長の日々のパトロールのおかげで、おまけをいただいたり。
集っているおじちゃんたちとツーカーな隊長に混じって、擬似常連体験してみたり。

盛り上がったところで、次行きましょう。

Shinkoiwa110403

しげきん。
元割烹だという。

立ち飲みと座敷とあり。
座敷にどっしりと腰を落ち着け、食べる気満々。

何しろ、字体からひらがなと漢字の使い分けから、魅力的なお品書き。
それにしても、全品320円は、凄まじいコストパフォーマンスの良さ。

Shinkoiwa110404

お通しからして、一工夫あり。
イカの酒盗和え。

Shinkoiwa110405

しめサバ。
具合がいい。

Shinkoiwa110406

独活の酢味噌和えと、奥は自家製コロッケ。

コロッケはジャガイモ中心なのが、好み。

Shinkoiwa110407

白身魚のフライとポテトフライのイギリス風。

イギリス風って?と思ったら、フィッシュ&チップスのこと。

Shinkoiwa110408

里芋の揚出し。

出汁に浸っていてもカリッカリな里芋。
もちろん中はほっこり。

こういうの、好きだなあ。

Shinkoiwa110409

マーボー豆腐和風。

Shinkoiwa110410

こんにゃく土佐揚げ。

土佐煮じゃなくて、揚げ??と思って頼んだら、土佐煮にした白こんにゃくを揚げてある。
これが絶品。
ちゃんと練られているのだ。
白こんにゃくだから、味がよく染みているし、薄切りにしてあるので、揚げた衣のサクサク感とこんにゃくの歯ごたえのバランスが良い。
上から鰹節、しかも幅広の、というのが、追い鰹的に旨味を増している。
さすがだ。

Shinkoiwa110411

えーと、コレ、何だっけ?
ツレハナさんのを見ると、オニオンスライスらしい。

Shinkoiwa110412

ハムカツ。
揚げ具合が完璧。

Shinkoiwa110413

またもや隊長の常連パワーでおまけの品をいただきました。
何かイカ的な旨味のある揚げスナック。
これまた妙に旨い。

いやはや、何を食べても、ちゃんと細部まで気を配って作られているのがわかる美味しさ。
大盛り上がりで、「この店の全メニューを制覇する会を催さなくては!」と。
それは近日決行される。

« da Carlo il Salmiere | トップページ | Cucina Papoff »

東京:他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ